電話番号

ジョセイ

ジョセイ1
  • ジョセイ1
  • ジョセイ2
  • ジョセイ3
  • ジョセイ4
  • 避妊薬
  • アフターピル

0件の口コミ

商品名 ジョセイ
成分

ウリプリスタル酢酸エステル

効果 妊娠の予防
副作用 頭痛、吐き気、めまいなど
飲み方 性行為後120時間以内に1錠を服用する。
製造元 Biofarma

ジョセイ 30mg1錠

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
30mg1錠 × 1箱 6,600(6,600円/箱 5,260(5,260円/箱 157pt
30mg1錠 × 2箱 13,200(6,600円/箱 9,760(4,880円/箱 292pt
30mg1錠 × 3箱 19,800(6,600円/箱 12,560(4,187円/箱 376pt

店長のオススメポイント

  • 精子を通りにくくする
  • 妊娠の防止に効果的
  • 1万円以上で送料無料
  • プライバシー守る安心梱包
  • 100%メーカー正規品取り扱い
  • いつでも購入可能 処方箋不要
  • 商品到着100%
  • コンビニ決済利用可能

おすすめの類似商品

アイピル ポスティノール モーニングピル
商品名

アイピル

ポスティノール

モーニングピル

価格

1360

2860

2860

メーカー

Cipla

Gedeon Richter

Rainbow Human Care Pvt Ltd

商品詳細

ジョセイについて

ジョセイは、トルコのBiofarmaが製造・開発した緊急避妊薬です。
黄体ホルモンの一種、ウリプリスタル酢酸エステルが有効成分として含まれており、子宮頸管の粘液を増加させて精子を通りにくくするなどの効果を発揮します。
他のアフターピルよりも高い避妊効果があり、妊娠の防止に効果的です。
ただし、十分な効果を得るためには性行為後120時間以内に服用することが必要なため、注意してください。

ジョセイの効果

ウリプリスタル酢酸エステルは黄体ホルモンの一種で、3つの働きを持っています。
それが「排卵を抑制する働き」と「子宮内膜の増殖を抑える働き」、「子宮頸管の粘液を増加させる働き」です。
これらの働きにより、精子を通りにくくして受精を抑制することで、妊娠を防止します。
なお、上記の避妊効果は他のアフターピルよりも高く、高確率で妊娠を防止できます。

用法用量

ジョセイの服用・使用方法

服用・使用量について

性行為後120時間以内に1錠を服用してください。
避妊失敗からエラの服用までの時間が短いほど、高い避妊効果を発揮します。

服用・使用のタイミングについて

性行為後120時間以内に服用してください。

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

アルコールの影響はありません。

ジョセイの服用・使用時の注意点

これらに該当する方はジョセイを服用・使用できない、または慎重に服用・使用する必要があります。

ジョセイを服用できない方

  • ・ジョセイの成分に対して過敏症の既往歴がある人
  • ・妊娠またはその可能性のある女性

併用禁忌

併用禁忌

ありません。

併用注意

CYP3A4誘導剤 サンテゾーン、デキサメタゾン、アフタゾロン、デキサメタゾン、デカドロン、レナデックス、オイラゾン、オルガドロン、テイカゾン、デキサート、D・E・X、ビジュアリン、リメタゾン、メサデルム、デキサメタゾンプロピオン酸エステル、ボアラ、エリザス、イメンド、アプレピタント、プロイメンド、ホスアプレピタント、リフキシマ、ノーモサング、トラクリア、ボセンタン、リファジン、リファンピシン、リファンピシン、ストックリン、インテレンス、ゼルボラフ、タフィンラー、アーリーダ、ホストイン、テグレトール、カルバマゼピン、モディオダール、メサペイン、ジャドニュ、デフェラシロクス、ミコブティン、アメナリーフ、ローブレナ、タルグレチン、フェノバルビタール、フェノバール、ルピアール、ワコビタール、ノーベルバール、アレビアチン、ヒダントール、イソミタール、トランコロン
ウリプリスタール酢酸塩の血漿中濃度が低下し、有効性が低下する可能性がある。
ホルモン避妊薬 プレフェミン
ホルモン避妊薬とプロゲストゲン単独避妊薬の避妊作用が低下する可能性がある。
CYP3A4阻害剤 エンペシド、クロトリマゾール、カイロック、タガメット、シメチジン、ラベキュア、ボノサップ、イメンド、アプレピタント、プロイメンド、ホスアプレピタント、ダフクリア、テネリア、オラデオ、ジフルカン、フルコナゾール、プロジフ、ルリコン、ルリコナゾール、ルコナック、パーロデル、ブロモクリプチン、プロセキソール、ジョサマイシン、ジョサマイ、クラリシッド、クラリス、クラリスロマイシン、イトリゾール、イトラコナゾール、ノクサフィル、レクシヴァ、レイアタッツ、プリジスタ、ラパリムス、カソデックス、ビカルタミド、アリミデックス、アナストロゾール、パピロック、サンディミュン、ネオーラル、シクロスポリン、ディアコミット、ノウリアスト、デプロメール、ルボックス、フルボキサミンマレイン酸塩、エクリラ、ホメピゾール、カログラ、オラビ、フロリード、ブリリンタ、タバリス、ネイリン、エリスロマイシン、エリスロシン、エリスロシン、ノフロ、ノルフロキサシン、バクシダール、バクシダール、ブイフェンド、ボリコナゾール、ノービア、パキロビッド、カレトラ、プレバイミス、ザーコリ、ロズリートレク、ジェセリ、リットフーロ、クレセンバ、ゾコーバ
薬剤使用後の血中濃度と体内の薬物吸収量がそれぞれ最大2倍および5.9倍増加する可能性がある。
プロトンポンプ阻害剤 エソメプラゾール、ネキシウム、
薬剤使用後の血中濃度が約65%低下し、体内への吸収時間が遅延する可能性がある。
ABCB1阻害薬 ラベキュア、ボノサップ、グーフィス、リフキシマ、ダフクリア、カナグル、ブリリンタ、タバリス、トルバプタン、サムスカ、アーチスト、カルベジロール、ワソラン、ベラパミル塩酸塩、エリスロマイシン、ベタニス、クラリシッド、クラリス、クラリスロマイシン、アジマイシン、ジスロマック、アジスロマイシン、イトリゾール、イトラコナゾール、インテレンス、エプクルーサ、マヴィレット、ゼルボラフ、ザーコリ、カプレルサ、パピロック、サンディミュン、ネオーラル、シクロスポリン、ノウリアスト、ベルソムラ、クレセンバ、ゾコーバ、カナリア
P-糖タンパク質(P-gp)の効果を弱める恐れがある。

ジョセイの副作用

重篤な副作用

ありません

その他の副作用

感染症と蔓延 インフルエンザ
代謝と栄養障害 食欲不振
精神障害 情緒障害、不安、不眠症、多動性障害、性欲の変化、見当識障害
神経系障害 頭痛、めまい、傾眠、片頭痛、身震い、注意力の乱れ、味覚障害、失神
目の病気 視覚障害、目の異常な感覚、眼充血、羞明
耳と迷路の障害 吐き気、腹部不快感、嘔吐、下痢、口渇、消化不良、鼓腸
皮膚および皮下組織の疾患 ニキビ、皮膚病変、そう痒症、蕁麻疹
筋骨格疾患および結合組織疾患 筋肉痛、背中の痛み
生殖器系と乳房の疾患 月経困難症、骨盤の痛み、乳房の圧痛、過多月経、膣分泌物、月経異常、メトロラギア膣炎、ホットフラッシュ、月経前症候群、性器そう痒症、性交疼痛症、破裂した卵巣嚢腫、外陰膣痛、過少月経
一般的な疾患と投与部位の状態 倦怠感、寒気、沈滞、発熱、渇き

ジョセイの保管方法

・直射日光を避けて、湿気の少ない場所で保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

 

ジョセイの口コミ

0件の口コミ

星5
 
0%
星4
 
0%
星3
 
0%
星2
 
0%
星1
 
0%

評価の高い口コミ

  • 件のいいね

良い評価の口コミが投稿されていません。

評価の低い口コミ

  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

投稿フォーム

商品口コミの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。

電話注文