電話番号

アリピゾル

アリピゾル1
  • アリピゾル1
  • アリピゾル2
  • アリピゾル3
  • アリピゾル4
  • 抗うつ剤
  • 統合失調症

★ ★ ★ ★ ★ 8件の口コミ

商品名 アリピゾル
成分

アリピプラゾール

効果 抗うつ剤/精神安定剤
副作用 鼻炎、便秘、頻脈など
飲み方 1日1~2回に分けて、6~24mgを水かぬるま湯で服用します。
製造元 Sun Pharmaceutical

アリピゾル 5mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
5mg × 10錠 1,700(170円/錠 1,260(126円/錠 37pt

アリピゾル 10mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
10mg × 10錠 1,800(180円/錠 1,360(136円/錠 40pt
10mg × 30錠 5,100(170円/錠 3,860(129円/錠 115pt

アリピゾル 15mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
15mg × 10錠 2,200(220円/錠 1,660(166円/錠 49pt

アリピゾル 20mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
20mg × 10錠 3,000(300円/錠 2,260(226円/錠 67pt

アリピゾル 30mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
30mg × 10錠 4,200(420円/錠 3,160(316円/錠 94pt

店長のオススメポイント

  • 統合失調症の症状を改善するジェネリック
  • 日本国内で処方されるエビリファイと同じ成分を配合
ネットの薬局のサービス

おすすめの類似商品

アナフラニール イフェクサー・ジェネリック ジェイゾロフト
商品名

アナフラニール

イフェクサー・ジェネリック

ジェイゾロフト

価格

4060

8660

2660

メーカー

Teofarma

Cipla

Pfizer、Viatris

商品詳細

アリピゾルについて

アリピゾルとは、有効成分にアリピプラゾールを配合したエビリファイのジェネリック医薬品です。
アリピゾルは有効成分がドパミン受容体と結びつき、ドパミン神経伝達を亢進させたり低下させる作用があります。
統合失調症はこのドパミン神経伝達が亢進した状態であるため、アリピゾルを服用することでドパミン受容体と結びつき、ドパミン神経伝達を低下させます。
この作用によって、ドパミン神経伝達が亢進した状態になるとあらわれる統合失調症のさまざまな症状を改善へと導く作用があります。

アリピゾルの効果

アリピゾルの有効成分であるアリピプラゾールにはドパミンD2受容体に対して、アゴニスト作用及びアンタゴニスト作用を持ちます。
これはドパミン神経伝達の状態によって変化し、ドパミン神経伝達が亢進した状態では、アンタゴニストとして作用して、ドパミンの結びつきを阻害し神経伝達を低下させます。
その一方で、ドパミン神経伝達が低い場合は、アゴニストとして作用することで、ドパミン神経伝達を更新します。
このアリピプラゾールの働きによって、ドパミン神経伝達を低下させることで、統合失調症の症状を改善へと導きます。

用法用量

アリピゾルの服用・使用方法

服用・使用量について

開始用量として、6~12mgを水やぬるま湯で服用します。
維持量としては、6~24mgを水かぬるま湯として服用します。
上記の用量を1日あたり2回に分けて服用します。
服用の上限量は30mgとなっています。
適切な用法用量については、服用する方によって変わるため、専門医に相談した上で指示を仰いでください。

服用・使用のタイミングについて

服用するタイミングの指定はありません。
適切なタイミングについて把握するには、専門医に相談した上で指示を仰いでください。

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

中枢神経抑制作用が強まるおそれがあるため、アルコールは避ける必要があります。

アリピゾルの服用・使用時の注意点

これらに該当する方はアリピゾルを服用・使用できない、または慎重に服用・使用する必要があります。

アリピゾルを服用できない方

  • ・バルビツール酸誘導体・麻酔剤等の中枢神経抑制剤の強い影響下にある方
  • ・アリピプラゾールに対し過敏症の既往歴がある方
  • ・アドレナリンを投与中の方
  • ・昏睡状態の方

併用禁忌

併用禁忌

アドレナリン ボスミン、エペミン、アドレナリン
血圧の低下の恐れがあります。

併用注意

肝代謝酵素(特にCYP3A4)誘導作用を有する薬剤 アクトス、ピオグリタゾン、ミコブティン、タルグレチン、フェノバルビタール、フェノバール、ルピアール、ワコビタール、ノーベルバール、アレビアチン、ヒダントール、イソミタール、トランコロン、ノーモサング、アメナリーフ、サンテゾーン、デキサメタゾン、アフタゾロン、デカドロン、レナデックス、デキサメサゾン、オイラゾン、オルガドロン、テイカゾン、ソルコート、デキサート、D・E・X、ビジュアリン、リメタゾン、メサデルム、デキサメタゾンプロピオン酸エステル、ボアラ、エリザス、イメンド、アプレピタント、プロイメンド、リフキシマ、トラクリア、ボセンタン、リファジン、リファンピシン、ストックリン、インテレンス、ゼルボラフ、タフィンラー、アーリーダ、ホストイン、テグレトール、カルバマゼピン、モディオダール、メサペイン、ジャドニュ、デフェラシロクス
アリピゾルの作用が弱まるおそれがあります。
中枢神経抑制剤 ラボナ、イソミタール、アイオナール、ラボナール、イソゾール、チトゾール、フェノバルビタール、フェノバール、ルピアール、ワコビタール、ノーベルバール、プリミドン、マーカイン、ペンレス、キシロカイン、リドカイン、アネトカイン、リドカイン塩酸塩、カルボカイン、塩酸メピバカイン、スキャンドネスト、アナペイン、ポプスカイン、ストロカイン、プロカイン塩酸塩、プロカニン、ロカイン、塩プロ、塩酸プロカイン、テトカイン、コーパロン、ジンジカイン、ハリケイン、ビーゾカイン、コカイン塩酸塩、パオスクレー、グリヘノブルー、フェノール、消毒用フェノール、液状フェノール、カルボール、フェノール水、消毒用フェノール水、イソフルラン、スープレン、セボフレン、セボフルラン、ゼノンコールド、アネスタ、亜酸化窒素、液化亜酸化窒素、笑気、デュロテップ、ワンデュロ、フェンタニル、ラフェンタ、アブストラル、イーフェン、フェントス、フェンタニルクエン酸塩、アルチバ、レミフェンタニル、ケタラール、ディプリバン、プロポフォール
上記薬剤及びアリピゾルの中枢神経作用が相乗的に働き強まるおそれがあります。
CYP3A4阻害作用を有する薬剤 オラビ、フルボキサミンマレイン酸塩、エクリラ、ホメピゾール、ノービア、カレトラ、プレバイミス、ザーコリ、ネイリン、ロズリートレク、エンペシド、クロトリマゾール、タオン、カイロック、タガメット、シメチジン、ラベキュア、ボノサップ、イメンド、アプレピタント、プロイメンド、ダフクリア、テネリア、ジフルカン、フルコナゾール、プロジフ、ルリコン、ルコナック、パーロデル、ブロモクリプチン、プロセキソール、ジョサマイシン、ジョサマイ、クラリシッド、クラリス、クラリスロマイシン、マインベース、イトリゾール、イトラコナゾール、ノウリアスト、フロリード、ミコナゾール硝酸塩、ザンタック、ラニチジン、ブリリンタ、ニゾラール、ケトコナゾール、エリスロマイシン、エリスロシン、ノフロ、ノルフロキサシン、バクシダール、ブイフェンド、ボリコナゾール、ノクサフィル、レクシヴァ、レイアタッツ、プリジスタ、カソデックス、ビカルタミド、アリミデックス、アナストロゾール、ラパリムス、パピロック、サンディミュン、ネオーラル、シクロスポリン、ディアコミット、デプロメール、ルボックス、オラデオ
アリピゾルの作用が強まるおそれがあります。
抗コリン作用を有する薬剤 トリヘキシフェニジル塩酸塩、パーキネス、アキネトン、ビペリデン塩酸塩、シーブリ、プロ・バンサイン、トランコロン、メペンゾラート臭化物、セスデン、チメピジウム臭化物、アトロピン硫酸塩、アトロピン、硫酸アトロピン、リュウアト、ブスコパン、ブチルスコポラミン臭化物、ダイピン、ハイスコ、ネオキシ; ネオキシ、ポラキス、オキシブチニン塩酸塩、バップフォー、プロピベリン塩酸塩、塩酸プロピベリン、デトルシトール、ソリフェナシンコハク酸塩、ベシケア、トビエース、クロルプロマジン塩酸塩、コントミン、乳酸ビペリデン、ペントナ、トリモール、コリオパン、ウリトス、ピレンゼピン塩酸塩、ダクチル、ダクチラン、ウインタミン、アトロベント、スピリーバ、エクリラ、エンクラッセ、サイプレジン、ミドリン、トロピカミド、チアトン、チキジウム臭化物、アコファイド、アーテン、セドリーナ、ステーブラ、イミダフェナシン
抗コリン作用を増強させることがあります。
CYP2D6阻害作用を有する薬剤 カイロック、タガメット、シメチジン、ザンタック、ラニチジン、プリンペラン、メトクロプラミド、塩酸メトクロプラミド、パナルジン、チクロピジン、チクロピジン塩酸塩、メトリジン、ミドドリン塩酸塩、アプレゾリン、ベプリコール、ラミシール、テルビナフィン塩酸塩、塩酸テルビナフィン、テルビナフィン、テルビー、タベジール、クレマスチン、ベタニス、レグパラ、ビジンプロ、セレコックス、セレコキシブ、ファリーダック、ペグイントロン、ディアコミット、クロルプロマジン塩酸塩、コントミン、ウインタミン、シクレスト、パキシル、パロキセチン、デプロメール、ルボックス、フルボキサミンマレイン酸塩、レクサプロ、サインバルタ、デュロキセチン、エクリラ、ポララミン、d−クロルフェニラミンマレイン酸塩、ホメピゾール、テネリア、オラデオ
アリピゾルの作用が強まるおそれがあります。
降圧剤 アモスラロール塩酸塩、アラセプリル、ウラピジル、カプトプリル、マニジピン塩酸塩、キナプリル、アラセプリル、インダパミド、ブナゾシン塩酸塩、ラベタロール塩酸塩、テラソジン塩酸塩水和物、ベンチルヒドロクロロチアジド、カプトプリル、シルニジピン、デラプリル塩酸塩、スピロノラクトン、ニカルジピン塩酸塩、フロセミド、メトプロロール酒石酸塩、シルニジピン
上記薬剤及びアリピゾルの降圧作用を強めるおそれがあります。
ドパミン作動薬 ハルロピ、レキップ、ロピニロール、ミラペックス、プラミペキソール塩酸塩、ビ・シフロール、ツルドパミ、ドパミン、塩酸ドパミン、アポカイン、ドパストン、ドパゾール、ペルマックス、ペルゴリド、ニュープロ、ラツーダ、イノバン、ドパミン塩酸塩、カコージン、メシル酸ペルゴリド、パーロデル、ブロモクリプチン、カバサール、カベルゴリン、ドミン
上記薬剤の作用を弱めるおそれがあります。
アルコール 中枢神経の抑制作用を強めることがあります。

アリピゾルの副作用

重篤な副作用

白血球減少、肺塞栓症、アナフィラキシー、横紋筋融解症、糖尿病性ケトアシドーシス、深部静脈血栓、悪性症候群、遅発性ジスキネジア、麻痺性イレウス、糖尿病性昏睡、低血糖、痙攣、無顆粒球症、肝機能障害

その他の副作用

眼痛、眼のチカチカ、調節障害、羞明、糖尿病性白内障、霧視、眼乾燥、視力障害、眼の異常感、瞬目過多
肝臓 Al-P低下、LDH低下、総ビリルビン上昇、γ-GTP上昇、Al-P上昇、脂肪肝、総ビリルビン低下、肝炎、ALT(GPT)上昇、AST(GOT)上昇、LDH上昇、黄疸
呼吸器 咽喉頭症状、しゃっくり、鼻乾燥、気管支痙攣、上気道感染、嚥下性肺炎、鼻炎、咽頭炎、気管支炎、呼吸困難
内分泌 プロラクチン上昇、血中甲状腺刺激ホルモン増加、プロラクチン低下、月経異常、卵巣障害
代謝異常 コレステロール上昇、HDL-コレステロール低下、トリグリセライド低下、トリグリセライド上昇、リン脂質低下、多飲症、高血糖、水中毒、高尿酸血症、高脂血症、CK(CPK)低下、血中ブドウ糖変動、CK(CPK)上昇、口渇、コレステロール低下、HDL-コレステロール上昇、脂質代謝障害、血中インスリン増加
血液 好塩基球減少、好塩基球増多、好酸球増多、単球減少、血小板減少、好中球減少、好中球増多、好酸球減少、単球増多、リンパ球減少、リンパ球増多、ヘモグロビン低下、血小板増多、ヘモグロビン上昇、赤血球減少、白血球減少、白血球増多、ヘマトクリット値低下、貧血、赤血球増多、ヘマトクリット値上昇
皮膚 脂漏、男性型多毛症、皮膚剥脱、乾皮症、色素沈着障害、真菌感染、ざ瘡、皮膚炎、皮膚乾燥、脱毛
消化器 腸炎、十二指腸炎、消化不良、口内炎、口唇炎、口唇腫脹、食欲不振、食欲亢進、胃炎、びらん性胃炎、胃腸炎、歯周病、膵炎、歯肉痛、舌障害、腹部膨満、胃食道逆流性疾患、便秘、悪心、嘔吐、腹痛、下痢、歯の知覚過敏
過敏症 酒さ、血管浮腫、湿疹、紅斑、そう痒症、蕁麻疹、発疹、光線過敏性反応、薬物過敏症
循環器 低血圧、起立性低血圧、心電図異常、起立血圧異常、頻脈、高血圧、心悸亢進、徐脈、狭心症
泌尿器 膀胱炎、尿閉、頻尿、血尿、多尿、尿潜血、排尿障害、尿失禁
錐体外路症状 パーキンソン症候群、眼球挙上、眼球回転発作、歩行異常、ジストニア(筋緊張異常)、ジスキネジア、構音障害、筋強剛、嚥下障害、からだのこわばり、筋緊張、錐体外路障害、アカシジア、振戦、流涎、寡動、口のもつれ、眼瞼下垂、反射亢進
腎臓 尿ビリルビン上昇、尿中NAG上昇、尿比重上昇、尿比重低下、血中尿素減少、尿沈渣異常、クレアチニン上昇、尿糖、尿ウロビリノーゲン上昇、尿量減少、血中尿酸減少、BUN上昇、BUN低下、蛋白尿、ケトン尿
精神・神経系 精神的機能障害、感覚障害、眉間反射異常、広場恐怖症、無感情、うつ病、幻覚、リビドー亢進、リビドー減退、昏迷、自殺企図、攻撃的反応、異常思考、拒食、独語、知覚減退、注意力障害、もやもや感、末梢神経障害、持続勃起、射精障害、気分動揺、異常行動、不眠、神経過敏、不安、失神、感情不安定、錯乱、神経症、妄想、譫妄、躁病反応、精神症状、双極性障害、認知症、健忘、嗜眠、睡眠障害、鎮静、舌麻痺、気力低下、激越、パニック反応、片頭痛、顔面痙攣、錯感覚、記憶障害、びくびく感、夢遊症、悪夢、衝動制御障害、性機能不全、吃音、傾眠、めまい、頭痛、勃起不全、運動過多、下肢静止不能症候群
その他 寝汗、四肢不快感、薬剤離脱症候群、顔面浮腫、握力低下、死亡、関節脱臼、歯牙破折、筋攣縮、尿路感染、花粉症、関節炎、多汗、総蛋白減少、グロブリン分画異常、ナトリウム低下、カリウム低下、クロール低下、疲労、ほてり、熱感、灼熱感、背部痛、四肢痛、関節痛、筋痛、頚部痛、肩こり、筋痙縮、悪寒、末梢冷感、性器出血、流産、胸痛、膿瘍、歯ぎしり、睡眠時驚愕、鼻出血、末梢性浮腫、関節硬直、筋萎縮、脂肪腫、体重減少、倦怠感、脱力感、発熱、挫傷、気分不良、味覚異常、耳鳴、アルブミン低下、ナトリウム上昇、カリウム上昇、クロール上昇、低体温、疼痛、顎痛、転倒、総蛋白上昇、A/G上昇、A/G低下、アルブミン上昇、体重増加、乳頭痛、乳腺炎、外陰膣乾燥、無オルガズム症、坐骨神経痛、大脳動脈狭窄

アリピゾルの保管方法

・子供の誤飲を防ぐため、子供の手の届かない場所かつ、高温多湿を避けられる場所で保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

 

アリピゾルの口コミ

★ ★ ★ ★ ★ 8件の口コミ

星5
 
38%
星4
 
50%
星3
 
13%
星2
 
0%
星1
 
0%

評価の高い口コミ

  • 匿名
  • ★★★★★
  • 141件のいいね

効果と価格面で考えると十分すぎるほどの満足度ですね。特に、価格については一回飲んで終わりっていう薬じゃないからこの価格なのは非常に助かります。

評価の低い口コミ

  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

  • ★★★★★

長年愛用しています。飲み始めたきっかけは、気分の上げ下げが激しく、仕事が休みがちになる、何をしてもずっと憂鬱な気分が続く、などがあり購入しました。ただの怠け癖じゃないのかな~、なんでみんな普通にできることが出来ないんだろう。と自分を責めることもあり、正直飲んでも意味ないかも。と思っていました。ですが飲んでみたところ、そんな気分になる事が無くなったんです。いつもよりやる気が出て、仕事に行こう!と久々に思えたんです。ホントにこういうのは気持ちの問題とか、怠け癖とかじゃないという事がわかりました。当事者にしかツラさは分からないですからね。自分を責めずに労わって過ごそうと思います。

  • ★★★★

精神科に通っています。数カ月間ほど病院に行けない日が続くのでコチラで試しに購入してみました。症状に合うか不安でしたが、症状をしっかり抑えてくれています。病院先生に聞いてみたところ元々飲んでいたものと一緒の成分だったみたいです。そりゃ効くわけですね。病院に行けない期間はコチラでお世話になろうと思います。

  • ★★★★★

病院で貰うものよりも私は合っていました。ネットでこんなに最高な薬を買えるなんて思っていなかったので驚きです。これからもコチラでお世話になります。

  • ★★★★

飲み方がややしいのかとおもって初めは不安だったんですが、ちゃんと説明書を見たら全くそんなことなく飲めました。

  • ★★★

便秘気味だったのが尚更便秘になりました。うつ症状が和らぐのは助かってますが、便秘になるのは少し困ります…。

  • ★★★★

日本でも処方されてる薬のジェネリックっていうことなので、安心して使えるってのは高評価。実際に日本で処方されてるエビリファイを使ってたのでこれに変えても違いはなく使えてるし、効果もバッチリだね

  • ★★★★★

効果と価格面で考えると十分すぎるほどの満足度ですね。特に、価格については一回飲んで終わりっていう薬じゃないからこの価格なのは非常に助かります。

  • ★★★★

エビリファイを毎日使っていたので、安いこちらに変更しました。効果的にもエビリファイと変わりはない感じだし、副作用もない感じだったから単純に薬の費用が安くなった感じですね。1月分だとそこまで違いはないですけど、継続して使うことを考えると結構な節約になりそう。

投稿フォーム

商品口コミの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。

電話注文