電話番号

タケプロンジェネリック

タケプロンジェネリック1
  • タケプロンジェネリック1
  • タケプロンジェネリック2
  • タケプロンジェネリック3
  • タケプロンジェネリック4
  • 常備薬
  • 胃薬

★ ★ ★ ★ 4件の口コミ

商品名 タケプロンジェネリック
成分

ランソプラゾール

効果 逆流性食道炎・胃潰瘍等の改善
副作用 発熱、総コレステロールの上昇・低下、倦怠感など
飲み方 1日1回、1回につき30mgを水やぬるま湯で服用する。
製造元 Mylan、Aurobindo Pharma
在庫
この商品は現在売り切れとなっております。
以下の類似商品をぜひご確認くださいませ。
アクタプロ
  • 弱った胃の運動を活発に
  • 食後膨満感や早期満腹感を改善
 
トリブダットフォルテ
  • 胃腸の調子を整える
  • 用量によって作用が異なる

タケプロンジェネリック 30mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
30mg × 30錠 5,800(193円/錠 4,460(149円/錠 133pt

店長のオススメポイント

  • 国内で使われているタケプロンのジェネリック医薬品
  • 強力に胃酸の分泌を抑制できる
  • 1万円以上で送料無料
  • プライバシー守る安心梱包
  • 100%メーカー正規品取り扱い
  • いつでも購入可能 処方箋不要
  • 商品到着100%
  • コンビニ決済利用可能

おすすめの類似商品

プラベックス パリエット モティリウム
商品名

プラベックス

パリエット

モティリウム

価格

3860

3760

3360

メーカー

Sandoz

エーザイ

Deva Holding

商品詳細

タケプロンジェネリックについて

タケプロンジェネリックは、逆流性食道炎や胃潰瘍などの胃腸症状を改善する治療薬です。
プロトンポンプ阻害薬としての働きがあり、有効成分としてランソプラゾールという成分が配合されています。
服用することにより、ランソプラゾールが胃粘膜に存在する特定の酵素と結びついて、酵素活性を抑制します。
これによってプロトンポンプとしての機能を阻害し、胃酸の分泌量を抑え、胃酸の影響によって引き起こされていた症状を改善します。
難治性の潰瘍にも優れた効果を発揮する成分が使われており、効果的に症状を改善へと導くことができます。

タケプロンジェネリックの効果

有効成分として配合されているランソプラゾールは、逆流性食道炎や胃潰瘍による症状に対して効果的な成分です。
国内で二番目のプロトンポンプ阻害薬であるタケプロンと同じ成分が使われており、服用することによって、胃粘膜壁細胞の酸生成部位へ移行します。
そして、胃粘膜に存在するH+,K+_ATpaseという特定の酵素と結合して酵素活性を抑制し、プロトンポンプとしての機能を阻害します。
このような仕組みによって胃酸の分泌を強力に抑え、逆流性食道炎や胃潰瘍といった症状を改善へと導きます。

用法用量

タケプロンジェネリックの服用・使用方法

服用・使用量について

・胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、Zollinger-Ellison症候群の場合
1日1回、1回あたり30mgを水やぬるま湯と一緒に服用してください。
なお、継続して服用できるのは胃潰瘍、吻合部潰瘍では8週間まで、十二指腸潰瘍では6週間までとなっています。

・逆流性食道炎
1日1回、1回あたり30mgを水やぬるま湯と一緒に服用します。
通常8週間までの服用とし、再発と再燃を繰り返す逆流性食道炎の維持療法においては1日1回、1回につき15mgを服用してください。
効果が不十分な場合は、1日1回30mgを服用することができます。

服用・使用のタイミングについて

特に定められていません。

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

アルコールの影響はありません。

タケプロンジェネリックの服用・使用時の注意点

これらに該当する方はタケプロンジェネリックを服用・使用できない、または慎重に服用・使用する必要があります。

タケプロンジェネリックを服用できない方

  • ・アタザナビル硫酸塩、リルピビリン塩酸塩を服用中の方
  • ・配合されている有効成分に対する過敏症の既往歴がある方

併用禁忌

併用禁忌

アタザナビル硫酸塩 レイアタッツ
併用することにより、アタザナビル硫酸塩の作用を減弱するおそれがあります。
リルピビリン塩酸塩 エジュラント
併用により、リルピビリン塩酸塩の作用を減弱するおそれがあります。

併用注意

テオフィリン テオドール、テオフィリン、テオロング、ユニコン、ユニフィル
テオフィリンの血中濃度が低下することがあります。
タクロリムス水和物 タリムス、プロトピック、タクロリムス、グラセプター、プログラフ
併用により、タクロリムスの血中濃度が上昇することがあります。
ジゴキシン、メチルジゴキシン ジゴキシン、ジゴシン、メチルジゴキシン、ラニラピッド
これらの医薬品の作用を増強する可能性があります。
イトラコナゾール、チロシンキナーゼ阻害薬 イトリゾール、イトラコナゾール、グリベック、イマチニブ、ダサチニブ、スプリセル、タシグナ、ボシュリフ、アイクルシグ、セムブリックス、イレッサ、ゲフィチニブ、タルセバ、エルロチニブ、ジオトリフ、タグリッソ、ビジンプロ、アービタックス、ベクティビックス、ポートラーザ、タイケルブ、ハーセプチン、トラスツズマブBS、パージェタ、カドサイラ、エンハーツ、インライタ、ペマジール、リトゴビ、スーテント、ヴォトリエント、カプレルサ、スチバーガ、カボメティクス、レンビマ、ヴァンフリタ、ゾスパタ、タブレクタ、テプミトコ、ザーコリ、ジカディア、アレセンサ、アルンブリグ、ローブレナ、イムブルビカ、カルケンス、ベレキシブル、ネクサバール、オフェブ、ヴァイトラックビ、ロズリートレク、レットヴィモ、タバリス
併用することにより、これらの医薬品の作用を減弱する可能性があります。ボスチニブ水和物との併用は可能なかぎり避けてください。
酸化マグネシウム 酸化マグネシウム、重カマ、重質酸化マグネシウム、マグミット
酸化マグネシウムの緩下作用が減弱するおそれがあります。
メトトレキサート メトジェクト、リウマトレックス、メトトレキサート、メソトレキセート
併用により、メトトレキサートの血中濃度が上昇することがあります。
フェニトイン、ジアゼパム アレビアチン、ヒダントール、ジアゼパム、セルシン、ホリゾン、ダイアップ
併用により、これらの医薬品の作用を増強する可能性があります。

タケプロンジェネリックの副作用

重篤な副作用

アナフィラキシー、ショック、汎血球減少、無顆粒球症、溶血性貧血、顆粒球減少、血小板減少、貧血、肝機能障害、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、間質性肺炎、尿細管間質性腎炎、視力障害、偽膜性大腸炎等の血便を伴う重篤な大腸炎

その他の副作用

皮膚 亜急性皮膚エリテマトーデス
肝臓 AST、ALT、Al-P、LDH、γ-GTP、ビリルビンの上昇
血液 好酸球増多、好中球減少、白血球増多、貧血、血小板減少
消化器 便秘、下痢、口渇、腹部膨満感、大腸炎、悪心、嘔吐、食欲不振、腹痛、カンジダ症、味覚異常、口内炎、舌炎、軟便、胸やけ、胃食道逆流、排便回数増加
精神神経系 頭痛、眠気、うつ状態、不眠、めまい、振戦、しびれ感
過敏症 発疹、そう痒、多形紅斑
その他 発熱、総コレステロール、尿酸の上昇、女性化乳房、浮腫、倦怠感、舌・口唇の痺れ感、四肢の痺れ感、筋肉痛、脱毛、かすみ目、脱力感、関節痛、低ナトリウム血症、低マグネシウム血症、低カリウム血症、低カルシウム血症、トリグリセライド、尿酸の上昇、総コレステロールの上昇・低下、尿蛋白陽性、尿糖陽性、倦怠感

タケプロンジェネリックの保管方法

・高温多湿の環境を避け、直射日光が当たらない場所で保管してください。
・誤飲や誤用を避けるため、小さなお子様の手の届かないところに保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

 

タケプロンジェネリックの口コミ

★ ★ ★ ★ 4件の口コミ

星5
 
50%
星4
 
0%
星3
 
50%
星2
 
0%
星1
 
0%

評価の高い口コミ

  • 匿名さん
  • ★★★★★
  • 37件のいいね

ファモチジンよりも錠剤は少ないですけど、こっちの方が効き目が早いですね!今度からこっちにします!

評価の低い口コミ

  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

  • ★★★

他の薬では効き目が弱くなってきたので、こちらを購入しました。少しだけ副作用を感じましたが、数日で効いてくれたので良かったです。結構必要な薬なので、まとめ買いで安く買えるとありがたいですね。

  • ★★★★★

逆流性食道炎にちょこちょこなるのでこの薬は必需品です。すぐに治ってくれるので、仕事に影響されなくてすみます。常備しておかないと怖いくらいですね。

  • ★★★★★

ファモチジンよりも錠剤は少ないですけど、こっちの方が効き目が早いですね!今度からこっちにします!

  • ★★★

ストレスからなのか吐き出すことが多いので買ってみました。意外と届くのが早かったので良かったです。早速今日から飲んでみます。

投稿フォーム

商品口コミの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。

電話注文