電話番号

ジプレキサベロタブ

ジプレキサベロタブ1
  • ジプレキサベロタブ1
  • ジプレキサベロタブ2
  • ジプレキサベロタブ3
  • ジプレキサベロタブ4
  • 抗うつ剤
  • 双極性障害

★ ★ ★ ★ ★ 5件の口コミ

商品名 ジプレキサベロタブ
成分

オランザピン

効果 統合失調症や双極性障害の改善
副作用 傾眠、興奮、不眠など
飲み方 適応症状に合わせて5~10mgを1日1回服用する。
製造元 Eli Lilly
在庫
この商品は現在売り切れとなっております。
以下の類似商品をぜひご確認くださいませ。
ラミクタール
  • てんかんの発作を改善へと導く
  • 国内で処方されているものの海外版
 
オリザ
  • 複数のこころの病に対して有効
  • 継続服用が可能なため再発予防にも適している

ジプレキサベロタブ 5mg28錠

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
5mg28錠 × 1箱 8,400(8,400円/箱 6,460(6,460円/箱 193pt
5mg28錠 × 2箱 11,400(5,700円/箱 8,760(4,380円/箱 262pt
5mg28錠 × 3箱 14,200(4,733円/箱 10,860(3,620円/箱 325pt

店長のオススメポイント

  • 統合失調症や双極性障害に効果的
  • 抗がん剤服用時の制吐剤としても活躍する
  • 1万円以上で送料無料
  • プライバシー守る安心梱包
  • 100%メーカー正規品取り扱い
  • いつでも購入可能 処方箋不要
  • 商品到着100%
  • コンビニ決済利用可能

おすすめの類似商品

ジプレキサ オリザ ラミトール
商品名

ジプレキサ

オリザ

ラミトール

価格

6560

4860

4360

メーカー

Eli Lilly

Intas Pharmaceuticals

Torrent Pharma

商品詳細

ジプレキサベロタブについて

ジプレキサベロタブは統合失調症や双極性障害に適応される抗精神病薬です。
日本国内で処方されているジプレキサと同じくオランザピンを有効成分として含みます。
オランザピンの作用によって気分の高揚や不安感、緊張感を抑制することが期待できます。
それだけでなく、抗がん剤服用時に吐き気を誘発する原因に作用することから、制吐剤としても用いられることもあります。
ジプレキサと同等の効果を得ながらも、低価格で購入することが可能なジプレキサベロタブは費用を抑えたい人におすすめです。

ジプレキサベロタブの効果

ジプレキサベロタブの有効成分であるオランザピンには神経伝達物質の受容体に作用して幻覚や妄想、意欲障害を改善する効果があります。
統合失調症や双極性障害は脳内の神経伝達物質の働きに異常が生じることで発症します。
オランザピンは神経伝達物質の受容体に作用することで神経伝達物質の働きを安定させ、症状を改善へと導きます。
それだけでなく、抗がん剤服用時に吐き気を引き起こす原因となる物質を阻害する作用もあることから制吐剤として用いられることもあります。

用法用量

ジプレキサベロタブの服用・使用方法

服用・使用量について

【統合失調症】
1回5~10mgを1日1回服用してください。
なお、年齢や症状によって適宜増減してください。
ただし、増量する際は1日あたり20mgを超えないようにしてください。

【双極性障害における躁状態の改善】
1回10mgを1日1回服用してください。
なお、年齢や症状によって適宜増減してください。
ただし、増量する際は1日あたり20mgを超えないようにしてください。

【双極性障害におけるうつ状態の改善】
1日1回5mgから服用を開始し、その後1日1回10mgに増量するようにしてください。
なお、年齢や症状によって適宜増減してください。
ただし、増量する際は1日あたり20mgを超えないようにしてください。

【抗悪性腫瘍剤服用に伴う消化器症状の改善】
5mgを1日1回服用してください。
なお、状態によって適宜増減しますが、1日最大10mgを超えない範囲でおこなうようにしましょう。

服用・使用のタイミングについて

双極性障害におけるうつ症状の改善を目的とする場合にのみ、就寝前のタイミングで服用することが推奨されています。

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

アルコールの影響を受けて作用が増強するおそれがあります。 ジプレキサベロタブ服用中は飲酒を控えるようにしてください。

ジプレキサベロタブの服用・使用時の注意点

これらに該当する方はジプレキサベロタブを服用・使用できない、または慎重に服用・使用する必要があります。

ジプレキサベロタブを服用できない方

  • ・昏睡状態の人
  • ・バルビツール酸誘導体等の中枢神経抑制剤の強い影響下にある人
  • ・ジプレキサベロタブの成分に対し過敏症の既往歴のある
  • ・アドレナリンを投与中の人
  • ・糖尿病の患者、糖尿病の既往歴のある人

併用禁忌

併用禁忌

アドレナリン エピペン、ボスミン、アドレナリン
アドレナリンの作用を逆転させ、重篤な血圧降下を起こすことがあります。

併用注意

中枢神経抑制剤 ラボナ、イソミタール、アイオナール、ラボナール、イソゾール、チトゾール、フェノバルビダール、フェノバール、ルピアール、ワコピタール、ノーベルバール、プリミドン
ジプレキサベロタブ及び中枢神経抑制剤は中枢神経抑制作用を有するため併用には注意が必要です。
抗コリン作用を有する薬剤 ピレンゼピン塩酸塩、ダクチル、シーブリ、ラピフォート、プロ・バンサイン、トランコロン、メペンゾラート臭化物、アトロピン硫酸塩、アトロピン、硫酸アトロピン、リュウアト、ブスコパン、ブチルスコポラミン臭化物、ダイピン、アコファイド、ハイスコ、アポハイド、ネオキシ、ポラキス、オキシブチニン塩酸塩、バップフォー、プロピベリン塩酸塩、塩酸プロピベリン、デトルシトール、ベシケア、ソリフェナシンコハク酸塩、トビエース、ウリトス、ステーブラ、イミダフェナシン、クロルプロマジン塩酸塩、コントミン、ウインタミン、アトロべトン、スピリーバ、エクリラ、エンクラッセ、サイプレジン、ミドリン、トロピカミド、チアトン、チキジウム臭化物、アーテン、セドリーナ、トリヘキシフェニジル塩酸塩、アキネトン、乳酸ピペリデン、トリモール、コリオパン
腸管麻痺等の重篤な抗コリン性の毒性が強くあらわれることがあります。
ドパミン作動薬 パーロデル、ブロモクリプチン、カバサール、カベルコリン、ハルロピ、レキップ、ロピニロール、ニュープロ、ラツーダ、イノバン、ツルドパミ、ドパミン、ドパミン塩酸塩、アポカイン、ドパストン、ドパゾール、ペルマックス、ペルゴリド、メシル酸ペルゴリド、ミラペックス、プラミペキソール塩酸塩、ビ・シフロール
ドパミン作動薬のドパミン作動性の作用が減弱することがあります。
フルボキサミン デプロメール、ルボックス、フルボキサミンマレイン酸塩
フルボキサミンの肝薬物代謝酵素阻害作用によってジプレキサベロタブのクリアランスを低下させるおそれがあります。
シプロフロキサシン ジプロキサン、ジプロキサシン
ジプレキサベロタブの血漿中濃度を増加させる可能性があります。
カルバマゼピン テグレトール、カルバマゼピン
ジプレキサベロタブの血漿中濃度を低下させる可能性があります。
オメプラゾール、リファンピシン オメプラゾン、オメプラール、オメプラゾール、リファジン、リファンジピシン
ジプレキサベロタブの血漿中濃度を低下させる可能性があります。
喫煙 ジプレキサベロタブの血漿中濃度を低下させる可能性があります。
アルコール 飲酒
アルコールとオランザピンそれぞれの作用を強めるおそれがあります。

ジプレキサベロタブの副作用

重篤な副作用

高血糖、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡、低血糖、悪性症候群、肝機能障害、黄疸、痙攣、遅発性ジスキネジア、横紋筋融解症、麻痺性イレウス、無顆粒球症、白血球減少、肺塞栓症、深部静脈血栓症、薬剤性過敏症症候群

その他の副作用

精神神経系 興奮、傾眠、不眠、不安、めまい・ふらつき、頭痛・頭重、抑うつ状態、構音障害、立ちくらみ、易刺激性、自殺企図、幻覚、妄想、脱抑制、性欲亢進、躁状態、感覚鈍麻、下肢静止不能症候群、記憶障害、知覚過敏、違和感、意識喪失、焦燥、独語、空笑、会話障害、もうろう状態、しびれ感、吃音、健忘
錐体外路症状 アカシジア、振戦、筋強剛、ジストニア、ジスキネジア、歩行異常、ブラジキネジア、嚥下障害、眼球挙上、舌の運動障害、運動減少、パーキンソン病徴候
循環器 血圧低下、動悸、頻脈、起立性低血圧、血圧上昇、徐脈、心室性期外収縮、心電図QT延長、心房細動、血栓
消化器 便秘、食欲亢進、口渇、嘔気、胃不快感、食欲不振、嘔吐、流涎過多、下痢、腹痛、口角炎、胃潰瘍、黒色便、痔出血、腹部膨満、胃炎、膵炎
血液 白血球減少、貧血、好中球減少、リンパ球減少、白血球増多、好酸球増多、赤血球減少、好中球増多、血小板減少、ヘモグロビン減少、血小板増多、好酸球減少、赤血球増多、単球減少、単球増多、ヘマトクリット値減少
内分泌 月経異常、プロラクチン上昇、乳汁分泌、乳房肥大、甲状腺機能亢進症、プロラクチン低下
肝臓 ALT上昇、AST上昇、γ-GTP上昇、LDH上昇、Al-P上昇、総ビリルビン上昇、ウロビリノーゲン陽性、総ビリルビン低下、肝炎
腎臓 蛋白尿、腎盂炎、BUN低下、尿沈渣異常、クレアチニン低下、BUN上昇
泌尿器 排尿障害、尿失禁、頻尿、尿閉
過敏症 発疹、顔面浮腫、蕁麻疹、小丘疹、光線過敏症、血管浮腫、そう痒症
代謝異常 トリグリセリド上昇、コレステロール上昇、糖尿病、尿糖、高尿酸血症、水中毒、高脂血症、トリグリセリド低下、脱水症、カリウム低下、カリウム上昇、ナトリウム低下、総蛋白低下、ナトリウム上昇、クロール上昇、クロール低下
呼吸器 鼻閉、鼻出血、嚥下性肺炎
その他 体重増加、倦怠感、脱力感、体重減少、発熱、浮腫、発汗、CK上昇、転倒、胸痛、骨折、低体温、肩こり、脱毛症、腰痛、死亡、眼のチカチカ、霧視感、ほてり、持続勃起、離脱反応、アルブミン低下、A/G比異常、グロブリン上昇、関節痛

ジプレキサベロタブの保管方法

・湿気が少なく直射日光が当たらない涼しい場所で保管してください

他にもこのようなお悩みはありませんか?

 

ジプレキサベロタブの口コミ

★ ★ ★ ★ ★ 5件の口コミ

星5
 
40%
星4
 
40%
星3
 
20%
星2
 
0%
星1
 
0%

評価の高い口コミ

  • 匿名さん
  • ★★★★
  • 51件のいいね

普通にいいと思います。処方される薬と効果は同じだったし。通販サイトで薬が買えるなら、わざわざ精神科に行かなくてもいいからリピートしようかな。

評価の低い口コミ

  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

  • ★★★★

普通にいいと思います。処方される薬と効果は同じだったし。通販サイトで薬が買えるなら、わざわざ精神科に行かなくてもいいからリピートしようかな。

  • ★★★★

うつ病を治すためには通院しなくちゃいけないと思っているのですが、なかなか体が動かなくて…。今ではここで薬を買うようにしています。家に届くまで時間はかかりますが、外に出なくていいので助かっています。

  • ★★★★★

私の中ではこの抗うつ剤が1番。個人差はあるけど、副作用が出なかったのが良かった。効果が高くても、副作用がきついと飲み続けられないからね。情緒の波も安定して過ごせてる。

  • ★★★★★

メンタルがとても弱く、なんでも自分で抱え込んでしまうので、毎日が本当に辛かったです。そんな辛い毎日から解放され、考え方も変わったので生きやすくなりました。今でも薬がないと不安になるので、定期的に買っています。

  • ★★★

自分的にうつかもしれないと思ったので試しに買いました。精神科に行くのは面倒だったので、簡単にネットで買えて良かったです。まだ届いていませんが、期待を込めて星3にします。

投稿フォーム

商品口コミの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。

電話注文