電話番号

クロザリル・ジェネリック

クロザリル・ジェネリック1
  • クロザリル・ジェネリック1
  • クロザリル・ジェネリック2
  • クロザリル・ジェネリック3
  • クロザリル・ジェネリック4
  • 抗うつ剤
  • 統合失調症

★ ★ ★ ★ 5件の口コミ

商品名 クロザリル・ジェネリック
成分

クロザピン

効果 統合失調症の改善
副作用 めまい、頭痛、便秘など
飲み方 1日1~3回に分けて12.5~400mgを水かぬるま湯で服用します。
製造元 Intas Pharmaceutical

クロザリル・ジェネリック 100mg100錠

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
100mg100錠 × 1箱 6,100(6,100円/箱 4,660(4,660円/箱 139pt
100mg100錠 × 2箱 10,300(5,150円/箱 7,860(3,930円/箱 235pt
100mg100錠 × 3箱 14,200(4,733円/箱 10,860(3,620円/箱 325pt

店長のオススメポイント

  • 陽性症状、陰性症状どちらにも効果的
  • 安価で購入することができる
  • 1万円以上で送料無料
  • プライバシー守る安心梱包
  • 100%メーカー正規品取り扱い
  • いつでも購入可能 処方箋不要
  • 商品到着100%
  • コンビニ決済利用可能

おすすめの類似商品

セロクエル・ジェネリック リスコン リスパダール・ジェネリック
商品名

セロクエル・ジェネリック

リスコン

リスパダール・ジェネリック

価格

4860

4400

3360

メーカー

Actavis

Consern Pharma

Sun Pharma

商品詳細

クロザリル・ジェネリックについて

クロザリル・ジェネリックは、主に統合失調症の改善に使用されるお薬です。
統合失調症は、脳内神経伝達物質のドパミンやセロトニンの濃度異常によって、幻覚などが見える陽性症状や、意欲の減退などを引き起こす陰性症状が現れます。
有効成分であるクロザピンは、神経伝達物質のドパミンを抑制するとともにセロトニン受容体を遮断する作用があります。
そのため、統合失調症の陽性症状と陰性症状のどちらにも作用し、統合失調症の症状を改善する効果があります。

 

クロザリル・ジェネリックの効果

クロザリル・ジェネリックの有効成分はクロザピンという成分です。
有効成分のクロザピンは、神経伝達物質のドパミンを抑制するとともにセロトニンの受容体を遮断します。
統合失調症は、神経経路伝達物質のドパミン過剰放出や、セロトニンの過剰分泌が原因で起こります。
有効成分のクロザピンは、ドパミンを抑制し、セロトニンを遮断する作用があります。
こうした作用により統合失調症の症状を改善します。

用法用量

クロザリル・ジェネリックの服用・使用方法

服用・使用量について

1日目は12.5mg、2日目は25mgを1日1回服用します。
3日目以降は症状に応じて1日25mgずつ増量しながら服用します。
そこから原則3週間かけて1日200mgまで増量していく
1日量が50mgを超える場合、服用回数を2〜3回に分ける必要があります。

また、維持量は1日2〜3回に分けて、200〜400mgを服用します。
1回の増量は4日以上の間隔をあけて、1日100mgを超えないように増量して下さい。
一日の最高用量は600mgまでとなっています。

服用・使用のタイミングについて

特にありません。

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

共に中枢神経抑制作用があるため、作用が増強される可能性があります。

クロザリル・ジェネリックの服用・使用時の注意点

これらに該当する方はクロザリル・ジェネリックを服用・使用できない、または慎重に服用・使用する必要があります。

クロザリル・ジェネリックを服用できない方

  • ・成分に対し過敏症の既往歴のある人
  • ・CPMSへの患者登録前(4週間以内)の血液検査で、白血球数が4,000/mm3未満又は好中球数が2,000/mm3未満の人
  • ・CPMSの規定を遵守できない人
  • ・CPMSで定められた血液検査の中止基準により本剤の投与を中止し、CPMSで定められた再投与検討基準に該当しない人
  • ・骨髄機能障害のある人
  • ・骨髄抑制を起こす可能性のある薬剤を投与中の患者又は放射線療法、化学療法等の骨髄抑制を起こす可能性のある治療を行っている人
  • ・持効性抗精神病剤を投与中の人
  • ・重度の痙攣性疾患又は治療により十分な管理がされていないてんかん症状のある人
  • ・アルコール又は薬物による急性中毒、昏睡状態の人
  • ・循環虚脱状態の人又は中枢神経抑制状態の人
  • ・重度の心疾患の人
  • ・重度の腎機能障害の人
  • ・重度の肝機能障害の人
  • ・麻痺性イレウスの患者の人
  • ・アドレナリン作動薬を投与中の人

併用禁忌

併用禁忌

骨髄抑制を起こす可能性のある薬剤 放射線療法、化学療法
血液障害の副作用が相互に増強される可能性がある。
持効性抗精神病剤 ハロマンス、フルデカシン、リスパダール、リスパダールコンスタ、リスペリドン、ゼプリオン、エビリファイ
持効性抗精神病剤が血中から消失するまでに時間を要するため
アドレナリン作動薬 アンカロン、アミオダロン、アミオダロン塩酸塩、ドブタミン、ドブトレックス、ドブタミン塩酸塩、カルグート、デノパミン、ズファジラン、サルタノール、ベネトリン、サルブタモール、ブリカニール、ベロテック、フェノテロール臭化水素酸塩、イノリン、ホクナリン、ツロブテロール、ベラチン、ツロブテロール塩酸塩、セレベント、オーキシス、スピロペント、クレンブテロール、メプチン、プロカテロール塩酸塩、オンブレス、ウテメリン、リトドリン塩酸塩、ベタニス、アノーロ、イソメニール、プロタノール、アスプール、ネオシネジン、メトリジン、ミドドリン塩酸塩、プリビナ、プレセデックス、デクスメデトミジン、アルドメット、メチルドパ、カタプレス、インチュニブ、アイファガン、ブリモニジン酒石酸塩、テルネリン、チザニジン、アイオピジン、エピペン、ボスミン、アドレナリン、ノルアドリナリン、ヱフェドリン、dl−メチルエフェドリン塩酸塩、メチエフ、メチルエフェドリン、
アドレナリンの昇圧作用が反転するおそれがある

併用注意

     
アルコール アルコール
相互に中枢神経抑制作用が増強される可能性があるため
MAO阻害剤 エフピー、セレギリン塩酸塩、アジレクト、エクフィナ、イスコチン、ネオイスコチン、
相互に中枢神経抑制作用が増強される可能性があるため
中枢神経抑制剤 ヒベルナ、ピレチア、クレマスチン、タベジール、ジフェンヒドラミン、ジフェンヒドラミン塩酸塩、ベナパスタ、ドラマミン、リボスチン、レボカバスチン、レボカバスチン塩酸塩、アゼプチン、アゼラスチン塩酸塩、パタノール、オロパタジン、アレロック、オロパタジン塩酸塩、ポララミン、d−クロルフェニラミンマレイン酸塩、アレルギン、クロダミン、クロルフェニラミンマレイン酸塩、ネオレスタミン、ビスミラー、マレイン酸クロルフェニラミン、アリメジン、ゼスラン、ニポラジン、メキタジン、オキサトミド、ジルテック、セチリジン塩酸塩、ザイザル、レボセチリジン塩酸塩、ペリアクチン、シプロヘプタジン塩酸塩、クラリチン、ロラタジン、ザジテン、ケトチフェン、エバステル、エバスチン、アレジオン、エピナスチン塩酸塩、塩酸エピナスチン、アレグラ、フェキソフェナジン塩酸塩、デザレックス、ルパフィン、ビラノア、アレサガ、レミカット、エメダスチンフマル酸塩、ミグリステン、クロルプロマジン塩酸塩、コントミン、ウインタミン、ジプレキサ、オランザピン、セロクエル、ビプレッソ、クエチアピン、アタラックス、ヒドロキシジンパモ酸塩、タリオン、ベポタスチンベシル酸塩、ホモクロルシクリジン塩酸塩、ダルメート、ネルボン、ベンザリン、ニトラゼパム、サイレース、フルニトラゼパム、ユーロジン、エスタゾラム、ハルシオン、トリアゾラム、エバミール、ロラメット、ドルミカム、ミダゾラム、ブコラム、ミダフレッサ、レンドルミン、ブロチゾラム、ドラール、クアゼパム、ジアゼパム、セルシン、ホリゾン、ダイアップ、メレックス、コレミナール、ソメリン、リスミー、ヒベルナ、ピレチア、クレマスチン、タベジール、ジフェンヒドラミン、レスタミン、ジフェンヒドラミン塩酸塩、ベナパスタ、ドラマミン、リボスチン、レボカバスチン、レボカバスチン塩酸塩、アゼプチン、アゼラスチン塩酸塩、パタノール、オロパタジン、アレロック、オロパタジン塩酸塩、ポララミン、アレルギン、クロダミン、ネオレスタミン、ネオレスタール、ビスミラー、クロルジアゼポキシド、コントール、バランス、レスミット、メンドン、ワイパックス、ロラゼパム、ロラピタ、ブロマゼパム、レキソタン、マイスタン、コンスタン、ソラナックス、アルプラゾラム、エリスパン、メイラックス、ロフラゼプ酸エチル、デパス、エチゾラム、リーゼ、クロチアゼパム、セパゾン、トフィソパム、グランダキシン、セレナール、ランドセン、リボトリール、マイスタン、デュロテップ、フェンタニル、ワンデュロ、ラフェンタ、アブストラル、イーフェン、フェントス、フェンタニルクエン酸塩、アルチバ、レミフェンタニル、MSコンチン、MSツワイスロン、モルヒネ硫酸塩水和物、モルペス、アンペック、オプソ、パシーフ、モルヒネ塩酸塩、アヘン、アヘンチンキ、ナルサス、ナルベイン、ナルラピド、オキシコンチン、オキノーム、オキファスト、オキシコドン、ジヒドロコデインリン酸塩、ペチジン塩酸塩、ペチロルファン、ソセゴン、ノルスパン、レペタン、ブプレノルフィン、トラムセット、トアラセット、ツートラム、トラマール、ワントラム、トラマドール塩酸塩、タペンタ、メサペイン、コデインリン酸塩、リン酸コデイン、コデインリン酸塩水和物、パンオピン
相互に中枢神経抑制作用が増強される可能性があるため
ベンゾジアゼピン系薬剤 ダルメート、ネルボン、ベンザリン、ニトラゼパム、サイレース、フルニトラゼパム、ユーロジン、エスタゾラム、ハルシオン、トリアゾラム、エバミール、ロラメット、ドルミカム、ミダゾラム、ブコラム、ミダフレッサ、レンドルミン、ブロチゾラム、ドラール、クアゼパム、ジアゼパム、セルシン、ホリゾン、ダイアップ、メレックス、コレミナール、ソメリン、リスミー、メダゼパム、レスミット、メンドン、ワイパックス、ロラゼパム、ロラピタ、ブロマゼパム、レキソタン、マイスタン、コンスタン、ソラナックス、アルプラゾラム、エリスパン、メイラックス、ロフラゼプ酸エチル、デパス、エチゾラム、リーゼ、クロチアゼパム、セパゾン、トフィソパム、グランダキシン、トフィソパム、メレックス、セレナール、ランドセン、リボトリール、マイスタン、ベンザリン
心循環系の副作用が相互に増強される可能性がある
抗コリン作用を有する薬剤 ピレンゼピン塩酸塩、ダクチル、シーブリ、ラピフォート、プロ・バンサイン、トランコロン、メペンゾラート臭化物、セスデン、チメピジウム臭化物、アトロピン硫酸塩、アトロピン、硫酸アトロピン、リュウアト、ブスコパン、ブチルスコポラミン臭化物、ダイピン、アコファイド、ハイスコ、アポハイド、ネオキシ; ネオキシ、ポラキス、オキシブチニン塩酸塩、バップフォー、プロピベリン塩酸塩、塩酸プロピベリン、デトルシトール、ベシケア、ソリフェナシンコハク酸塩、トビエース、ウリトス、ステーブラ、イミダフェナシン、クロルプロマジン塩酸塩、コントミン、ウインタミン、アトロベント、スピリーバ、エクリラ、エンクラッセ、サイプレジン、ミドリン、トロピカミド、チアトン、チキジウム臭化物、アーテン、セドリーナ、トリヘキシフェニジル塩酸塩、パーキネス、アキネトン、ビペリデン塩酸塩、乳酸ビペリデン、トリモール、コリオパン、
共に抗コリン作用を有するため、作用を増強するおそれがある
降圧剤 メトプロロール酒石酸塩、ニルバジピン、トリパミド、カルテオロール塩酸塩、メチルドパ水和物
降圧剤の作用を増強する可能性がある
呼吸抑制作用を有する薬剤 セマグルチド、オランザピン、ドキサプラム塩酸塩水和物、ミダゾラム
共に呼吸抑制作用を有するため、呼吸抑制作用を増強するおそれがある
リチウム製剤 リーマス、炭酸リチウム
悪性症候群発現の危険性が増加するとの報告があるため
バルプロ酸 セレニカ、デパケン、バルプロ酸Na、バルプロ酸ナトリウム
てんかん発作、せん妄があらわれたとの報告があるため
CYP3A4を誘導する薬剤 サンテゾーン、デキサメタゾン、アフタゾロン、デカドロン、レナデックス、デキサメサゾン、オイラゾン、オルガドロン、テイカゾン、デキサート、D・E・X、ビジュアリン、リメタゾン、メサデルム、デキサメタゾンプロピオン酸エステル、ボアラ、エリザス、イメンド、アプレピタント、プロイメンド、ホスアプレピタント、リフキシマ、ノーモサング、トラクリア、ボセンタン、リファジン、リファンピシン、ストックリン、インテレンス、ゼルボラフ、タフィンラー、アーリーダ、ホストイン、テグレトール、カルバマゼピン、モディオダール、メサペイン、ジャドニュ、デフェラシロクス、テグレトール、カルバマゼピン、アレビアチン
クロザリル・ジェネリックの代謝が阻害される恐れがあるため
CYP1A2を誘導する薬剤 ノボリン、ヒューマリン、ヒューマログ、ルムジェブ、インスリンリスプロBS、ノボラピッド、フィアスプ、インスリンアスパルトBS、アピドラ、ランタス、インスリングラルギンBS、レベミル、ノービア、フェノバルビタール、フェノバール、ルピアール、ワコビタール、ノーベルバール、モディオダール、ニコチネル、ノボリン、ヒューマリン、オメプラゾン、オメプラゾール、ニコチネル
クロザリル・ジェネリックの血中濃度が低下し、、効果が減弱されるおそれがある
CYP1A2を阻害する薬剤 ガスター、ファモチジン、パナルジン、チクロピジン、チクロピジン塩酸塩、シプロキサン、シプロフロキサシン、ノフロ、ノルフロキサシン、バクシダール、パシル、パズクロス、ゼルボラフ、アリミデックス、アナストロゾール、アロプリノール、ディアコミット、デプロメール、ルボックス、フルボキサミンマレイン酸塩、ノックビン、メチレンブルー、ホメピゾール、ジャドニュ、デフェラシロクス、リットフーロ
クロザリル・ジェネリックの代謝が阻害される恐れがあるため
カフェイン レスピア、カフェイン水和物
クロザリル・ジェネリックの代謝が阻害される可能性がある
CYP3A4を阻害する薬剤 エンペシド、クロトリマゾール、カイロック、タガメット、シメチジン、ラベキュア、ボノサップ、イメンド、アプレピタント、プロイメンド、ホスアプレピタント、ダフクリア、テネリア、オラデオ、ジフルカン、フルコナゾール、プロジフ、ルリコン、ルリコナゾール、ルコナック、パーロデル、ブロモクリプチン、プロセキソール、ジョサマイシン、ジョサマイ、クラリシッド、クラリス、クラリスロマイシン、イトリゾール、イトラコナゾール、ノクサフィル、レクシヴァ、レイアタッツ、プリジスタ、ラパリムス、カソデックス、ビカルタミド、アリミデックス、アナストロゾール、パピロック、サンディミュン、ネオーラル、シクロスポリン、ディアコミット、ノウリアスト、デプロメール、ルボックス、フルボキサミンマレイン酸塩、エクリラ、ホメピゾール、カログラ、エリスロマイシン、エリスロシン
クロザリル・ジェネリックの血中濃度が上昇するおそれがある
アゾール系抗真菌剤 イトリゾール、イトラコナゾール、ブイフェンド、ボリコナゾール
クロザリル・ジェネリックの血中濃度が上昇するおそれがある
HIVプロテアーゼ阻害剤ノービア、レクシヴァ、レイアタッツ、プリジスタ、カレトラ
クロザリル・ジェネリックの代謝が阻害される恐れがある
セルトラリンジェイゾロフト、セルトラリン
クロザリル・ジェネリックの代謝が阻害される恐れがある
パロキセチン パキシル、パロキセチン
クロザリル・ジェネリックの代謝が阻害される恐れがある
QTを延長させる又は電解質異常を引き起こすことが知られている薬剤 キニジン硫酸塩、アミサリン、リスモダン、ジソピラミド、ジソピラミドリン酸塩、シベノール、シベンゾリンコハク酸塩、ピメノール、キシロカイン、リドカイン、メキシチール、メキシレチン塩酸塩、アスペノン、アプリンジン塩酸塩、プロノン、プロパフェノン塩酸塩、タンボコール、フレカイニド酢酸塩、サンリズム、ピルシカイニド塩酸塩、カルビスケン、ピンドロール、インデラル、プロプラノロール塩酸塩、ナディック、ミケラン、カルテオロール塩酸塩、セロケン、ロプレソール、メトプロロール酒石酸塩、テノーミン、アテノロール、アルセノール、ビソノ、メインテート、ビソプロロールフマル酸塩、 ブレビブロック、オノアクト、コアベータ、アドビオール、アロチノロール塩酸塩、アンカロン、アミオダロン、アミオダロン塩酸塩、ソタコール、ソタロール塩酸塩、シンビット、ワソラン、ベラパミル塩酸塩、ベプリコール、ヘルベッサー、ジルチアゼム塩酸塩、ジゴキシン、ジゴシン、ジギラノゲン、メチルジゴキシン、ラニラピッド、オラビ、フロリード、ニゾラール、ケトコナゾール、エンペシド、クロトリマゾール、アデスタン、イソコナゾール硝酸塩、エクセルダーム、マイコスポール、ビホナゾール、オキナゾール、オキシコナゾール硝酸塩、ルリコン、ルリコナゾール、ルコナック、アトラント、アスタット、ラノコナゾール、ジフルカン、フルコナゾール、プロジフ、イトリゾール、イトラコナゾール、ブイフェンド、ボリコナゾール、ノクサフィル、クレナフィン、ネイリン、テルビナフィン塩酸塩、イミドール、トフラニール、アナフラニール、スルモンチール、アンプリット、アミトリプチリン塩酸塩、トリプタノール、ノリトレン、プロチアデン、アモキサン、ルジオミール、マプロチリン塩酸塩、テトラミド、リフレックス、レメロン、ミルタザピン、テシプール、プチリンマレイン酸塩、クロザリル、ジプレキサ、オランザピン、セロクエル、ビプレッソ、クエチアピン、リスパダール、リスパダールコンスタ、リスペリドン、エビリファイ、アリピプラゾール、インヴェガ、ゼプリオン、ロナセン、ブロナンセリン、ルーラン、ペロスピロン塩酸塩、パキシル、パロキセチン、ジェイゾロフト、セルトラリン、デプロメール、ルボックス、フルボキサミンマレイン酸塩、レクサプロ、エスシタロプラム、グリベック、イマチニブ、ダサチニブ、スプリセル、タシグナ、ボシュリフ、アイクルシグ、セムブリックス、イレッサ、ゲフィチニブ、タルセバ、エルロチニブ、ジオトリフ、タグリッソ、ビジンプロ、アービタックス、ベクティビックス、ポートラーザ、タイケルブ、ハーセプチン、トラスツズマブBS、パージェタ、カドサイラ、エンハーツ、インライタ、ペマジール、リトゴビ、スーテント、ヴォトリエント、カプレルサ、スチバーガ、カボメティクス、レンビマ、ヴァンフリタ、ゾスパタ、タブレクタ、テプミトコ、ザーコリ、ジカディア、アレセンサ、アルンブリグ、ローブレナ、イムブルビカ、カルケンス、ベレキシブル、ネクサバール、オフェブ、ヴァイトラックビ、ロズリートレク、レットヴィモ、タバリス、エビスタ、ラロキシフェン塩酸塩、ビビアント、バゼドキシフェン、トリセノックス、5-FU、アドリアシン、ドキシル、ドキソルビシン塩酸塩、ダウノマイシン、エピルビシン塩酸塩、アクラシノン、イダマイシン、テラルビシン、ピノルビン、カルセド、チアプリド、アマンタジン、チザニジン、プロピベリン、ミラベグロン、ドネペジル、タクロリムス、リバスチグミン
併用によりQT延長作用が増加するおそれがある

クロザリル・ジェネリックの副作用

重篤な副作用

無顆粒球症、白血球減少症、好中球減少症、心筋炎、心筋症、心膜炎、心嚢液貯留、胸膜炎、高血糖、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡、悪性症候群、てんかん発作、痙攣、ミオクローヌス発作、起立性低血圧、失神、循環虚脱、肺塞栓症、深部静脈血栓症、劇症肝炎、肝炎、胆汁うっ滞性黄疸、腸閉塞、麻痺性イレウス、腸潰瘍、腸管穿孔

その他の副作用

血液及びリンパ系障害 白血球増加、好酸球増加、血小板減少、血小板増加、貧血
代謝及び栄養障害 口渇、体重増加、体重減少、高トリグリセリド血症、高コレステロール血症
精神神経系障害 傾眠、めまい、頭痛、鎮静、錯乱、せん妄、落ち着きのなさ、不安・焦燥・興奮、強迫症状、吃音、コリン作動性薬物離脱症候群、下肢静止不能症候群
錐体外路症状 振戦、アカシジア、構語障害、遅発性ジスキネジア、筋固縮、ジストニア
眼障害 霧視
心障害 頻脈、心電図変化、QT延長、不整脈、動悸、心房細動
血管障害 血圧低下、高血圧
呼吸器系障害 肺炎、誤嚥、嚥下性肺炎、呼吸抑制、呼吸停止、下気道感染
消化器系障害 流涎過多、便秘、悪心、嘔吐、消化不良、嚥下障害、耳下腺腫大、下痢、口内乾燥
肝臓・胆管系障害 肝機能検査値上昇、AST増加、γ-GTP増加、膵炎
皮膚・皮下組織障害 発疹、血管性浮腫
腎臓・泌尿器系障害 尿失禁、尿閉、間質性腎炎
生殖器障害 持続勃起症、逆行性射精
全身障害 疲労・けん怠感、発熱、発汗・体温調節障害、筋力低下、筋肉痛
臨床検査 CK増加、ALP増加、LDH増加、プロラクチン増加、TSH低下

クロザリル・ジェネリックの保管方法

・子供の手が届かない冷暗所で保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

 

クロザリル・ジェネリックの口コミ

★ ★ ★ ★ 5件の口コミ

星5
 
20%
星4
 
40%
星3
 
20%
星2
 
20%
星1
 
0%

評価の高い口コミ

  • 匿名さん
  • ★★★★
  • 47件のいいね

幻覚を見る回数がかなり減っています。外に出るのが怖い私には、通販サイトで薬が買えるのは非常に助かります。

評価の低い口コミ

  • 匿名さん
  • ★★
  • 39件のいいね

ジェネリックなので価格が安いため買いました。数日間飲んでいますが、効いているのかわからないので少し不安です。

並び替え:

  • ★★★★

幻覚を見る回数がかなり減っています。外に出るのが怖い私には、通販サイトで薬が買えるのは非常に助かります。

  • ★★★★★

色々とジェネリックを試してきましたが、これが1番良かったです!精神面が安定するので考え方が悪い方向にいかなくなりました。私には副作用がなかったので、この薬が手放せません。

  • ★★★★

最近ぐっすり眠れるようになってきています。精神バランスも安定してきているようです。少し口が渇く感じがしましたが、飲み続けていくうちに気にならなくなりました。

  • ★★

ジェネリックなので価格が安いため買いました。数日間飲んでいますが、効いているのかわからないので少し不安です。

  • ★★★

変な考えや妄想が止まらない事が多いですが、この薬のおかげで少しは落ち着いてきました。これからも飲み続けてみようと思います。

投稿フォーム

商品口コミの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。

電話注文