電話番号

ブルフェン

ブルフェン1
  • ブルフェン1
  • ブルフェン2
  • ブルフェン3
  • ブルフェン4
  • 痛み止め
  • 肩こり・関節痛

★ ★ ★ ★ ★ 3件の口コミ

商品名 ブルフェン
成分

イブプロフェン

効果 腫れや痛みの緩和
副作用 頭痛、眠気、めまいなど
飲み方 1日量600mgを3回に分けて服用する。
製造元 Abbott

ブルフェン 400mg20錠

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
400mg20錠 × 1箱 5,700(5,700円/箱 4,560(4,560円/箱 136pt
400mg20錠 × 2箱 11,400(5,700円/箱 8,260(4,130円/箱 247pt

店長のオススメポイント

  • 腫れや痛みを緩和
  • 副作用が比較的少ない
  • 1万円以上で送料無料
  • プライバシー守る安心梱包
  • 100%メーカー正規品取り扱い
  • いつでも購入可能 処方箋不要
  • 商品到着100%
  • コンビニ決済利用可能

おすすめの類似商品

ボルタレン カウンターペインプラス ゾルミスト
商品名

ボルタレン

カウンターペインプラス

ゾルミスト

価格

3360

3960

2600

メーカー

Novartis

大正製薬

Cipla

商品詳細

ブルフェンについて

ブルフェンは、抗炎症作用を持つイブプロフェンが有効成分として含まれている解熱鎮痛消炎剤です。イブプロフェンが炎症の引き金となる物質プロスタグランジンの生成を担っている酵素「シクロオキシゲナーゼ」を阻害します。
これにより、炎症をしずめて腫れや痛みを緩和します。
また、解熱効果もあるため、発熱時に服用することで熱やのどの痛みの改善に効果的です。
副作用も比較的少ないため、安心して服用できます。

ブルフェンの効果

イブプロフェンはシクロオキシゲナーゼという合成酵素を阻害することで、抗炎症作用をあらわします。
シクロオキシゲナーゼは、プロスタグランジンと呼ばれる炎症や発熱の引き金となる物質の生成を担っています。そのため、シクロオキシゲナーゼの働きを阻害することで、炎症をしずめて、腫れや痛みを緩和します。
上記の抗炎症作用はアスピリンの9倍以上の強さがあるとされており、高い解熱鎮痛効果を発揮します。
また、解熱鎮痛剤に使用される成分の中では、比較的副作用の少ない成分です。

用法用量

ブルフェンの服用・使用方法

服用・使用量について

関節リウマチ、関節痛及び関節炎、神経痛及び神経炎、背腰痛、頸腕症候群、子宮付属器炎、月経困難症、紅斑の消炎・鎮痛

1日量600mgを3回に分けて服用してください。
なお、年齢や症状によって適宜増減します。
また、空腹時の服用を避けることをおすすめします。

急性上気道炎の消炎・鎮痛

1回量200mgを症状がひどい場合に服用してください。
年齢や症状に応じて適宜増減しますが、原則として1日2回までとし、1日最大600mgを限度となっています。
なお、空腹時には服用しないことをおすすめします。

服用・使用のタイミングについて

指定されていません。

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

アルコールの影響はありません。

ブルフェンの服用・使用時の注意点

これらに該当する方はブルフェンを服用・使用できない、または慎重に服用・使用する必要があります。

ブルフェンを服用できない方

  • ・ブルフェンの成分に対して過敏症の既往歴がある人
  • ・消化性潰瘍のある人
  • ・重篤な血液の異常のある人
  • ・重篤な肝障害のある人
  • ・重篤な腎障害のある人
  • ・重篤な心機能不全のある人
  • ・重篤な高血圧症のある人
  • ・アスピリン喘息またはその既往歴のある人
  • ・ジドブジンを服用中の人
  • ・妊娠後期の女性

併用禁忌

併用禁忌

ジドブジン レトロビル
血友病の人の出血傾向が増強したとの報告があります。

併用注意

クマリン系抗凝血剤 ワルファリンK、ワーファリン
クマリン系抗凝血剤(ワルファリン)の作用を増強するおそれがあります。
アスピリン製剤(抗血小板剤として投与している場合) アスピリン、バイアスピリン
アスピリンの血小板凝集抑制作用を減弱するとの報告があります。
抗凝血剤 ワルファリンK、ワーファリン、ヘパフラッシュ、ヘパリンNa、ヘパリンナトリウム、ヘパフィルド、ヘパリンCa、ヘパリンカルシウム、クレキサン、パルナパリンNa、ローヘパ、フラグミン、ダルテパリンNa、ノイアート、献血ノンスロン、アコアラン、オルガラン、ヒルドイド、ヘパリン類似物質、プラビックス、クロピドグレル、パナルジン、チクロピジン、チクロピジン塩酸塩、エフィエント、ロコルナール、トラピジル、ドメナン、オザグレルNa、カタクロット、オザグレルナトリウム、アスピリン、バイアスピリン、ペルサンチン、ジピリダモール、フローラン、エポプロステノール、ベンテイビス、ケアロード、ベラサス、ドルナー、プロサイリン、ベラプロストNa、ベラプロストナトリウム、トレプロスト、プレタール、シロスタゾール、ブリリンタ、ウプトラビ、カブリビ、シグマート、ニコランジル、オパルモン、リマプロストアルファデクス、アンプラーグ、サルポグレラート塩酸塩、エパデール、イコサペント酸エチル、アクチバシン、グルトパ、クリアクター、ウロナーゼ、スロンノン、ノバスタン、アルガトロバン、プラザキサ、イグザレルト、エリキュース、リクシアナ、アリクストラ、オンデキサ、デフィブラーゼ、エフオーワイ、ガベキサートメシル酸塩、ナファモスタットメシル酸塩、フサン、ナファモスタット、ロナスタット、リコモジュリン
消化管出血が増強されるおそれがあります。
抗血小板剤 プラビックス、クロピドグレル、パナルジン、チクロピジン、チクロピジン塩酸塩、エフィエント、ロコルナール、トラピジル、ドメナン、オザグレルNa、カタクロット、オザグレルナトリウム、アスピリン、バイアスピリン、ペルサンチン、ジピリダモール、フローラン、エポプロステノール、ベンテイビス、ケアロード、ベラサス、ドルナー、プロサイリン、ベラプロストNa、ベラプロストナトリウム、トレプロスト、プレタール、シロスタゾール、ブリリンタ、ウプトラビ、カブリビ、シグマート、ニコランジル、オパルモン、リマプロストアルファデクス、アンプラーグ、サルポグレラート塩酸塩、エパデール、イコサペント酸エチル
消化管出血が増強されるおそれがあります。
選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI) パキシル、パロキセチン、ジェイゾロフト、セルトラリン、デプロメール、フルボキサミンマレイン酸塩、ルボックス、エスシタロプラム、レクサプロ
消化管出血が増強されるおそれがあります。
リチウム製剤 リーマス、炭酸リチウム
リチウムの血中濃度が上昇し、リチウム中毒を起こしたとの報告があります。
チアジド系利尿薬 ヒドロクロロチアジド、フルイトラン、トリクロルメチアジド、ベハイド
上記の利尿薬の作用を減弱するとの報告があります。
ループ利尿薬 ラシックス、フロセミド、ルプラック、トラセミド、ダイアート、アゾセミド
上記の利尿薬の作用を減弱するとの報告があります。
ACE阻害剤 カプトリル、カプトプリル、レニベース、エナラプリルマレイン酸塩、ロンゲス、リシノプリル、コバシル、ペリンドプリル、ペリンドプリルエルブミン、チバセン、ベナゼプリル塩酸塩、オドリック、トランドラプリル、アデカット、エースコール、テモカプリル、テモカプリル塩酸塩、タナトリル、イミダプリル塩酸塩、セタプリル、アラセプリル
降圧作用が減弱するおそれがあります。
β遮断剤 セロケン、ロプレソール、メトプロロール酒石酸塩、テノーミン、アテノロール、アルセノール、ベタキソロール、ケルロング、ベタキソロール塩酸塩、ビソノ、メインテート、ビソプロロールフマル酸塩、セレクトール、セリプロロール塩酸塩、ブレビブロック、オノアクト、コアベータ、ランジオロール塩酸塩、カルビスケン、ピンドロール、インデラル、プロプラノロール塩酸塩、ヘマンジオル、チモプトール、リズモン、チモロール、ソタコール、ソタロール塩酸塩、ナディック、ミケラン、カルテオロール塩酸塩、レボブノロール塩酸塩、アドビオール
降圧作用が減弱するおそれがあります。
タクロリムス水和物 タリムス、プロトピック、タクロリムス、グラセプター、プログラフ
急性腎障害があらわれたとの報告があります。
ニューキノロン系抗菌剤 オフロキサシン、タリビッド、シプロキサン、シプロフロキサシン、ノフロ、ノルフロキサシン、バクシダール、ロメフロン、バレオン、クラビット、レボフロキサシン、コムレクス、ベガモックス、モキシフロキサシン、アベロックス、ガチフロ、スオード、パシル、パズクロス、ジェニナック、グレースビット、シタフロキサシン、オゼックス、トスフロ、トスキサシン、トスフロキサシントシル酸塩、ラスビック、アクアチム、ナジフロキサシン
他の非ステロイド性消炎鎮痛剤との併用により痙攣があらわれたとの報告があります。
メトトレキサート メトジェクト、リウマトレックス、メトトレキサート、メソトレキセート
メトトレキサートの作用を増強するおそれがあります。
コレスチラミン クエストラン
ブルフェンの血中濃度が低下するおそれがあります。
スルホニル尿素系血糖降下剤 オイグルコン、グリベンクラミド、グリミクロン、グリクラジド、アマリール、グリメピリド、ジメリン、デアメリン
血糖降下作用を増強することがあります。
CYP2C9阻害作用を有する薬剤 オラビ、フロリード、フラジール、メトロニダゾール、ロゼックス、アネメトロ、ダフクリア、オーファディン、ローコール、フルバスタチン、ジフルカン、フルコナゾール、プロジフ、アスタット、ラノコナゾール、ダイフェン、バクタ、バクトラミン、インテレンス、ゼルボラフ、ジカディア、アリミデックス、アナストロゾール、アラバ、ユリノーム、ベンズブロマロン、ディアコミット、スタレボ、コムタン、エンタカポン、デプロメール、フルボキサミンマレイン酸塩、ルボックス、モディオダール、メチレンブルー、ホメピゾール
ブルフェンの血中濃度が上昇するおそれがあります。

ブルフェンの副作用

重篤な副作用

ショック、アナフィラキシー様症状、再生不良性貧血、溶血性貧血、無顆粒球症、血小板減少、消化性潰瘍、胃腸出血、潰瘍性大腸炎、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、急性腎不全、間質性腎炎、ネフローゼ症候群、無菌性髄膜炎、肝機能障害、黄疸、喘息発作

その他の副作用

血液 血小板機能低下
消化器 食欲不振、嘔気・嘔吐、胃部不快感、腹痛、消化不良、下痢、口渇、口内炎、腹部膨満感、便秘
肝臓 AST上昇、ALT上昇、Al-P上昇、黄疸
過敏症 発疹、そう痒感、蕁麻疹、湿疹、紫斑
感覚器 霧視などの視覚異常、難聴、耳鳴、味覚異常
精神神経系 頭痛、眠気、めまい、不眠、抑うつ
循環器 血圧上昇、動悸、血圧低下
その他 浮腫、倦怠感、発熱、鼻出血

ブルフェンの保管方法

・直射日光を避けて、湿気の少ない場所で保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

 

ブルフェンの口コミ

★ ★ ★ ★ ★ 3件の口コミ

星5
 
67%
星4
 
33%
星3
 
0%
星2
 
0%
星1
 
0%

評価の高い口コミ

  • キッシュ
  • ★★★★★
  • 25件のいいね

なんといっても即効性。こんなにもすぐに効いてくれるなんて思いませんでした。海外で作られている薬ですが、副作用が出る事は無かったので安心して飲めました。

評価の低い口コミ

  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

  • ★★★★★

なんといっても即効性。こんなにもすぐに効いてくれるなんて思いませんでした。海外で作られている薬ですが、副作用が出る事は無かったので安心して飲めました。

  • ★★★★★

私には無くてはならないお薬です!!!扁桃腺が弱いので、毎年何度も耳鼻科に通っていました。その度、お薬代や診察代がかかるのが負担で仕方がなくて…ブルフェンは200mgを1回飲むだけでも、すぐに効いてくれるので助かってます!もう手放せません!

  • ★★★★

風邪をひいた時に限って仕事を休めない事が多いから、ブルフェンには毎回助けられてる。市販で売ってる薬よりも高いけど、効き目が早いからリピート中。

投稿フォーム

商品口コミの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。

電話注文