電話番号

エコスピリン

エコスピリン1
  • エコスピリン1
  • エコスピリン2
  • エコスピリン3
  • エコスピリン4
  • 痛み止め
  • 肩こり・関節痛

★ ★ ★ ★ 5件の口コミ

商品名 エコスピリン
成分

アスピリン

効果 痛み止め
副作用 頭痛、貧血、倦怠感など
飲み方 1日2回、1回あたり200~500mgを水またはぬるま湯で服用します。
製造元 US Vitamins

エコスピリン 75mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
75mg × 98錠 2,200(22円/錠 1,660(17円/錠 49pt
75mg × 196錠 4,000(20円/錠 3,060(16円/錠 91pt

エコスピリン 150mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
150mg × 98錠 3,200(32円/錠 2,460(25円/錠 73pt
150mg × 196錠 6,100(31円/錠 4,660(24円/錠 139pt

エコスピリン 325mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
325mg × 98錠 3,600(36円/錠 3,140(32円/錠 94pt
325mg × 196錠 7,200(36円/錠 6,060(31円/錠 181pt

店長のオススメポイント

  • 国内処方されているアスピリンのジェネリック
  • さまざまな痛みの緩和や改善に役立つ
  • 1万円以上で送料無料
  • プライバシー守る安心梱包
  • 100%メーカー正規品取り扱い
  • いつでも購入可能 処方箋不要
  • 商品到着100%
  • コンビニ決済利用可能

おすすめの類似商品

ボルタレン ザクロフェン ミオナール・ジェネリック
商品名

ボルタレン

ザクロフェン

ミオナール・ジェネリック

価格

3360

5460

6360

メーカー

Novartis

Consern Pharma

Macleods Pharma

商品詳細

エコスピリンについて

エコスピリンは関節痛や歯痛、筋肉痛などのさまざまな痛みを緩和・改善へと導く治療薬です。
有効成分として国内でも幅広く利用されているアスピリンを配合しています。
アスピリンには抗炎症作用や鎮痛作用があり、関節痛の痛みそのものを鎮めながら、痛みなどの原因となっている炎症を治めます。

国内でも幅広く処方されている成分であるため安心して使えるという以外にも、ジェネリックであることから安価で手にしていただけるといった特徴もあります。

エコスピリンの効果

エコスピリンの有効成分であるアスピリンが ・痛みを伝えるインパルス(電気信号)の発生を抑止し
・発痛物質の活性化を抑制
・プロスタグランジンの生合成を抑制
以上の作用によって、鎮痛・抗炎症作用を発揮します。

鎮痛作用と抗炎症作用が発揮されることによって、関節痛などの原因となる炎症を抑え、痛みを鎮めます。

用法用量

エコスピリンの服用・使用方法

服用・使用量について

1日2回、1回あたり200~500mgを水かぬるま湯で服用します。

過剰に服用したりしても効果が強くなることはありません。また、副作用のリスクが高くなってしまうため過剰な服用は厳禁です。

服用・使用のタイミングについて

エコスピリンの服用タイミングは食後となっています。
そのため、朝昼晩の食後のいずれかのタイミングで2回服用してください。

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

アルコールとの併用で消化管出血が強まるおそれがあります。
そのため、アルコールとの併用は避けるようにしてください。

エコスピリンの服用・使用時の注意点

これらに該当する方はエコスピリンを服用・使用できない、または慎重に服用・使用する必要があります。

エコスピリンを服用できない方

  • ・本剤又はサリチル酸系製剤に対し過敏症の既往歴のある方
  • ・消化性潰瘍のある方
  • ・重篤な血液の異常のある方
  • ・重篤な肝障害のある方
  • ・重篤な腎障害のある
  • ・重篤な心機能不全のある方
  • ・アスピリン喘息又はその既往歴のある方
  • ・出産予定日12週以内の妊婦の方

併用禁忌

併用禁忌

ありません。

併用注意

血中濃度が高まるおそれがあります。
ワルファリンK、ワーファリン、ヘパフラッシュ、ヘパリン、ヘパリンNa、ヘパリンナトリウム、ヘパフィルド、ヘパリンCa、ヘパリンカルシウム、クレキサン、パルナパリンNa、ミニヘパ、ローヘパ、フラグミン、ダルテパリンNa、オルガラン、ヒルドイド、ビーソフテン、ヘパリン類似物質、プラビックス、クロピドグレル、パナルジン、チクロピジン、チクロピジン塩酸塩、エフィエント、ロコルナール、トラピジル、ドメナン、オザグレル、カタクロット、キサンボン、オキリコン、オザグレルNa、オザグレルナトリウム、シグマート、ニコランジル、アスピリン、バイアスピリン、ペルサンチン、ジピリダモール、フローラン、エポプロステノール、ベンテイビス、ケアロード、ベラサス、ドルナー、プロサイリン、ベラプロストNa、ベラプロストナトリウム、トレプロスト、プレタール、シロスタゾール、シロスレット、ホルダゾール、ブリリンタ、ウプトラビ、アンプラーグ、サルポグレラート塩酸塩、エパデール、イコサペント酸エチル、エパロース、オパルモン、プロレナール、リマプロストアルファデクス、アクチバシン、グルトパ、クリアクター、ウロナーゼ、スロンノン、ノバスタン、アルガトロバン、プラザキサ、イグザレルト、エリキュース、リクシアナ、アリクストラ、デフィブラーゼ、リコモジュリン、エフオーワイ、ガベキサートメシル酸塩、フサン、コアヒビター、ナファモスタット、ナファモスタットメシル酸塩、ロナスタット、アンスロビン、ノイアート、献血ノンスロン (抗凝固剤)
抗凝固剤の作用を強め、出血のリスクが高くなるおそれがあります。
ヒューマログ、ルムジェブ、インスリンリスプロBS、ノボラピッド、フィアスプ、インスリンアスパルトBS、アピドラ、ランタス、インスリングラルギンBS、レベミル、トレシーバ、ノボリン、ヒューマリン 糖尿病薬の作用を強め、低血糖を引き起こすおそれがあります。
リウマトレックス、メトトレキサート、メソトレキセート (メトトレキサート)
上記薬剤の副作用が強くなるおそれがあります。
セレニカ、デパケン、バルプロ酸Na (バルプロ酸ナトリウム)
上記薬剤の作用を強め、振戦などが引き起こされるおそれがあります。
アレビアチン、ヒダントール (フェニトイン)
総フェニトイン濃度を低下させる恐れがあります。
ダイアモックス、トルソプト、エイゾプト、ブリンゾラミド (炭疽脱水水素阻害剤)
上記薬剤の副作用を増強し、嗜眠などの症状を引き起こすおそれがあります。
メドロール、ソル・メドロール、ソル・メルコート、デポ・メドロール、コートリル、ハイドロコートン、ヒドロコルチゾンリン酸エステルNa、ソル・コーテフ、サクシゾン、ヒドロコルチゾンコハク酸エステルNa、ロコイド、パンデル、プレドニゾロン、プレドニン、プレドニゾロン酢酸エステル、プレドネマ、リドメックス、スピラゾン、プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル、ユーメトン、キンダベート、クロベタゾン酪酸エステル、フルメトロン、オドメール、フルオロメトロン、レダコート、マキュエイド、アフタシール、トリアムシノロンアセトニド、ケナコルト−A、オルテクサー、トリシノロン、ノギロン、アフタッチ、アルメタ、アルクロメタゾンプロピオン酸エステル、タルメア、ビトラ、サンテゾーン、デキサメタゾン、アフタゾロン、デカドロン、レナデックス、デキサメサゾン、オイラゾン、オルガドロン、テイカゾン、ソルコート、デキサート、D・E・X、ビジュアリン、リメタゾン、メサデルム、デキサメタゾンプロピオン酸エステル、ボアラ、エリザス、リンデロン、ベタメタゾン、サンベタゾン、ベタメタゾンリン酸エステルNa、ベルベゾロン、リノロサール、ステロネマ、ベトネベート、ノルコット、ベタメタゾン吉草酸エステル、ディーピーポロン、デルモゾール、ヒズボット、ベタメタゾンジプロピオン酸エステル、アンテベート、サレックス、ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル、フルコート、フルオシノロンアセトニド、テクスメテン、ネリゾナ、ドレニゾン、トプシム、シマロン、フルオシノニド、パルミコート、ブデソニド、ゼンタコート、レクタブル、ダイアコート、ジフロラゾン酢酸エステル、ビスダーム、アズマネックス、フルメタ、フランカルボン酸モメタゾン、モメタゾンフランカルボン酸エステル、ナゾネックス、モメタゾン、リノコート、タウナス、ナイスピー、ベクロメタゾン、ベクロメタゾンプロピオン酸エステル、キュバール、サルコート、パラナイン、フルナーゼ、スカイロン、フルチカゾン、フルチカゾンプロピオン酸エステル、フロラーズ、フルタイド、アラミスト、アニュイティ、マイザー、ジフルプレドナート、コムクロ、デルモベート、クロベタゾールプロピオン酸エステル、グリジール、デルスパート、コートン、オルベスコ、フロリネフ (副腎皮質ステロイド)
上記薬剤との併用で、サリチル酸中毒を起こしたという報告があります。
リーマス、炭酸リチウム (リチウム製剤)
上記の類薬でリチウム中毒を起こしたという報告があります。
ベンシッド、ユリノーム、ベンズブロマロン (尿酸排泄促進剤)
上記薬剤の効果が弱くなるおそれがあります。
乳酸Na (乳酸ナトリウム)
エコスピリンの作用が弱まるおそれがあります。
ジクトル、ナボール、ボルタレン、ジクロフェナクNa、ジクロフェナクナトリウム、ジクロード、セルタッチ、ナパゲルン、スミル、ファルジー、フェルビナク、ブロナック、ブロムフェナクNa、インテバン、インドメタシン、アコニップ、イドメシン、インサイド、インテナース、カトレップ、コリフメシン、ゼムパック、ハップスター、ラクティオン、インテナシン、インフリー、インダシン、ランツジール、ミリダシン、クリノリル、オステラック、ハイペン、エトドラク、ジルダザック、ベンダザック、ネバナック、ジソペイン、バキソ、ピロキシカム、フェルデン、ロルカム、ロルノキシカム、モービック、メロキシカム、フルカム、ブルフェン、イブプロフェン、スタデルム、ベシカム、イブリーフ、ナイキサン、カピステン、ケトプロフェン、セクター、ミルタックス、モーラス、スルプロチン、スレンダム、トパルジック、フロベン、アドフィード、ゼポラス、フルルバン、ヤクバン、フルルビプロフェン、ロピオン、スルガム、アルボ、ニフラン、プラノプロフェン、プロラノン、ロキソニン、ロキソプロフェン、ロキソプロフェンNa、ロキソプロフェンナトリウム、ロキフェン、ソレトン、ペオン、ザルトプロフェン、ポンタール、ルメンタール、コンベック、フエナゾール、オパイリン、セレコックス、セレコキシブ、レリフェン、アスピリン、バイアスピリン、サリチル酸Na、サリチル酸ナトリウム、エテンザミド、アザルフィジン、サラゾピリン、サラゾスルファピリジン、アサコール、ペンタサ、リアルダ、メサラジン、サリチル酸、スピール膏、サリチル酸メチル、スルピリン (非ステロイド性抗炎症薬)
上記薬剤の血中濃度が低下して効果が弱くなる、消化器系の副作用が強くなる、出血や腎機能低下といったおそれがあります。
アリセプト、ドネペジル塩酸塩 (ドネペジル塩酸塩)
消化性潰瘍を引き起こすおそれがあります。
カルビスケン、ピンドロール、ブロクリン、インデラル、プロプラノロール塩酸塩、ヘマンジオル、チモプトール、リズモン、チモロール、ソタコール、ナディック、ミケラン、カルテオロール塩酸塩、セロケン、ロプレソール、メトプロロール酒石酸塩、テノーミン、アテノロール、アルセノール、アルマイラー、アセタノール、ベトプティック、ベタキソロール、ケルロング、ベタキソロール塩酸塩、カルバン、ビソノ、メインテート、ビソプロロールフマル酸塩、セレクトール、セリプロロール塩酸塩、ブレビブロック、オノアクト、コアベータ、トランデート、ラベタロール塩酸塩、アーチスト、カルベジロール、ピバレフリン、レボブノロール塩酸塩、ローガン、アロチノロール塩酸塩、アドビオール、ニプラノール、ハイパジール、ニプラジロール、dl−メチルエフェドリン塩酸塩、dl−塩酸メチルエフェドリン、メチエフ、メチルエフェドリン、カプトリル、カプトプリル (β-アドレナリン受容体拮抗薬、アンジオテンシン変換酵素阻害薬)
降圧作用が弱まるおそれがあります。
ヒドロクロロチアジド、フルイトラン、トリクロルメチアジド、ベハイド (チアジド系利尿薬)
上記治療薬の作用を弱めるおそれがあります。(類薬で作用を弱めた報告有)
ラシックス、フロセミド、ルプラック、トラセミド、ダイアート、アゾセミド (ループ利尿剤)
上記薬剤の利尿作用を弱める恐れがあります。
また、サリチル酸中毒を引き起こすおそれもあります。
ミリスロール、ニトログリセリン、ニトロダーム、バソレーター、ミオコール、ミニトロ、ミリス、メディトランス (ニトログリセリン)
ニトログリセリンの作用を弱めるおそれがあります。
タリムス、プロトピック、タクロリムス、グラセプター、プログラフ、パピロック、サンディミュン、ネオーラル、シクロスポリン (タクロリムス水和物、シクロスポリン)
腎障害を引き起こすおそれがあります。
ザフィルルカスト
バイナス、ラマトロバン、ブロニカ (プロスタグランジンD2、トロンボキサンA2受容体拮抗剤)
上記薬剤の非結合型分率が上昇することがあります。
パキシル、パロキセチン、ジェイゾロフト、セルトラリン、デプロメール、ルボックス、フルボキサミンマレイン酸塩、レクサプロ (選択的セロトニン再取り込み阻害薬)
皮膚の異常出血や出血症状の報告があります。
アルコール 消化管出血が強まるおそれがあります。

エコスピリンの副作用

重篤な副作用

ショック、アナフィラキシー、頭蓋内出血、肺出血、消化管出血、鼻出血、眼底出血、中毒性表皮壊死融解症、スティーブンス・ジョンソン症候群、剥脱性皮膚炎、再生不良性貧血、血小板減少、白血球減少、喘息発作の誘発、肝機能障害、王小段、消化性潰瘍、小腸潰瘍、大腸潰瘍

その他の副作用

消化器 食欲不振、胸やけ、悪心・嘔吐、胃痛、腹痛、胃腸障害、便秘、下痢、食道炎、口唇腫脹、吐血、胃部不快感
過敏症 蕁麻疹、発疹、浮腫、鼻炎様症状
血液 貧血、血小板機能低下
皮膚 そう痒、発汗
精神・神経系 めまい、頭痛、興奮
肝臓 AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇
腎臓 腎障害
循環器 血圧低下、血管炎、心窩部痛
呼吸器 気管支炎
感覚器 耳鳴、難聴、角膜炎、結膜炎
その他 過呼吸、代謝性アシドーシス、倦怠感、低血糖

エコスピリンの保管方法

・直射日光や高温多湿を避けられる場所で保管してください。
・子供が誤って飲み込むなどすると危険です。子供の手が届かない場所で保管するようにしてください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

 

エコスピリンの口コミ

★ ★ ★ ★ 5件の口コミ

星5
 
20%
星4
 
40%
星3
 
20%
星2
 
20%
星1
 
0%

評価の高い口コミ

  • 李里帆
  • ★★★★
  • 194件のいいね

肩こりとトレーニング後の筋肉痛がひどいときに使ってみてます!痛みは結構楽になるんですけど、体調があまりよくないかもしれないと思っているときに飲んだら胸焼けがするときがあります。体調によっては副作用が出ちゃうのかもしれないですね?

評価の低い口コミ

  • 匿名
  • ★★
  • 221件のいいね

生理痛がひどいとき、痛み止めとして飲みましたがあまり効果がありませんでした。ネットでは生理痛対策に使ってる人がいたので効果があると思ったんですけど・・・よく効く痛みとそうでない痛みがあるのかもしれません。

並び替え:

  • ★★★★

肩こりとトレーニング後の筋肉痛がひどいときに使ってみてます!痛みは結構楽になるんですけど、体調があまりよくないかもしれないと思っているときに飲んだら胸焼けがするときがあります。体調によっては副作用が出ちゃうのかもしれないですね?

  • ★★★

膝関節を痛め、さまざまな鎮痛薬を使いながら治療を受けています。前に使っていた鎮痛薬がなくなり、購入が難しそうだったのでこちらを試してみようと思って買いました。病院で処方してもらえる鎮痛薬のジェネリックだそうなので効き目に期待してます。

  • ★★★★

効き目が強すぎることなく、胃が荒れる心配もせずに使えました!頭痛がひどいときに飲んだんですが、ちゃんと痛みが消えて楽になりました。片頭痛持ちなので、また痛みがひどいとき飲みたいと思います。ありがとうございました。

  • ★★

生理痛がひどいとき、痛み止めとして飲みましたがあまり効果がありませんでした。ネットでは生理痛対策に使ってる人がいたので効果があると思ったんですけど・・・よく効く痛みとそうでない痛みがあるのかもしれません。

  • ★★★★★

関節痛に悩まされていたときに飲んでから、我が家の痛み止めになっています!今でもたまに関節が痛むので使ってますが、頭痛にも使えたのでいろんな痛みの対策に使えます!副作用もないし、飲むと痛みが一気に楽になるのでいいですよ!

投稿フォーム

商品口コミの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。

電話注文