電話番号

デミソン

デミソン1
  • デミソン1
  • デミソン2
  • デミソン3
  • デミソン4
  • 抗アレルギー薬
  • 皮膚炎

★ ★ ★ ★ 5件の口コミ

商品名 デミソン
成分

デキサメタゾン

効果 アレルギー性皮膚炎などの改善
副作用 動悸、耳鳴、発声障害など
飲み方 1~4回に分けて、1日0.5~8mgを水やぬるま湯で服用する。
製造元 Cadila Pharmaceuticals

デミソン 0.5mg300錠

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
0.5mg300錠 × 1箱 7,700(7,700円/箱 5,860(5,860円/箱 175pt
0.5mg300錠 × 2箱 11,000(5,500円/箱 8,460(4,230円/箱 253pt
0.5mg300錠 × 3箱 13,000(4,333円/箱 9,960(3,320円/箱 298pt

店長のオススメポイント

  • 浮腫や血圧への影響の心配が少ない
  • 高い抗炎症作用や抗アレルギー作用を発揮する
ネットの薬局のサービス

おすすめの類似商品

デキソナ デコート トレナクサ
商品名

デキソナ

デコート

トレナクサ

価格

1760

3860

5660

メーカー

Zydus Healthcare

Deva Holding

Macleods

商品詳細

デミソンについて

現在発送されるデミソン0.5mgの使用期限は2024年7月となります。ご注文の際はご了承の上でお願いいたします。

デミソンは、有効成分にデキサメタゾンを配合した副腎皮質ホルモン薬です。
抗炎症作用や免疫抑制作用に優れており、炎症性の症状やアレルギー性の症状に対して高い効果を発揮します。
服用することにより、デキサメタゾンが細胞質や核内の特定の受容体と結合し、核内に移行することで特定の遺伝子の複写に影響を与えます。
その結果、炎症と関係がある体内物質の産生量が低下し、炎症によって起きる症状が抑えられます。
長時間型の強力なステロイド薬ですが、電解質代謝作用は弱いため、浮腫や血圧上昇などの症状を気にせずにお使いいただけます。

デミソンの効果

疫系の症状に対して主に使われていますが、多岐にわたる効果・効能を持っているのが特徴です。
細胞質や核内にある特定の受容体に結びつき、核内に移行して特定の遺伝子の複写を開始、あるいは阻害する作用を持っており、これによって炎症を起こす体内物質の産生量を低下させて炎症を抑えます。
また、免疫抑制作用にも優れており、過剰に働いてしまっている免疫機能を抑えて正常な状態に導きます。

用法用量

デミソンの服用・使用方法

服用・使用量について

1~4回に分けて、1日0.5~8mgを水やぬるま湯と一緒に服用します。
年齢や症状によって適宜増減してください。

シスプラチンなど抗悪性腫瘍剤投与に伴う消化器症状に対して使う場合は、1日4~20mgを1~2回に分割し、水やぬるま湯で服用します。
1日の服用量は最大で20mgまでとしてください。

全身性ALアミロイドーシスに対して使う場合は、1日40mgを1日目、8日目、15日目、22日目に水やぬるま湯で服用します。
1サイクルを28日とし、最大6サイクルまで服用を継続します。

服用・使用のタイミングについて

特に指定されていません。

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

アルコールの影響はありません。

デミソンの服用・使用時の注意点

これらに該当する方はデミソンを服用・使用できない、または慎重に服用・使用する必要があります。

デミソンを服用できない方

  • ・妊娠中の方や授乳中の方
  • ・デスモプレシン酢酸塩水和物、リルピビリン塩酸塩、リルピビリン塩酸塩・テノホビル アラフェナミドフマル酸塩・エムトリシタビン、リルピビリン塩酸塩・テノホビル ジソプロキシルフマル酸塩・エムトリシタビン、リルピビリン塩酸塩・ドルテグラビルナトリウム、ダクラタスビル塩酸塩、アスナプレビル、ダクラタスビル塩酸塩・アスナプレビル・べクラブビル塩酸塩を服用中の方
  • ・配合されている有効成分に対する過敏症の既往歴がある方

併用禁忌

併用禁忌

デスモプレシン酢酸塩水和物 デスモプレシン、ミニリンメルト
併用することにより、低ナトリウム血症の症状が引き起こされるおそれがあります。
リルピビリン塩酸塩、リルピビリン塩酸塩・テノホビル アラフェナミドフマル酸塩・エムトリシタビン、リルピビリン塩酸塩・テノホビル ジソプロキシルフマル酸塩・エムトリシタビン、リルピビリン塩酸塩・ドルテグラビルナトリウム、ダクラタスビル塩酸塩、アスナプレビル、ダクラタスビル塩酸塩・アスナプレビル・べクラブビル塩酸塩 エジュラント、オデフシィ、コムプレラ、ジャルカ、ダクルインザ、スンベプラ、ジメンシー
併用することにより、これらの医薬品の血中濃度を低下させて作用を減弱させるおそれがあります。

併用注意

主にCYP3A4で代謝される医薬品 サンテゾーン、デキサメタゾン、アフタゾロン、デカドロン、レナデックス、デキサメサゾン、オイラゾン、オルガドロン、テイカゾン、デキサート、D・E・X、ビジュアリン、リメタゾン、メサデルム、デキサメタゾンプロピオン酸エステル、ボアラ、エリザス、プロテカジン、ラフチジン、オメプラゾン、オメプラール、オメプラゾール、タケプロン、ランソプラゾール、パリエット、ラベプラゾールNa、ラベプラゾールNa塩、ラベプラゾールナトリウム、エソメプラゾール、ネキシウム、タケキャブ、ラベキュア、ラベファイン、ボノサップ、ボノピオン、ムコスタ、レバミピド、ナウゼリン、ドンぺリドン、ドンペリドン、ガスモチン、モサプリドクエン酸塩、オンダンセトロン、カイトリル、グラニセトロン、アロキシ、パロノセトロン、イメンド、アプレピタント、プロイメンド、ホスアプレピタント、スインプロイク、フォゼベル、リフキシマ、ロペミン、ロペラミド、ロペラミド塩酸塩、パルミコート、ブデソニド、コレチメント、ゼンタコート、レクタブル、ベクロメタゾン、ベクロメタゾンプロピオン酸エステル、キュバール、サルコート、フィンテプラ、オイグルコン、グリベンクラミド、オングリザ、テネリア、シュアポスト、レパグリニド、サデルガ、プラビックス、クロピドグレル、プレタール、シロスタゾール、ウプトラビ、コンプラビン、ロレアス、タケルダ、スロンノン、ノバスタン、アルガトロバン、イグザレルト、エリキュース、ドプテレット、タバリス、リスモダン、ジソピラミド、ジソピラミドリン酸塩、ペンレス、キシロカイン、リドカイン、リドカイン塩酸塩、プロノン、プロパフェノン塩酸塩、アンカロン、アミオダロン、アミオダロン塩酸塩、シベノール、シベンゾリンコハク酸塩、コララン、インチュニブ、トラクリア、ボセンタン、オプスミット、セララ、エプレレノン、ケレンディア、トルバプタン、サムスカ、ヘルベッサー、ジルチアゼム塩酸塩、アーチスト、カルベジロール、アムロジピン、アムロジン、ノルバスク、アムロジピン; アムロジピン、スプレンジール、フェロジピン、ペルジピン、ニカルジピン塩酸塩、アダラート、セパミット、ニフェジピン、バイロテンシン、ニトレンジピン、ニバジール、ニルバジピン、カルスロット、マニジピン塩酸塩、ヒポカ、アテレック、シルニジピン、コニール、ベニジピン、ベニジピン塩酸塩、塩酸ベニジピン、ワソラン、ベラパミル塩酸塩、ベプリコール、ベプリジル塩酸塩、エックスフォージ、アムバロ、ミカムロ、テラムロ、アイミクス、イルアミクス、ユニシア、カムシア、ミカトリオ、ラジレス、リポバス、シンバスタチン、ローコール、フルバスタチン、リピトール、アトルバスタチン、ジャクスタピッド、アトーゼット、エゼアト、カデュエット、アマルエット、ニゾラール、ケトコナゾール、ラミシール、テルビナフィン塩酸塩、テルビナフィン、ゼビアックス、メドロール、ソル・メドロール、デポ・メドロール、アズマネックス、フルメタ、モメタゾンフランカルボン酸エステル、ナゾネックス、モメタゾン、フルナーゼ、フルチカゾン、フルチカゾンプロピオン酸エステル、フルタイド、アラミスト、フルチカゾンフランカルボン酸エステル、アニュイティ、レクチゾール、プロトゲン、タリムス、プロトピック、タクロリムス、グラセプター、プログラフ、ジャカビ、フィナステリド、プロペシア、ストロメクトール、レスピア、カフェイン水和物、パルタン、メチルエルゴメトリン、メチルエルゴメトリンマレイン酸塩、パーロデル、ブロモクリプチン、カバサール、カベルゴリン、プラノバール、ヤーズ、ヤーズフレックス、ドロエチ、プロセキソール、エストラーナ、ジュリナ、ディビゲル、ル・エストロジェル、エストラジオール、プロギノン、ペラニン、プレマリン、ウトロゲスタン、エフメノ、プロゲステロン、プロゲホルモン、ルティナス、ルテウム、ワンクリノン、デュファストン、ディナゲスト、ジエノゲスト、メノエイド、ウェールナラ、アポハイド、ネオキシ; ネオキシ、ポラキス、オキシブチニン塩酸塩、バップフォー、プロピベリン塩酸塩、塩酸プロピベリン、デトルシトール、ベシケア、ソリフェナシンコハク酸塩、トビエース、ベタニス、ウリトス、ステーブラ、イミダフェナシン、レバチオ、シルデナフィル、バイアグラ、アドシルカ、タダラフィル、ザルティア、シアリス、バルデナフィル、ユリーフ、シロドシン、アボルブ、ザガーロ、デュタステリド、イスツリサ、レグパラ、クラリシッド、クラリス、クラリスロマイシン、オフロキサシン、タリビッド、イトリゾール、イトラコナゾール、ミコブティン、サチュロ、デルティバ、レクシヴァ、プリジスタ、パキロビッド、ビラミューン、ストックリン、インテレンス、テビケイ、エプクルーサ、トリーメク、シーエルセントリ、エンドキサン、イホマイド、エクザール、ナベルビン、ロゼウス、ドセタキセル、タキソテール、ワンタキソテール、イリノテカン塩酸塩、オニバイド、カンプト、トポテシン、ヨンデリス、グリベック、イマチニブ、ダサチニブ、スプリセル、タシグナ、ボシュリフ、セムブリックス、タルセバ、エルロチニブ、タフィンラー、ビラフトビ、ザーコリ、アレセンサ、アルンブリグ、コセルゴ、トーリセル、サーティカン、アフィニトール、ラパリムス、タイケルブ、インライタ、ペマジール、スーテント、カプレルサ、スチバーガ、ゾスパタ、ロズリートレク、タブレクタ、テプミトコ、レットヴィモ、マイロターグ、ファリーダック、ハラヴェン、ノルバデックス、タモキシフェン、フェアストン、トレミフェン、フェソロデックス、イクスタンジ、アーリーダ、フェマーラ、レトロゾール、アロマシン、エキセメスタン、ザイティガ、アラバ、ゼルヤンツ、メーゼント、リンヴォック、タブネオス、パピロック、サンディミュン、ネオーラル、シクロスポリン、ポマリスト、モービック、メロキシカム、コルヒチン、エブリスディ、デュロテップ、フェンタニル、ワンデュロ、ラフェンタ、アブストラル、イーフェン、フェントス、フェンタニルクエン酸塩、マーカイン、アナペイン、ポプスカイン、エムラ、オキシコンチン、オキノーム、オキファスト、オキシコドン、ジヒドロコデインリン酸塩、リン酸ジヒドロコデイン、カフコデ、ノルスパン、レペタン、ブプレノルフィン、トラムセット、トアラセット、ツートラム、トラマール、ワントラム、トラマドール塩酸塩、クリアミン、アマージ、ナラトリプタン、レルパックス、エレトリプタン、エピレオプチマル、ザロンチン、テグレトール、カルバマゼピン、トピナ、トピラマート、ディアコミット、ビムパット、エフピー、セレギリン塩酸塩、エクフィナ、ノウリアスト、セレネース、ハロペリドール、ハロマンス、ブロムペリドール、ラツーダ、クロザリル、セロクエル、ビプレッソ、クエチアピン、リスパダール、リスパダールコンスタ、リスペリドン、エビリファイ、アリピプラゾール、レキサルティ、ジアゼパム、セルシン、ホリゾン、ダイアップ、マイスタン、メイラックス、ロフラゼプ酸エチル、エチゾラム、デパス、メレックス、ハルシオン、トリアゾラム、ドルミカム、ミダゾラム、ブコラム、ミダフレッサ、レンドルミン、ブロチゾラム、ドラール、クアゼパム、アモバン、ゾピクロン、マイスリー、ゾルピデム酒石酸塩、ルネスタ、エスゾピクロン、デエビゴ、イミドール、トフラニール、アナフラニール、アミトリプチリン塩酸塩、トリプタノール、ジェイゾロフト、セルトラリン、レクサプロ、エスシタロプラム、テトラミド、デジレル、レスリン、トラゾドン塩酸塩、リフレックス、レメロン、ミルタザピン、イフェクサー、トリンテリックス、モディオダール、アリドネ、アリセプト、ドネペジル塩酸塩、レミニール、ガランタミン、エボザック、サリグレン、メサペイン、コレアジン、ジスバル、プラケニル、ビルトリシド、オルベスコ、アドエア、セレベント、メプチン、プロカテロール塩酸塩、オンブレス、シムビコート、ブデホル、レルベア、フルティフォーム、アノーロ、ウルティブロ、オノン、プランルカスト、キプレス、シングレア、モンテルカスト、モンテルカストナトリウム、コデインリン酸塩、リン酸コデイン、コデインリン酸塩水和物、メジコン、セレスタミン、エンペラシン、サクコルチン、ヒスタブロック、プラデスミン、ベタセレミン、クロフェドリン、フスコデ、ライトゲン、フスコブロン、ムコブロチン、ザイザル、レボセチリジン塩酸塩、クラリチン、ロラタジン、エバステル、エバスチン、ルパフィン、ドプラム、トルソプト、アゾルガ、コソプト、ドルモロール、レミッチ、ナルフラフィン塩酸塩、リスミー、アンプラーグ、サルポグレラート塩酸塩、アブラキサン、タキソール、パクリタキセル、オキサロール、マキサカルシトール、カルブロック、アゼルニジピン、ロナセン、ブロナンセリン、アムノレイク、エミレース、エピリド、キシレステシン、セキコデ、リンデロン、オーラ、オピセゾール、レザルタス、ベオーバ、ザクラス、ジルムロ、アテディオ、カナリア、エドルミズ
これらの医薬品の血中濃度を低下させ、作用を減弱させるおそれがあります。
カスポファンギン カンサイダス
併用することにより、カスポファンギンの血中濃度が低下するおそれがあります。
CYP3A4を誘導する医薬品 サンテゾーン、デキサメタゾン、アフタゾロン、デカドロン、レナデックス、デキサメサゾン、オイラゾン、オルガドロン、テイカゾン、デキサート、D・E・X、ビジュアリン、リメタゾン、メサデルム、デキサメタゾンプロピオン酸エステル、ボアラ、エリザス、イメンド、アプレピタント、プロイメンド、ホスアプレピタント、リフキシマ、ノーモサング、トラクリア、ボセンタン、リファジン、リファンピシン、ストックリン、インテレンス、ゼルボラフ、タフィンラー、アーリーダ、ホストイン、テグレトール、カルバマゼピン、モディオダール、メサペイン、ジャドニュ、デフェラシロクス
併用することにより、デキサメタゾンの作用が減弱することが報告されています。
フェニトイン アレビアチン、ヒダントール
併用により、フェニトインの血中濃度が上昇または低下すると報告されています。また、デキサメタゾンの作用が減弱することが報告されています。
HIVプロテアーゼ阻害剤 ノービア、レクシヴァ、レイアタッツ、プリジスタ、カレトラ
デキサメタゾンの血中濃度曲線下面積の上昇、あるいはこれらの医薬品の血中濃度曲線下面積が低下するおそれがあります。
アプレピタント イメンド、アプレピタント、プロイメンド、ホスアプレピタント
デキサメタゾンの作用が増強されるおそれがあります。
マクロライド系抗生物質、アゾール系抗真菌剤 エリスロマイシン、エリスロシン、ルリッド、ロキシスロマイシン、クラリシッド、クラリス、クラリスロマイシン、アジマイシン、ジスロマック、アジスロマイシン、スピラマイシン、アセチルスピラマイシン、ジョサマイシン、ジョサマイ、ダフクリア、ジフルカン、フルコナゾール、プロジフ、イトリゾール、イトラコナゾール、ブイフェンド、ボリコナゾール、ノクサフィル、クレナフィン、ネイリン、オラビ、フロリード、ニゾラール、ケトコナゾール、エンペシド、クロトリマゾール、アデスタン、イソコナゾール硝酸塩、エクセルダーム、マイコスポール、ビホナゾール、オキナゾール、オキシコナゾール硝酸塩、ルリコン、ルリコナゾール、ルコナック、アトラント、アスタット、ラノコナゾール
併用することにより、副腎皮質ホルモン剤の作用が増強されると報告されています。
メフロキン メファキン
併用により、デキサメタゾンまたはメフロキンの血中濃度が変動するおそれがあります。
シクロスポリン パピロック、サンディミュン、ネオーラル、シクロスポリン
副腎皮質ホルモン剤の大量投与により、併用したシクロスポリンの血中濃度が上昇すると報告されています。
サリチル酸誘導体 アスピリン、バイアスピリン、サリチル酸Na、サリチル酸ナトリウム、エテンザミド、アザルフィジン、サラゾピリン、サラゾスルファピリジン、アサコール、ペンタサ、メサラジン、リアルダ、サリチル酸メチル
併用時にデキサメタゾンを減量すると、血清中のサリチル酸誘導体の濃度が増加し、サリチル酸中毒を起こすことが報告されています。
抗凝血剤 ワルファリンK、ワーファリン
抗凝血剤の作用を減弱させることが報告されています。
糖尿病用薬 ノボリン、ヒューマリン、ヒューマログ、ルムジェブ、インスリンリスプロBS、ノボラピッド、フィアスプ、インスリンアスパルトBS、アピドラ、ランタス、インスリングラルギンBS、レベミル、トレシーバ、ライゾデグ、ソリクア、ゾルトファイ、オイグルコン、グリベンクラミド、グリミクロン、グリクラジド、アマリール、グリメピリド、ジメリン、デアメリン、シュアポスト、レパグリニド、スターシス、ファスティック、ナテグリニド、グルファスト、ミチグリニドCa、グルベス、アカルボース、セイブル、ミグリトール、ベイスン、ボグリボース、アクトス、ピオグリタゾン、グラクティブ、ジャヌビア、エクア、オングリザ、ネシーナ、トラゼンタ、テネリア、ザファテック、スイニー、マリゼブ、バイエッタ、ビクトーザ、リキスミア、トルリシティ、ウゴービ、オゼンピック、リベルサス、マンジャロ、フォシーガ、カナグル、ジャディアンス、スーグラ、ルセフィ、デベルザ、ツイミーグ
併用することにより、これらの医薬品の作用を減弱させることが報告されています。
血圧降下剤 併用することにより、これらの医薬品の作用を減弱させるおそれがあります。
利尿剤 併用により、これらの医薬品の作用を減弱させるおそれがあります。
カリウム保持性利尿剤を除く利尿剤 フルイトラン、トリクロルメチアジド、ラシックス、フロセミド
併用により、低カリウム血症の症状が引き起こされるおそれがあります。
カルシウム受容体作動薬 オルケディア、パーサビブ、レグパラ
血清カルシウム濃度が低下するおそれがあります。
エフェドリン ヱフェドリン
副腎皮質ホルモン剤の代謝が促進され、血中濃度が低下するとの報告がされています。
サリドマイド サレド
併用することにより、血栓症と血栓塞栓症のリスクを高めるおそれがあります。また、海外において、多発性骨髄腫におけるデキサメタゾンとの併用により、中毒性表皮壊死融解症の症状が引き起こされたとの報告がされています。

デミソンの副作用

重篤な副作用

誘発感染症、感染症の増悪、続発性副腎皮質機能不全、糖尿病、消化性潰瘍、消化管穿孔、膵炎、精神変調、うつ状態、痙攣、骨粗鬆症、大腿骨および上腕骨等の骨頭無菌性壊死、ミオパシー、脊椎圧迫骨折、長骨の病的骨折、緑内障、後嚢白内障、血栓塞栓症

その他の副作用

内分泌 月経異常
消化器 下痢、悪心・嘔吐、胃痛、胸焼け、腹部膨満感、口渇、食欲不振、食欲亢進、便秘
精神神経系 多幸症、不眠、頭痛、めまい、振戦、末梢性感覚ニューロパチー、激越、傾眠
筋・骨格系 筋肉痛、関節痛、関節腫脹
脂質・蛋白質代謝 満月様顔貌、野牛肩、窒素負平衡、脂肪肝
体液・電解質 浮腫、血圧上昇、低カリウム性アルカローシス、低ナトリウム血症、高カリウム血症
中心性漿液性網脈絡膜症等による網膜障害、眼球突出
血液 白血球増多、好中球減少症、血小板減少症、白血球減少症
皮膚 ざ瘡、多毛、脱毛、色素沈着、皮下いっ血、紫斑、線条、そう痒、発汗異常、顔面紅斑、紅斑、創傷治癒障害、皮膚菲薄化・脆弱化、脂肪織炎、皮膚乾燥
過敏症 発疹
その他 発熱、疲労感、ステロイド腎症、頻尿、体重増加、精子数およびその運動性の増減、しゃっくり、発声障害、咳嗽、動悸、耳鳴

デミソンの保管方法

・直射日光と高温多湿を避けて保管してください。
・小さなお子様の手の届かないところに保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

 

デミソンの口コミ

★ ★ ★ ★ 5件の口コミ

星5
 
20%
星4
 
40%
星3
 
40%
星2
 
0%
星1
 
0%

評価の高い口コミ

  • 匿名さん
  • ★★★★
  • 12件のいいね

錠剤の薬があまり飲むのが得意ではないのですが、コレは大きくないので私でも飲む事ができます。海外の物だったので大きいんじゃないかと不安でしたが、そんなことなくて安心しました。

評価の低い口コミ

  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

  • ★★★★

コロナに効くって聞いてたのでコロナにかかった時に試しに飲んでみたら、治りました。本当に治るなんて思ってなかったので驚きでした。

  • ★★★

ステロイド薬なのに副作用が強くなくて不思議です。スゴイと思います。

  • ★★★★★

こんなにたくさん量が入っているのにここまで安いのはコスパ神です。しかも安いだけじゃなくて効果も高い。色々調べてたらコロナにも効くって言われているみたいですね。そういうのも含めて本当に万能薬なんだなと思いますね。

  • ★★★★

錠剤の薬があまり飲むのが得意ではないのですが、コレは大きくないので私でも飲む事ができます。海外の物だったので大きいんじゃないかと不安でしたが、そんなことなくて安心しました。

  • ★★★

元々お腹があまり強くないので、飲むとお腹を壊すことがたまーにありますが、それを除けば最高に効くお薬です。

投稿フォーム

商品口コミの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。

電話注文