電話番号

トーズヒール

トーズヒール1
  • トーズヒール1
  • トーズヒール2
  • トーズヒール3
  • トーズヒール4
  • 美容スキンケア
  • むくみ改善・利尿薬

★ ★ ★ ★ ★ 4件の口コミ

商品名 トーズヒール
成分

トラセミド

効果 むくみ改善
副作用 動悸、倦怠感、筋痙攣など
飲み方 1日1回、1回につき4~8mgを水やぬるま湯で服用する。
製造元 Healing Pharma

トーズヒール 5mg200錠

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
5mg200錠 × 1箱 7,700(7,700円/箱 5,860(5,860円/箱 175pt

トーズヒール 10mg200錠

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
10mg200錠 × 1箱 7,900(7,900円/箱 6,060(6,060円/箱 181pt

店長のオススメポイント

  • 効果が認められているルプラックと同成分
  • 脂質代謝や耐糖能への影響の心配も少ない
  • 1万円以上で送料無料
  • プライバシー守る安心梱包
  • 100%メーカー正規品取り扱い
  • いつでも購入可能 処方箋不要
  • 商品到着100%
  • コンビニ決済利用可能

おすすめの類似商品

ムクミトール ルプラック・ジェネリック ハイレス
商品名

ムクミトール

ルプラック・ジェネリック

ハイレス

価格

2160

2260

5860

メーカー

Asle pharmacenticals

Intas Pharmaeutical

Berlin

商品詳細

トーズヒールについて

トーズヒールは、むくみの症状改善に効果的な利尿薬です。
ループ利尿薬としての働きがあり、心臓病や腎臓病、肝臓病などの症状によるむくみの解消に効果的です。
有効成分にトラセミドという成分が配合されており、腎臓で行われている水分と塩分の再吸収を阻害して尿量を増やし、余分な水分と塩分を体外へ排出します。
これによってむくみを解消し、血圧の低下や心臓への負担解消などの効果を発揮します。
同類薬の中ではカリウムの排泄が少ないため、低カリウム血症の副作用が出にくく、安心してお使いいただけます。

トーズヒールの効果

有効成分のトラセミドは、ループ利尿薬の作用をもつ成分です。
腎臓に作用して尿細管の1つであるヘンレ係蹄の上行脚における電解質の再吸収を抑制します。
これにより、塩分と水分の再吸収を抑えて尿量を増やし、体内に溜まった余分な水分や塩分を尿として体外へ排出します。
このような仕組みによってむくみを解消して血圧を下げ、心臓の負担も和らげる効果を発揮します。

用法用量

トーズヒールの服用・使用方法

服用・使用量について

1日1回、1回あたり4~8mgを水やぬるま湯と一緒に服用してください。
なお、年齢や症状によって適宜増減します。

服用・使用のタイミングについて

服用するタイミングは特に定められていませんが、服用後、尿意があらわれます。
そのため、就寝前や外出時の服用はお控えください。

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

アルコールの影響はありません。

トーズヒールの服用・使用時の注意点

これらに該当する方はトーズヒールを服用・使用できない、または慎重に服用・使用する必要があります。

トーズヒールを服用できない方

  • ・無尿の方
  • ・肝性昏睡の症状がある方
  • ・体液中のナトリウム、カリウムが明らかに減少している方
  • ・デスモプレシン酢酸塩水和物を服用中の方
  • ・配合されている有効成分に対する過敏症の既往歴がある方

併用禁忌

併用禁忌

デスモプレシン酢酸塩水和物 デスモプレシン、ミニリンメルト
低ナトリウム血症の症状があらわれるおそれがあります。

併用注意

昇圧アミン エホチール、ネオシネジン、メトリジン、ミドドリン塩酸塩、ヱフェドリン
併用により、昇圧アミンの作用を減弱するおそれがあります。
ツボクラリンおよびその類似物質 ツボクラリン
併用により、麻痺作用を増強することがあります。
降圧剤 カプトリル、カプトプリル、レニベース、エナラプリルマレイン酸塩、ロンゲス、リシノプリル、コバシル、ペリンドプリル、ペリンドプリルエルブミン、チバセン、ベナゼプリル塩酸塩、オドリック、トランドラプリル、アデカット、エースコール、テモカプリル、テモカプリル塩酸塩、タナトリル、イミダプリル塩酸塩、セタプリル、アラセプリル、セロケン、ロプレソール、メトプロロール酒石酸塩、テノーミン、アテノロール、アルセノール、ベタキソロール、ケルロング、ベタキソロール塩酸塩、ビソノ、メインテート、ビソプロロールフマル酸塩、セレクトール、セリプロロール塩酸塩、ブレビブロック、オノアクト、コアベータ、ランジオロール塩酸塩、カルビスケン、ピンドロール、インデラル、プロプラノロール塩酸塩、ヘマンジオル、チモプトール、リズモン、チモロール、ソタコール、ソタロール塩酸塩、ナディック、ミケラン、カルテオロール塩酸塩、レボブノロール塩酸塩、アドビオール
併用により、降圧作用を増強するおそれがあります。
アミノグリコシド系抗生物質 ストレプトマイシン硫酸塩、硫酸ストレプトマイシン、トブラシン、トービイ、ゲンタマイシン、ゲンタマイシン硫酸塩、ゲンタシン、カナマイシン、カナマイシン硫酸塩、硫酸カナマイシン、ソフラチュール、デンターグル、アミカシン硫酸塩、アリケイス、パニマイシン、イセパマイシン硫酸塩、エクサシン、アルベカシン硫酸塩、ハベカシン、トロビシン、アメパロモ
アミノグリコシド系抗生物質の腎障害および第8脳神経障害を増強するおそれがあるため、併用を避けることが望ましいとされています。
セファロスポリン系抗生物質 ケフレックス、セファレキシン、ラリキシン、コアキシン、セファゾリンNa、セファゾリンナトリウム、セファメジン、オラスポア、オラセフ、ケフラール、セファクロル、セフォチアム、セフォチアム塩酸塩、パンスポリン、セフメタゾン、セフメタゾールNa、セフメタゾールナトリウム、メイセリン、クラフォラン、セフォタックス、セフタジジム、セフトリアキソンNa、セフトリアキソンナトリウム、ロセフィン、セフキソン、ベストロン、ベストコール、エポセリン、セフィキシム、セフスパン、バナン、セフポドキシムプロキセチル、セフジニル、セフゾン、セフジトレン ピボキシル、セフジトレンピボキシル、メイアクトMS、フロモックス、セフカペンピボキシル塩酸塩、トミロン、セフェピム塩酸塩、ファーストシン、フェトロージャ
尿細管でのナトリウムの再吸収の増加に伴い、セファロスポリン系抗生物質の再吸収も増加して、腎毒性を増強するおそれがあります。
ジギタリス剤 ジゴキシン、ジゴシン、ジギラノゲン、メチルジゴキシン、ラニラピッド
併用により、不整脈を起こすおそれがあります。
糖質副腎皮質ホルモン剤、ACTH、グリチルリチン製剤 メドロール、ソル・メドロール、デポ・メドロール、コートリル、ハイドロコートン、ヒドロコルチゾンリン酸エステルNa、ソル・コーテフ、ヒドロコルチゾンコハク酸エステルNa、ロコイド、パンデル、プレドニゾロン、プレドニン、プレドネマ、プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル、リドメックス、スピラゾン、キンダベート、クロベタゾン酪酸エステル、フルメトロン、フルオロメトロン、レダコート、マキュエイド、アフタッチ、トリアムシノロンアセトニド、ケナコルト−A、オルテクサー、ノギロン、アルメタ、アルクロメタゾンプロピオン酸エステル、サンテゾーン、デキサメタゾン、アフタゾロン、デカドロン、レナデックス、デキサメサゾン、オイラゾン、オルガドロン、テイカゾン、デキサート、D・E・X、ビジュアリン、リメタゾン、メサデルム、デキサメタゾンプロピオン酸エステル、ボアラ、エリザス、リンデロン、ベタメタゾン、サンベタゾン、ベタメタゾンリン酸エステルNa、リノロサール、ステロネマ、ベトネベート、ベタメタゾン吉草酸エステル、デルモゾール、ベタメタゾンジプロピオン酸エステル、アンテベート、サレックス、ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル、フルコート、フルオシノロンアセトニド、テクスメテン、ネリゾナ、ドレニゾン、トプシム、フルオシノニド、パルミコート、ブデソニド、コレチメント、ゼンタコート、レクタブル、ジフロラゾン酢酸エステル、ダイアコート、ビスダーム、アズマネックス、フルメタ、モメタゾンフランカルボン酸エステル、ナゾネックス、モメタゾン、ベクロメタゾン、ベクロメタゾンプロピオン酸エステル、キュバール、サルコート、フルナーゼ、フルチカゾン、フルチカゾンプロピオン酸エステル、フルタイド、アラミスト、フルチカゾンフランカルボン酸エステル、アニュイティ、マイザー、ジフルプレドナート、クロベタゾールプロピオン酸エステル、グリジール、コムクロ、デルモベート、コートン、オルベスコ、エクラー、コートロシン
ともにカリウム排泄作用を有するため、過剰なカリウム放出を起こすおそれがあります。
糖尿病用剤 フォシーガ、スーグラ、ジャディアンス、カナグル、アプルウェイ、デベルザ、ルセフィ、ジベトス、ジベトンS、グリコラン、メトグルコ、アクトス、グルコバイ、ベイスン、セイブル、ネシーナ、オングリザ、グラクティブ、ジャヌビア、テネリア、トラゼンタ、スイニー、エクア、マリゼブ、ザファテック、リベルサス、スターシス、ファスティック、グルファスト、シュアポスト、クロルプロバミド、ジメリン、デアメリンS、グリミクロン、オイグルコン、ダオニール、アマリール、カナリア、スージャヌ、トラディアンス、イニシンク、エクメット、メトアナ、メタクト、グルベス、リオベル、ソニアス
併用により、糖尿病用剤の作用を著しく減弱するおそれがあります。
リチウム リーマス、炭酸リーマス
併用することにより、リチウム中毒を起こすおそれがあります。
サリチル酸誘導体 アスピリン、バイアスピリン、サリチル酸Na、サリチル酸ナトリウム、エテンザミド、アザルフィジン、サラゾピリン、サラゾスルファピリジン、アサコール、ペンタサ、メサラジン、リアルダ、サリチル酸メチル
併用により、サリチル酸中毒が引き起こされるおそれがあります。
非ステロイド性消炎鎮痛剤 スルピリン、ジクトル、ナボール、ボルタレン、ジクロフェナクNa、ジクロフェナクナトリウム、ジクロード、セルタッチ、ナパゲルン、フェルビナク、ブロナック、ブロムフェナクNa、インテバン、インドメタシン、アコニップ、イドメシン、インサイド、インテナース、カトレップ、コリフメシン、ゼムパック、ハップスター、ラクティオン、インフリー、インダシン、ランツジール、ミリダシン、クリノリル、オステラック、ハイペン、エトドラク、ジルダザック、ベンダザック、ネバナック、バキソ、ピロキシカム、フェルデン、ロルカム、ロルノキシカム、モービック、メロキシカム、フルカム、ブルフェン、イブプロフェン、スタデルム、ベシカム、イブリーフ、ナイキサン、カピステン、ケトプロフェン、セクター、ミルタックス、モーラス、スルプロチン、スレンダム、トパルジック、フロベン、アドフィード、ゼポラス、フルルバン、ヤクバン、フルルビプロフェン、ロピオン、アルボ、ロキソニン、ロキソプロフェン、ロキソプロフェンNa、ロキソプロフェンナトリウム、プラノプロフェン、ニフラン、ソレトン、ペオン、ザルトプロフェン、ポンタール、コンベック、フエナゾール、オパイリン、セレコックス、セレコキシブ、レリフェン、アスピリン、バイアスピリン、サリチル酸Na、サリチル酸ナトリウム、エテンザミド、アザルフィジン、サラゾピリン、サラゾスルファピリジン、アサコール、ペンタサ、メサラジン、リアルダ、サリチル酸メチル、アズノール、アーズミン、AZ、アズレン、アズレイ、ソランタール、パラミヂン
併用により、トラセミドの利尿作用が減弱されるおそれがあります。
尿酸排泄促進剤 ベネシッド、ユリノーム、ベンズブロマロン
併用により、尿酸排泄促進剤の作用を減弱するおそれがあります。
カルバマゼピン テグレトール、カルバマゼピン
併用により、症候性低ナトリウム血症があらわれることがあります。

トーズヒールの副作用

重篤な副作用

肝機能障害、黄疸、血小板減少、低カリウム血症、高カリウム血症

その他の副作用

血液 血液障害
代謝異常 電解質失調、血清尿酸値上昇、高カリウム血症、血清脂質増加、高血糖症
消化器 口渇、食欲不振、下痢、腹痛、嘔気・嘔吐、胸やけ
肝臓 AST、ALTの上昇、γ-GTP、ALPの上昇
腎臓 BUN、クレアチニンの上昇、頻尿
精神神経系 頭痛、めまい、手足のしびれ、聴覚障害
過敏症 発疹、そう痒
その他 倦怠感、動悸、痛風様発作、関節痛、筋痙攣、CK上昇、LDH上昇、女性化乳房

トーズヒールの保管方法

・高温多湿の環境を避け、直射日光が当たらない場所で保管してください。
・誤飲や誤用を避けるため、小さなお子様の手の届かないところに保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

 

トーズヒールの口コミ

★ ★ ★ ★ ★ 4件の口コミ

星5
 
50%
星4
 
25%
星3
 
25%
星2
 
0%
星1
 
0%

評価の高い口コミ

  • 匿名さん
  • ★★★★★
  • 35件のいいね

副作用なく浮腫みだけをスッキリさせてくれます。効果が高いのに副作用が無いなんて素晴らしいですよね。

評価の低い口コミ

  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

  • ★★★★★

飲むと次の日にはスッキリします。浮腫みやすい体質なので重宝してます。

  • ★★★★

寝る前に1回飲むだけでホントスッキリします!おススメです!

  • ★★★★★

副作用なく浮腫みだけをスッキリさせてくれます。効果が高いのに副作用が無いなんて素晴らしいですよね。

  • ★★★

トイレに行く回数が増えます。効果がある証拠ですね。

投稿フォーム

商品口コミの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。

電話注文