電話番号

ベタック

ベタック1
  • ベタック1
  • ベタック2
  • ベタック3
  • ベタック4
  • 生活習慣病
  • 高血圧・高脂血症

★ ★ ★ ★ 6件の口コミ

商品名 ベタック
成分

ベタキソロール塩酸塩

効果 高血圧症や狭心症の改善
副作用 頭痛、めまい、眠気など
飲み方 5~10mgを1日1回、服用する。
製造元 Medochemie

ベタック 10mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
10mg × 30錠 4,900(163円/錠 3,760(125円/錠 112pt
10mg × 60錠 6,400(106円/錠 4,860(81円/錠 145pt
10mg × 90錠 7,700(85円/錠 5,860(65円/錠 175pt

店長のオススメポイント

  • 血液量を減少させて血圧を下げる
  • 心臓の負担を減らす
  • 1万円以上で送料無料
  • プライバシー守る安心梱包
  • 100%メーカー正規品取り扱い
  • いつでも購入可能 処方箋不要
  • 商品到着100%
  • コンビニ決済利用可能

おすすめの類似商品

グロピール カーディバス アテレックジェネリック
商品名

グロピール

カーディバス

アテレックジェネリック

価格

4460

7960

5760

メーカー

GAP

Sun Pharma

Intas Pharmaceuticals

商品詳細

ベタックについて

ベタックは、高血圧症や狭心症を改善する医薬品です。
心臓にある交感神経のβ受容体を遮断する作用を持っているベタキソロール塩酸塩が有効成分として含まれています。
ベタキソロール塩酸塩の持つ作用により、血管における血液量が減少して血圧が下がるため、高血圧症を改善できます。
また、心臓の仕事量を減らすことで、心臓の負担が減るため、慢性心不全や狭心症の改善にも効果的です。

ベタックの効果

ベタキソロール塩酸塩は、心臓の機能に関与している交感神経のβ受容体を遮断する作用を持っている成分です。
この作用により、心臓の拍動を減少させて、血液を送り出す量を減らすことで、血液量の減少による血圧低下を起こします。
上記の働きから高血圧症を改善できるほか、心臓の負担を減らす効果もあるため狭心症の改善にも活用されています。

用法用量

ベタックの服用・使用方法

服用・使用量について

・本態性高血圧症
5~10mgを1日1回、服用します。
なお、年齢や症状により適宜増減できますが、最高用量は1日1回20mgまでです。

・腎実質性高血圧症
5mgを1日1回、服用します。
なお、年齢や症状により適宜増減できますが、最高用量は1日1回10mgまでです。

・狭心症
10mgを1日1回、服用します。
なお、年齢や症状により適宜増減できますが、最高用量は1日1回20mgまでです。

服用・使用のタイミングについて

指定されていません。

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

アルコールの影響はありません。

ベタックの服用・使用時の注意点

これらに該当する方はベタックを服用・使用できない、または慎重に服用・使用する必要があります。

ベタックを服用できない方

  • ・ベタックの成分に対して過敏症の既往歴がある人
  • ・糖尿病性ケトアシドーシス、代謝性アシドーシスのある人
  • ・高度の徐脈、房室ブロック、洞房ブロックのある人
  • ・心原性ショックのある人
  • ・肺高血圧による右心不全のある人
  • ・うっ血性心不全のある人
  • ・未治療の褐色細胞腫またはパラガングリオーマの人
  • ・妊婦または妊娠している可能性のある女性

併用禁忌

併用禁忌

ありません。

併用注意

交感神経抑制剤 レセルピン
過剰の交感神経抑制を来すことがあります。
血糖降下剤 ノボリン、ヒューマリン、トルブタミド、ジメリン
血糖降下作用を増強することがあります。
カルシウム拮抗剤 アムロジン、ノルバスク、アムロジピン、アムロジピン; アムロジピン、スプレンジール、フェロジピン、ペルジピン、ニカルジピン塩酸塩、アダラート、セパミット、ニフェジピン、バイロテンシン、ニトレンジピン、ニバジール、ニルバジピン、カルスロット、マニジピン塩酸塩、ヒポカ、アテレック、シルニジピン、コニール、ベニジピン、ベニジピン塩酸塩、塩酸ベニジピン、ワソラン、ベラパミル塩酸塩、ヘルベッサー、ジルチアゼム塩酸塩、ベプリコール、ベプリジル塩酸塩、トピナ、トピラマート、カルブロック、アゼルニジピン、ランデル、エピレオプチマル、ザロンチン、セレニカ、デパケン、バルプロ酸Na、バルプロ酸ナトリウム、エクセグラン、ゾニサミド、トレリーフ、ミグシス
徐脈、房室ブロック等の伝導障害、うっ血性心不全があらわれることがあります。
クロニジン カタプレス
クロニジン投与中止後のリバウンド現象を増強するおそれがあります。
クラスI抗不整脈薬 キニジン硫酸塩、アミサリン、リスモダン、ジソピラミド、ジソピラミドリン酸塩、シベノール、シベンゾリンコハク酸塩、ピメノール、ペンレス、キシロカイン、リドカイン、リドカイン塩酸塩、メキシチール、メキシレチン塩酸塩、アスペノン、アプリンジン塩酸塩、プロノン、プロパフェノン塩酸塩、タンボコール、フレカイニド酢酸塩、サンリズム、ピルシカイニド塩酸塩
過度の心機能抑制があらわれることがあります。
麻酔剤 イソフルラン、スープレン、セボフレン、セボフルラン、アネスタ、亜酸化窒素、液化亜酸化窒素、笑気、ラボナール、イソゾール、チトゾール、デュロテップ、ワンデュロ、フェンタニル、ラフェンタ、アブストラル、イーフェン、フェントス、フェンタニルクエン酸塩、アルチバ、レミフェンタニル、ケタラール、ディプリバン、プロポフォール、プロカイン塩酸塩、プロカニン、ロカイン、塩プロ、塩酸プロカイン、テトカイン、ジンジカイン、ハリケイン、ビーゾカイン、マーカイン、ペンレス、キシロカイン、リドカイン、リドカイン塩酸塩、カルボカイン、メピバカイン塩酸塩、塩酸メピバカイン、スキャンドネスト、アナペイン、ポプスカイン、ストロカイン、パオスクレー、グリヘノブルー、フェノール、消毒用フェノール、液状フェノール、カルボール、フェノール水、消毒用フェノール水、オキシブプロカイン、オキシブプロカイン塩酸塩、ネオベノール、ベノキシール、ラクリミン、テーカイン
過剰の交感神経抑制を来すおそれがあります。
ジギタリス製剤 ジゴキシン、ジゴシン、ジギラノゲン、メチルジゴキシン、ラニラピッド
心刺激伝導障害があらわれることがあります。
非ステロイド性消炎鎮痛剤 スルピリン、ジクトル、ナボール、ボルタレン、ジクロフェナクNa、ジクロフェナクナトリウム、ジクロード、セルタッチ、ナパゲルン、フェルビナク、ブロナック、ブロムフェナクNa、インテバン、インドメタシン、アコニップ、イドメシン、インサイド、インテナース、カトレップ、コリフメシン、ゼムパック、ハップスター、ラクティオン、インフリー、インダシン、ランツジール、ミリダシン、クリノリル、オステラック、ハイペン、エトドラク、ジルダザック、ベンダザック、ネバナック、バキソ、ピロキシカム、フェルデン、ロルカム、ロルノキシカム、モービック、メロキシカム、フルカム、ブルフェン、イブプロフェン、スタデルム、ベシカム、イブリーフ、ナイキサン、カピステン、ケトプロフェン、セクター、ミルタックス、モーラス、スルプロチン、スレンダム、トパルジック、フロベン、アドフィード、ゼポラス、フルルバン、ヤクバン、フルルビプロフェン、ロピオン、アルボ、ロキソニン、ロキソプロフェン、ロキソプロフェンNa、ロキソプロフェンナトリウム、プラノプロフェン、ニフラン、ソレトン、ペオン、ザルトプロフェン、ポンタール、コンベック、フエナゾール、オパイリン、セレコックス、セレコキシブ、レリフェン、アスピリン、バイアスピリン、サリチル酸Na、サリチル酸ナトリウム、エテンザミド、アザルフィジン、サラゾピリン、サラゾスルファピリジン、アサコール、ペンタサ、メサラジン、リアルダ、サリチル酸メチル、アズノール、アーズミン、AZ、アズレン、アズレイ、ソランタール、パラミヂン
べタックの降圧作用が減弱することがあります。
降圧作用を有する他の薬剤 カプトリル、レニベース、エナラプリルマレイン酸塩、ロンゲス、リシノプリル、コバシル、ペリンドプリル、ペリンドプリルエルブミン、チバセン、ベナゼプリル塩酸塩、オドリック、トランドラプリル、アデカット、エースコール、テモカプリル、テモカプリル塩酸塩、タナトリル、イミダプリル塩酸塩、セタプリル、アラセプリル、ニューロタン、ロサルタンK、ロサルタンカリウム、ディオバン、バルサルタン、アバプロ、イルベタン、イルベサルタン、ブロプレス、カンデサルタン、ミカルディス、テルミサルタン、オルメテック、オルメサルタン、アジルバ、アジルサルタン、ラジレス、ヒドロクロロチアジド、フルイトラン、トリクロルメチアジド、ベハイド、バイカロン、メフルシド、テナキシル、ナトリックス、ノルモナール、アルダクトン、スピロノラクトン、セララ、エプレレノン、ミネブロ、トリテレン、アムロジピン、アムロジン、ノルバスク、スプレンジール、フェロジピン、ペルジピン、ニカルジピン塩酸塩、アダラート、セパミット、ニフェジピン、バイロテンシン、ニトレンジピン、ニジバール、ニルバジピン、カルスロット、マニジピン塩酸塩、ヒポカ、アテレック、シルニジピン、コニール、ベニジピン、ベニジピン塩酸塩、塩酸ベニジピン、カルブロック、アゼルニジピン、ランデル、ヘルベッサー、ジルチアゼム塩酸塩、アルドメット、メチルドパ、カタプレス、ワイテンス、アプレゾリン、ニトログリセリン、ミリスロール、ニトロダーム、バソレーター、ミオコール、ミニトロ、ミリス、ミリスロール、ニトログリセリン、ニトロペン、バソレーター、ニトプロ、セロケン、ロプレソール、メトプロロール酒石塩酸、テノーミン、アテノロール、アルセノール、ケルロング、ベタキソロール塩酸塩、ビソノ、メインテート、ビソプロロールフマル酸塩、セレクトール、セリプロロール塩酸塩、カルビスケン、ピンドロール、インデラル、プロプラノロール塩酸塩、ナディック、ミケラン、カルテオロール塩酸塩、ハイパジール、トランデート、ラベタロール塩酸塩、アーチスト、カルベジロール、カルバン、ローガン、アロチノロール塩酸塩、ミニプレス、カルデナリン、ドキサゾシン、エブランチル、バソメット、デタントール、プレミネント、ロサルヒド、コディオ、バルヒディオ、イルトラ、エカード、カデチア、ミコンビ、テルチア、エックスフォージ、アムバロ、ミカムロ、テラムロ、アイミクス、イルアミクス、ユニシア、カムシア、レザルタス、ザクラス、ジルムロ、アテディオ、エンレスト、ミカトリオ
降圧作用を増強することがあります。
レミフェンタニル塩酸塩 アルチバ、レミフェンタニル
徐脈、血圧低下などの作用が増強することがあります。
フィンゴリモド塩酸塩 イムセラ、ジレニア
フィンゴリモド塩酸塩の服用開始時にベタックを併用すると、重度の徐脈や心ブロックが認められることがあります。

ベタックの副作用

重篤な副作用

完全房室ブロック、心胸比増大、心不全

その他の副作用

循環器 徐脈、動悸、胸痛、レイノー現象、洞停止、低血圧、心電図異常、房室ブロック
ちらつき、涙液分泌減少、霧視
過敏症 蕁麻疹、そう痒、発疹
精神神経系 らふら感、頭痛、めまい、ぼんやり、眠気、不眠、幻覚、悪夢、蟻走感、うつ状態
消化器 下痢、口渇、悪心、胃部不快感、胃痛、嘔吐
肝臓 肝機能障害
呼吸器 呼吸困難、喘息症状
腎臓 BUN上昇
その他 倦怠感、疲労感、しびれ感、耳鳴、熱感、発汗、浮腫、尿酸値上昇、中性脂肪上昇、コレステロール上昇、高血糖、CK上昇、HDL-コレステロール低下、脱力感、インポテンス

ベタックの保管方法

・直射日光や高温多湿を避けて保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

 

ベタックの口コミ

★ ★ ★ ★ 6件の口コミ

星5
 
33%
星4
 
17%
星3
 
17%
星2
 
33%
星1
 
0%

評価の高い口コミ

  • 匿名さん
  • ★★★★
  • 45件のいいね

症状がましになってきたので、毎日が快適に過ごせるようになってきました。数値も下がってきているので良かったです。まだ正常値内にはおさまっていないので、もうしばらく続けてみます。

評価の低い口コミ

  • 匿名さん
  • ★★
  • 40件のいいね

この前病院にも行けそうにもなかったので、前もって購入しておいたベタックを飲みました。どうやら私には副作用がきつかったです。申し訳ないのですが、ちゃんと処方された薬を飲む事にします。

並び替え:

  • ★★★★

症状がましになってきたので、毎日が快適に過ごせるようになってきました。数値も下がってきているので良かったです。まだ正常値内にはおさまっていないので、もうしばらく続けてみます。

  • ★★

この前病院にも行けそうにもなかったので、前もって購入しておいたベタックを飲みました。どうやら私には副作用がきつかったです。申し訳ないのですが、ちゃんと処方された薬を飲む事にします。

  • ★★★

常備薬として買いました。これなら万が一薬を切らしてしまってもすぐに飲めるので安心です。

  • ★★★★★

病院で処方してもらった方が安全ですが、安く手に入るなら私はこちらを選びますね。ベタックでも高血圧の症状を抑えてくれているので、引き続き服用させてもらいます。

  • ★★

格安で薬が買えるのは良かったです。ただ、2箱飲んでも一向に血圧が下がってくれないので、私には効果が薄いみたいです。

  • ★★★★★

数ヶ月前からこちらを利用し始めました。安く買えたのでありがたいです。長く服用するものなので、なるべく薬代は抑えておきたいですから。薬の方も問題なく服用できているので、今後もお世話になります。

投稿フォーム

商品口コミの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。

電話注文