電話番号

エリキュース

エリキュース1
  • エリキュース1
  • エリキュース2
  • エリキュース3
  • エリキュース4
  • 生活習慣病
  • 心筋梗塞・脳卒中予防薬

0件の口コミ

商品名 エリキュース
成分

アピキサバン

効果 脳卒中や静脈血栓塞栓症の改善
副作用 便秘、下痢、動悸など
飲み方 1回5mgを1日2回、服用する。
製造元 Pfizer

エリキュース 5mg20錠

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
5mg20錠 × 1箱 8,900(8,900円/箱 6,860(6,860円/箱 205pt
5mg20錠 × 2箱 16,400(8,200円/箱 12,640(6,320円/箱 379pt
5mg20錠 × 3箱 22,300(7,433円/箱 17,160(5,720円/箱 514pt

店長のオススメポイント

  • 血栓の形成を抑制
  • ワルファリンと比べて効果の発現が早い
ネットの薬局のサービス

おすすめの類似商品

リピキンド-AS クリルオイル流 イグザレルト
商品名

リピキンド-AS

クリルオイル流

イグザレルト

価格

3760

4760

4860

メーカー

Mankind Pharma

Doctors pharmacy

Bayer

商品詳細

エリキュースについて

エリキュースは、脳卒中や静脈血栓塞栓症を改善できる治療薬です。
有効成分には抗凝固作用を持っている成分、アピキサバンが含まれています。
アピキサバンは血液を固まらせる酵素、トロンビンの生成を阻害します。
この作用により、血管のつまりを改善し血栓の形成を抑制できるのです。
また、同じ抗凝固薬のワルファリンと比べて効果の発現が早く、素早く安定した効果に期待ができます。

エリキュースの効果

アピキサバンは、血液を固まりにくくすることで血栓の形成を抑制する効果を持つ成分です。
血中には「トロンビン」という、血液を固める役割がある酵素が存在しています。
このトロンビンの生成を阻害することで、血液を固まりにくくする抗凝固作用を発揮します。
この作用により、血栓の形成が抑制されるため、脳梗塞や心筋梗塞の予防・改善に効果的です。
また、血栓の影響が大きい深部静脈血栓症や肺塞栓の治療薬の成分として用いられます。

用法用量

エリキュースの服用・使用方法

服用・使用量について

・非弁膜症性心房細動がある人の虚血性脳卒中および全身性塞栓症の発症抑制
1回5mgを1日2回、服用してください。
なお、年齢や体重、腎機能に応じて1回量を2.5mgに減量してください。

・静脈血栓塞栓症の治療および再発抑制
1回10mgを1日2回、7日間服用してください。
その後は1回量を5mgに減量してください。

服用・使用のタイミングについて

指定されていません。

食事の影響の有無

セイヨウオトギリソウの飲食によって、エリキュースの作用が弱まる可能性があります。

アルコールの影響の有無

アルコールの影響はありません。

エリキュースの服用・使用時の注意点

これらに該当する方はエリキュースを服用・使用できない、または慎重に服用・使用する必要があります。

エリキュースを服用できない方

  • ・エリキュースの成分に対し過敏症の既往歴のある人
  • ・臨床的に問題となる出血症状のある人
  • ・血液凝固異常及び臨床的に重要な出血リスクを有する肝疾患の人

併用禁忌

併用禁忌

ありません。

併用注意

アゾール系抗真菌剤、HIVプロテアーゼ阻害剤、マクロライド系抗菌薬、クラリスロマイシン、エリスロマイシン、フルコナゾール、ナプロキセン、ジルチアゼム、エンシトレルビル フマル酸 ジフルカン、フルコナゾール、プロジフ、イトリゾール、イトラコナゾール、ブイフェンド、ボリコナゾール、ノクサフィル、クレナフィン、ネイリン、オラビ、フロリード、ニゾラール、ケトコナゾール、エンペシド、クロトリマゾール、アデスタン、イソコナゾール硝酸塩、エクセルダーム、マイコスポール、ビホナゾール、オキナゾール、オキシコナゾール硝酸塩、ルリコン、ルリコナゾール、ルコナック、アトラント、アスタット、ラノコナゾール、ノービア、レクシヴァ、レイアタッツ、プリジスタ、カレトラ、エリスロマイシン、エリスロシン、ルリッド、ロキシスロマイシン、クラリシッド、クラリス、クラリスロマイシン、アジマイシン、ジスロマック、アジスロマイシン、スピラマイシン、アセチルスピラマイシン、ジョサマイシン、ジョサマイ、ダフクリア、ジフルカン、フルコナゾール、ナイキサン、ヘルベッサー、ジルチアゼム塩酸塩、ゾコーバ
エリキュースの血中濃度が上昇するおそれがあります。
リファンピシン、フェニトイン、カルバマゼピン、フェノバルビタール、セイヨウオトギリソウ含有食品 リファジン、リファンピシン、アレビアチン、ヒダントール、テグレトール、カルバマゼピン、フェノバルビタール、フェノバール、ルピアール、ワコビタール、ノーベルバール
エリキュースの血中濃度が減少するおそれがあります。
血小板凝集抑制作用を有する薬剤 プラビックス、クロピドグレル、パナルジン、チクロピジン、チクロピジン塩酸塩、エフィエント、ロコルナール、トラピジル、ドメナン、オザグレルNa、カタクロット、オザグレルナトリウム、アスピリン、バイアスピリン、ペルサンチン、ジピリダモール、フローラン、エポプロステノール、ベンテイビス、ケアロード、ベラサス、ドルナー、プロサイリン、ベラプロストNa、ベラプロストナトリウム、トレプロスト、プレタール、シロスタゾール、ブリリンタ、ウプトラビ、カブリビ、シグマート、ニコランジル、オパルモン、リマプロストアルファデクス、アンプラーグ、サルポグレラート塩酸塩、エパデール、イコサペント酸エチル
出血リスクが増大するおそれがあります。
抗凝固剤、血栓溶解剤、非ステロイド性消炎鎮痛剤、デフィブロチドナトリウム ワルファリンK、ワーファリン、へパフラッシュ、ヘパリンNa、ヘパリンナトリウム、ヘパリンCa、ヘパリンカルシウム、クレキサン、パルナパリンNa、ローヘパ、フラグミン、ダルテパリンNa、ノイアート、献血ノンスロン、アコアラン、オルガラン、ヒルドイド、ヘパリン類似物質、プラビックス、クロピドグレル、パナルジン、チクロピジン、チクロピジン塩酸塩、エフィエント、ロコルナール、トラピジル、ドメナン、カタクロット、オザグレルNa、オザグレルナトリウム、アスピリン、バイアスピリン、ペルサンチン、ジピリダモール、フローラン、エポプロステノール、ベンテイビス、ケアロード、ベラサス、ドルナー、プロサイリン、ベラプロストNa、ベラプロストナトリウム、トレプロスト、プレタール、シロスタゾール、ブリリンタ、ウプトラビ、カブリビ、シグマート、ニコランジル、オパルモン、リマプロストアルファデクス、アンプラーグ、サルポグレラート塩酸塩、エパデール、イコサペント酸エチル、アクチバシン、グルトパ、クリアクター、ウロナーゼ、スロンノン、ノバスタン、アルガトロバン、プラザキサ、イグザレルト、エリキュース、リクシアナ、アリクストラ、オンデキサ、デフィブラーゼ、エフオーワイ、ガベキサートメシル酸塩、ナファモスタットメシル酸塩、フサン、ナファモスタット、ロナスタット、リコモジュリン、スルピリン、ジクトル、ナボール、ボルタレン、ジクロフェナクNa、ジクロフェナクナトリウム、ジクロード、セルタッチ、ナパゲルン、フェルビナク、ブロナック、ブロムフェナクNa、インテバン、インドメタシン、アコニップ、イドメシン、インサイド、インテナース、カトレップ、コリフメシン、ゼムパック、ハップスター、ラクティオン、インフリー、インダシン、ランツジール、ミリダシン、クリノリル、オステラック、ハイペン、エトドラク、ジルダザック、ベンダザック、ネバナック、バキソ、ピロキシカム、フェルデン、ロルカム、ロルノキシカム、モービック、メロキシカム、フルカム、ブルフェン、イブプロフェン、スタデルム、ベシカム、イブリーフ、ナイキサン、カピステン、ケトプロフェン、セクター、ミルタックス、モーラス、スルプロチン、スレンダム、トパルジック、フロベン、アドフィード、ゼポラス、フルルバン、ヤクバン、フルルビプロフェン、ロピオン、アルボ、ロキソニン、ロキソプロフェン、ロキソプロフェンNa、ロキソプロフェンナトリウム、プラノプロフェン、ニフラン、ソレトン、ペオン、ザルトプロフェン、ポンタール、コンベック、フエナゾール、オパイリン、セレコックス、セレコキシブ、レリフェン、アスピリン、バイアスピリン、サリチル酸Na、サリチル酸ナトリウム、エテンザミド、アザルフィジン、サラゾピリン、サラゾスルファピリジン、アサコール、ペンタサ、メサラジン、リアルダ、サリチル酸メチル、アズノール、アーズミン、AZ、アズレン、アズレイ、ソランタール、パラミヂン、デファイテリオ
出血の危険性が増大する可能性があります。

エリキュースの副作用

重篤な副作用

出血、間質性肺炎疾患、肝機能障害、急性腎障害

その他の副作用

免疫系 過敏症
神経系 味覚異常、くも膜下出血、三叉神経痛、脳出血、頭蓋内または脊髄内出血
眼出血、眼充血
血管 血腫、腹腔内出血
呼吸器、胸郭および縦隔 鼻出血、喀血、咳嗽、気道出血
胃腸 歯肉出血、胃腸出血、消化不良、便潜血陽性、口腔内出血、便秘、腹部不快感、上腹部痛、血便排泄、下痢、逆流性食道炎、悪心、直腸出血、痔出血、後腹膜出血、吐血、マロリー・ワイス症候群、出血性消化性潰瘍
肝胆道 血中ビリルビン増加、γ-GTP増加、肝機能異常
腎および尿路障害 血尿、尿中血陽性、尿中蛋白陽性
生殖系および乳房 前立腺炎、膣出血、不規則月経、不正出血、尿生殖器出血、月経過多
傷害、中毒および処置合併症 挫傷、処置後出血、外傷性出血、切開部位出血、血管偽動脈瘤
皮膚および皮下組織 円形脱毛症、そう痒症、紫斑、膿疱性乾癬、顔面腫脹、水疱、点状出血、皮膚びらん、斑状出血、出血性皮膚潰瘍
その他 初期不眠症、疲労、血小板減少症、血中ブドウ糖変動、高尿酸血症、血中ブドウ糖増加、血中CK増加、末梢性浮腫、動悸、適用部位出血、注射部位血腫、血管穿刺部位血腫

エリキュースの保管方法

・直射日光や高温多湿を避けて保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

 

エリキュースの口コミ

0件の口コミ

星5
 
0%
星4
 
0%
星3
 
0%
星2
 
0%
星1
 
0%

評価の高い口コミ

  • 件のいいね

良い評価の口コミが投稿されていません。

評価の低い口コミ

  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

投稿フォーム

商品口コミの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。

電話注文