電話番号

サイリル

サイリル1
  • サイリル1
  • サイリル2
  • サイリル3
  • サイリル4
  • 抗うつ剤
  • 統合失調症

★ ★ ★ ★ 6件の口コミ

商品名 サイリル
成分

チオリダジン

効果 統合失調症改善
副作用 発熱、生理不順、体重増加など
飲み方 1日3回、50~100mgを開始用量として、水やぬるま湯で服用する。
製造元 Consern

サイリル 10mg100錠

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
10mg100錠 × 1箱 4,500(4,500円/箱 3,460(3,460円/箱 103pt
10mg100錠 × 2箱 7,900(3,950円/箱 6,060(3,030円/箱 181pt

サイリル 25mg100錠

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
25mg100錠 × 1箱 5,700(5,700円/箱 4,360(4,360円/箱 130pt
25mg100錠 × 2箱 10,100(5,050円/箱 7,760(3,880円/箱 232pt

サイリル 50mg100錠

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
50mg100錠 × 1箱 6,500(6,500円/箱 4,960(4,960円/箱 148pt

サイリル 100mg100錠

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
100mg100錠 × 1箱 8,100(8,100円/箱 6,160(6,160円/箱 184pt

店長のオススメポイント

  • 統合失調症の陽性、陰性症状の両方に効く
  • うつ病や神経症などにも効果が期待できる
  • 1万円以上で送料無料
  • プライバシー守る安心梱包
  • 100%メーカー正規品取り扱い
  • いつでも購入可能 処方箋不要
  • 商品到着100%
  • コンビニ決済利用可能

おすすめの類似商品

リスパダール・ジェネリック セロクエル・ジェネリック アリピプラゾール
商品名

リスパダール・ジェネリック

セロクエル・ジェネリック

アリピプラゾール

価格

3360

4860

6560

メーカー

Sun Pharma

Actavis

Intas Pharmaceuticals

商品詳細

サイリルについて

サイリルは、統合失調症による陽性症状へ効果を発揮する抗精神病薬です。
有効成分としてチオリダジンが配合されており、脳内に存在する特定のドーパミン受容体に作用してその働きを遮断します。
これによってドーパミン神経の過剰な活動を抑え、脳内で行われている情報伝達系の混乱を改善し、統合失調症の陽性症状を抑えます。
陽性症状の他に、感覚鈍麻や思考・意欲減退といった陰性症状にも効果が期待できるのが特徴です。

サイリルの効果

有効成分のチオリダジンは、抗精神病薬としての効果がある成分です。
脳に存在するドーパミン2受容体に対して作用し、その働きを遮断することでドーパミン神経の過剰な活動を抑える効果をもちます。
この作用によって脳内の情報伝達系の混乱を改善し、妄想や幻覚、混乱、興奮など統合失調症の陽性症状を抑えます。
このように、特定の神経伝達物質の働きを抑えることで症状を改善へと導くのが特徴です。

用法用量

サイリルの服用・使用方法

服用・使用量について

1日3回、50~100mgを開始用量とし、水やぬるま湯と一緒に服用します。
必要に応じて1日最大800mgまで徐々に増量し、症状の効果的な制御が達成されたら用量を徐々に減らしていき、最小維持用量を決定します。
1日の総服用量は200mgから800mgの範囲で、2回から4回に分けて服用してください。

服用・使用のタイミングについて

特に定められていません。

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

アルコールの影響はありません。

サイリルの服用・使用時の注意点

これらに該当する方はサイリルを服用・使用できない、または慎重に服用・使用する必要があります。

サイリルを服用できない方

  • ・先天性QT延長症候群または心不整脈の病歴がある方
  • ・P450 2D6の活性レベルの低下につながる遺伝的欠陥を有する方
  • ・薬物誘発性の中枢神経系抑制を含む重度の中枢神経系抑制または何らかの原因による昏睡状態にある方
  • ・極度の高血圧性または低血圧性心疾患の症状がある方
  • ・配合されている有効成分に対する過敏症の既往歴がある方

併用禁忌

併用禁忌

QT間隔を延長することが知られている薬剤 フルオキセチン、パロキセチン、フルボキサミン、プロプラノロール、ピンドロール
チオリダジンの代謝を大きく阻害し、QT間隔の延長を増大させると考えられており、重篤で潜在的に致死的な心臓不整脈のリスクを高める可能性があります。
CYP2D6阻害薬 カイロック、タガメット、シメチジン、プリンペラン、メトクロプラミド、塩酸メトクロプラミド、テネリア、パナルジン、チクロピジン、チクロピジン塩酸塩、オラデオ、メトリジン、ミドドリン塩酸塩、アプレゾリン、ベプリコール、ベプリジル塩酸塩、ラミシール、テルビナフィン塩酸塩、テルビナフィン、クレマスチン、タベジール、ベタニス、レグパラ、ビジンプロ、ファリーダック、セレコックス、セレコキシブ、ディアコミット、クロルプロマジン塩酸塩、コントミン、ウインタミン、シクレスト、パキシル、パロキセチン、デプロメール、ルボックス、フルボキサミンマレイン酸塩、レクサプロ、エスシタロプラム、サインバルタ、デュロキセチン、エクリラ、ポララミン、d-クロルフェニラミンマレイン酸塩、ホメピゾール
併用することにより、チオリダジンの血漿レベルが上昇することが示唆されています。

併用注意

抗てんかん薬、その他の安定剤 テグレトール、カルバマゼピン、ラミクタール、ラモトリギン、エクセグラン、ゾニサミド、トレリーフ、イーケプラ、レベチラセタム、トピナ、トピラマート、フィコンパ、アレビアチン、ヒダントール、ガバペン、セレニカ、デパケン、バルプロ酸Na、バルプロ酸ナトリウム、フェノバルビタール、フェノバール、ランドセン、リボトリール、マイスタン、ドルミカム、ミダゾラム、ブコラム、ミダフレッサ、ジアゼパム、セルシン、ホリゾン、ダイアップ、ワイパックス、ロラゼパム、ロラピタ、ビムパット、ミノアレ、エピレオプチマル、ザロンチン、クランポール、オスポロット、ディアコミット、臭化カリウム
これらの医薬品との併用により、作用が強まりすぎたり、副作用が強まったりするおそれがあります。
抗パーキンソン病薬 ドパストン、ドパゾール、パーロデル、ブロモクリプチン、カバサール、カベルゴリン、ハルロピ、レキップ、ロピニロール、ニュープロ、ペルマックス、ペルゴリド、メシル酸ペルゴリド、アポカイン、ミラペックス、プラミペキソール塩酸塩、ビ・シフロール、ドプス、ドロキシドパ、コムタン、エンタカポン、オンジェンティス、デュオドーパ、ネオドパストン、メネシット、カルコーパ、ドパコール、レプリントン、イーシー・ドパール、ネオドパゾール、マドパー、スタレボ、シンメトレル、アマンタジン塩酸塩、エフピー、セレギリン塩酸塩、アジレクト、エクフィナ、アーテン、セドリーナ、トリヘキシフェニジル塩酸塩、パーキネス、トリヘキシフェニジル塩酸塩、アキネトン、ビペリデン塩酸塩、乳酸ビペリデン、トリモール、ノウリアスト
併用することにより、互いの医薬品の作用が弱まるおそれがあります。
降圧薬 ミケラン、ミニプレス、ロンゲス、リシノプリル、ビソノ、ローガン、チバセン、イミダプリル塩酸塩、アイミクス、ミカルディス、ピンドロール、アムバロ、ベック、コバシル、デタントール、ヒドロクロロチアジド、レニベース、アテディオ、メディトランス、セタプリル、ベニジピン、アムロジン、ブロプレス、スプレンジール、ロサルタンK、エンレスト、テルチア、ニトロペン、シルニジピン、ベハイド、エナラプリルマレイン酸塩、コニール、カルベジロール、ヘルベッサー、メフルシド、カンデサルタン、ザクラス、ヒポカ、バルサルタン、イルベサルタン、フェロジピン、テルミサルタン、バルヒディオ、ジルムロ、ニカルジピン塩酸塩、アロチノロール塩酸塩、メチルドパ、メインテート、セパミット、ペリンドプリル、ミカムロ、アデカット、セララ、ニトレンジピン、ミリス、カルテオロール塩酸塩、ロサルヒド、アジルバ、イルアミクス、カムシア、スピロノラクトン、ニューロタン、メトプロロール酒石酸塩、ペルジピン、ニフェジピン、オルメサルタン、アバプロ、インデラル、カプトプリル、オドリック、イルベタン、エブランチル、アルセノール、カルバン、ニトロダーム、レザルタス、カタプレス、アテノロール、バイロテンシン、エースコール、ミカトリオ、ペリンドプリルエルブミン、塩酸ベニジピン、バイカロン、ニトログリセリン、ランデル、ベナゼプリル塩酸塩、エカード、アルドメット、ミニトロ、プロプラノロール塩酸塩、ケルロング、テナキシル、ジルチアゼム塩酸塩、エックスフォージ、ドキサゾシン、テモカプリル塩酸塩、セレクトール、バソメット、ビソプロロールフマル酸塩、ノルモナール、カルブロック、ミリスロール、バソレーター、ラベタロール塩酸塩、カルビスケン、テノーミン、カデチア、アルダクトン、マニジピン塩酸塩、アラセプリル、ラジレス、セリプロロール塩酸塩、ミコンビ、セロケン、ナトリックス、プレミネント、テラムロ、タナトリル、フルイトラン、ノルバスク、ベニジピン塩酸塩、ニバジール、アダラート、ベタキソロール塩酸塩、ミオコール、ワイテンス、コディオ、ニトプロ、トリクロルメチアジド、ロサルタンカリウム、カルデナリン、ナディック、アテレック、アムロジピン、トリテレン、トランデート、トランドラプリル、アプレゾリン、カプトリル、ディオバン、アゼルニジピン、ニルバジピン、ハイパジール、サプレスタ、アーチスト、カルスロット、イルトラ、ゼストリル、ユニシア、オルメテック、ロプレソール
併用することにより、めまいや立ちくらみなどの副作用が起こりやすくなるおそれがあります。
吐き気止め ドンペリドン、メトクロプラミド
内分泌異常や手の震えなどの副作用が起こりやすくなるおそれがあります。

サイリルの副作用

重篤な副作用

悪性症候群、遅発性ジスキネジア、重度の不整脈、再生不良性貧血、溶血性貧血、重度の血液成分の異常、麻痺性イレウス、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、SLE様症状、重度の肝臓の症状、眼障害

その他の副作用

中枢神経系 眠気、偽パーキンソニズム、錐体外路症状、夜間の混乱、多動、嗜眠、精神異常反応、落ち着きのなさ、頭痛、めまい
自律神経系 口渇、眼のかすみ、便秘、吐き気、下痢、鼻詰まり、顔面蒼白
内分泌系 乳汁漏出、乳房充血、無月経、射精抑制、末梢浮腫
皮膚 蕁麻疹、皮疹、光過敏症、発疹
心臓血管系 QT延長、立ちくらみ、血圧低下、動機、不整脈
錐体外路症状 指や手足の震え、体のこわばり・つっぱり・ひきつけ、動作が鈍い、無表情、よだれが多い、目の異常運動、舌のもつれ、じっとできない、ソワソワ感、うまく歩けない
消化器 吐き気、食欲不振、食欲亢進
排尿障害 尿閉、失禁
その他 体重増加、生理不順、女性化乳房、発熱

サイリルの保管方法

・高温多湿の環境を避け、直射日光が当たらない場所で保管してください。
・誤飲や誤用を防ぐため、小さなお子様の手の届かないところに保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

 

サイリルの口コミ

★ ★ ★ ★ 6件の口コミ

星5
 
17%
星4
 
50%
星3
 
17%
星2
 
17%
星1
 
0%

評価の高い口コミ

  • 匿名さん
  • ★★★★
  • 38件のいいね

大きすぎないので飲みやすいですね。ピンク色なので可愛いです。錠剤もたくさん入っているので助かります。副作用はありましたが、飲み続けているうちに気にならなくなったので私は大丈夫そうです。

評価の低い口コミ

  • 匿名さん
  • ★★
  • 43件のいいね

飲んだ後にはどうしても頭痛がします。それ以外の副作用はないですが、ちょっと飲めそうにないですね。

並び替え:

  • ★★★

吐き気はしないので飲めそうです。もうちょっと様子をみながら飲んでみます。

  • ★★

飲んだ後にはどうしても頭痛がします。それ以外の副作用はないですが、ちょっと飲めそうにないですね。

  • ★★★★★

手放せない存在です。幻聴や幻覚がひどいので生活にも支障が出ていましたが、今では普通に生活ができるほど改善しました。1度も副作用がなかったので、私に合った薬が見つかって良かったです。

  • ★★★★

大きすぎないので飲みやすいですね。ピンク色なので可愛いです。錠剤もたくさん入っているので助かります。副作用はありましたが、飲み続けているうちに気にならなくなったので私は大丈夫そうです。

  • ★★★★

自分の言動や行動などで友達や家族に迷惑をかけていましたが、サイリルのおかげで落ち着いてきました。まだ飲まないと不安なので、これからも飲み続けようと思います。

  • ★★★★

50mgから飲み始めた時は何も変化を感じませんでしたが、徐々に用量を増やしていくと効果を実感してきました。副作用もそこまで無かったので良かったです。

投稿フォーム

商品口コミの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。

電話注文