電話番号

ノービアジェネリック

ノービアジェネリック1
  • ノービアジェネリック1
  • ノービアジェネリック2
  • ノービアジェネリック3
  • ノービアジェネリック4
  • 感染症
  • その他感染症

0件の口コミ

商品名 ノービアジェネリック
成分

リトナビル

効果 HIVの抑制
副作用 そう痒、皮膚乾燥、筋肉痛など
飲み方 1日2回、1回につき600mgを食後に水やぬるま湯で服用する。
製造元 Cipla
在庫
この商品は現在売り切れとなっております。
以下の類似商品をぜひご確認くださいませ。
センペス
  • 細菌の細胞壁合成を阻害
  • 副作用が少なく安全性が高い
 
オーグメンチン
  • 相乗効果を発揮する有効成分を配合
  • 水に混ぜて服用するので飲みやすい

ノービアジェネリック 100mg30錠

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
100mg30錠 × 1本 12,000(12,000円/本 9,260(9,260円/本 277pt

店長のオススメポイント

  • 優れた抗ウイルス作用を持つ
  • 効果的にエイズウイルスの増殖を抑えられる
  • 1万円以上で送料無料
  • プライバシー守る安心梱包
  • 100%メーカー正規品取り扱い
  • いつでも購入可能 処方箋不要
  • 商品到着100%
  • コンビニ決済利用可能

おすすめの類似商品

テンビルEM デュオビル ジオビルEM
商品名

テンビルEM

デュオビル

ジオビルEM

価格

10460

4200

9460

メーカー

Cipla

Cipla

Sunrise Remedies

商品詳細

ノービアジェネリックについて

ノービアジェネリックは、HIV増殖を抑えAIDSの発症を防ぐ抗HIV治療薬です。
国内で処方されているノービア錠と同じ有効成分であるリトナビルが配合されているのが特徴です。
リトナビルはHIVが持つプロテアーゼという酵素の働きを阻害する働きがあり、HIV-1およびHIV-2のプロテアーゼの活性を競合的に阻害します。
これによってHIVが体内で増殖するのを防ぐことによってAIDSの発症を防ぎます。
国内で処方されているノービア錠よりも安価な価格で利用できるため、HIV治療にかかる薬代を安く抑えることができます。

ノービアジェネリックの効果

有効成分のリトナビルは、HIVのプロテアーゼという酵素の働きを阻害する成分です。 HIV-1およびHIV-2のプロテアーゼの活性を競合的に阻害し、HIVプロテアーゼによるGag-Pol前駆体という物質の産生を抑制して抗ウイルス効果を発揮します。 このような働きにより、感染性をもつ成熟ウイルスが細胞に移行するのを防ぎ、HIVが体内で増殖するのを防いで発症を抑えます。 HIVプロテアーゼに対する選択的親和性をもっているため、人のアスパルティックプロテアーゼに対してはほとんど阻害作用を示さないのが特徴です。

用法用量

ノービアジェネリックの服用・使用方法

服用・使用量について

1日2回、1回あたり600mgを食後に水やぬるま湯と一緒に服用します。
服用初日は1回あたり300mg
2日目・3日目は1回あたり400mg
4日目は1回あたり500mg
5日目以降は1回あたり600mg
というように、徐々に服用量を増やす必要があります。
また、服用する際は、必ず他の抗HIV薬と併用してください。

服用・使用のタイミングについて

食後の服用が定められています。
また、服用初日と服用し始めてからの日数によって服用量が変化するため、それぞれの日数に合った量を厳守してください。

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

アルコールの影響はありません。

ノービアジェネリックの服用・使用時の注意点

これらに該当する方はノービアジェネリックを服用・使用できない、または慎重に服用・使用する必要があります。

ノービアジェネリックを服用できない方

  • ・キニジン硫酸塩水和物、ベプリジル塩酸塩水和物、フレカイニド酢酸塩、プロパフェノン塩酸塩、アミオダロン塩酸塩、ピモジド、ピロキシカム、アンピロキシカム、エルゴタミン酒石酸塩・無水カフェイン・イソプロピルアンチピリン、ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩、エルゴメトリンマレイン酸塩、メチルエルゴメトリンマレイン酸塩、エレトリプタン臭化水素酸塩、バルデナフィル塩酸塩水和物、シルデナフィルクエン酸塩、タダラフィル、アゼルニジピン、アゼルニジピン・オルメサルタン、メドキソミル、リファブチン、ブロナンセリン、リバーロキサバン、ロミタピドメシル酸塩、ベネトクラクス、ジアゼパム、クロラゼプ酸二カリウム、エスタゾラム、フルラゼパム塩酸塩、トリアゾラム、ミダゾラム、ルラシドン塩酸塩、ボリコナゾールを服用中の方
  • ・腎機能または肝機能障害の症状があり、コルヒチンを服用中の方
  • ・配合されている有効成分に対する過敏症の既往歴がある方

併用禁忌

併用禁忌

キニジン硫酸塩水和物、ベプリジル塩酸塩水和物、フレカイニド酢酸塩、プロパフェノン塩酸塩、アミオダロン塩酸塩、ピモジド、ピロキシカム、アンピロキシカム、エルゴタミン酒石酸塩・無水カフェイン・イソプロピルアンチピリン、ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩、エルゴメトリンマレイン酸塩、メチルエルゴメトリンマレイン酸塩、エレトリプタン臭化水素酸塩、バルデナフィル塩酸塩水和物、シルデナフィルクエン酸塩、タダラフィル、アゼルニジピン、アゼルニジピン・オルメサルタン メドキソミル、リファブチン、ブロナンセリン、リバーロキサバン、ロミタピドメシル酸塩、ルラシドン塩酸塩 キニジン硫酸塩、ベプリコール、ベプリジル塩酸塩、タンボコール、フレカイニド酢酸塩、プロノン、プロパフェノン塩酸塩、アンカロン、アミオダロン、アミオダロン塩酸塩、バキソ、ピロキシカム、フェルデン、フルカム、クリアミン、パルタン、メチルエルゴメトリン、メチルエルゴメトリンマレイン酸塩、レルパックス、エレトリプタン、バルデナフィル、レバチオ、シルデナフィル、バイアグラ、アドシルカ、タダラフィル、ザルティア、シアリス、カルブロック、アゼルニジピン、レザルタス、ミコブティン、ロナセン、ブロナンセリン、イグザレルト、ジャクスタピッド、ラツーダ
不整脈、血液障害、血管攣縮等、これらの医薬品による重篤なまたは生命に危険をおよぼすような事象が引き起こされるおそれがあります。
ベネトクラクス ベネクレクスタ
ベネトクラクスの再発または難治性の慢性リンパ性白血病の用量漸増期にノービアジェネリックを併用した場合、腫瘍崩壊症候群の発現が増強されるおそれがあります。
ジアゼパム、クロラゼプ酸二カリウム、エスタゾラム、フルラゼパム塩酸塩、トリアゾラム、ミダゾラム ジアゼパム、セルシン、ホリゾン、ダイアップ、メンドン、ユーロジン、エスタゾラム、ダルメート、ハルシオン、トリアゾラム、ドルミカム、ミダゾラム、ブコラム、ミダフレッサ
併用することにより、過度の鎮静や呼吸抑制などの症状が起こるおそれがあります。
ボリコナゾール ブイフェンド、ボリコナゾール
併用により、ボリコナゾールの血中濃度が低下したとの報告がされています。

併用注意

フェンタニル、フェンタニルクエン酸塩、リドカイン塩酸塩、リドカイン、エリスロシン、カルバマゼピン、イトラコナゾール、ケトコナゾール、ミコナゾール、キニーネ、カルシウム拮抗薬、タモキシフェンクエン酸塩、トレミフェンクエン酸塩、ブロモクリプチンメシル酸塩、シンバスタチン、アトルバスタチンカルシウム水和物、クラリスロマイシン、シクロスポリン、タクロリムス水和物、エベロリムス、デキサメタゾン、シルデナフィルクエン酸塩、タダラフィル、ゲフィチニブ、ダサチニブ、ニロチニブ、イリノテカン塩酸塩水和物、ビンカアルカロイド系抗悪性腫瘍薬、アルプラゾラム、サルメテロールキシナホ酸塩、ボセンタン水和物、コルヒチン、クエチアピンフマル酸塩、シメプレビルナトリウム デュロテップ、フェンタニル、ワンデュロ、ラフェンタ、アブストラル、イーフェン、フェントス、フェンタニルクエン酸塩、キシロカイン、リドカイン、リドカイン塩酸塩、ペンレス、エリスロマイシン、エリスロシン、テグレトール、カルバマゼピン、イトリゾール、イトラコナゾール、ニゾラール、ケトコナゾール、オラビ、フロリード、アムロジピン、アムロジン、ノルバスク、アムロジピン;アムロジピン、スプレンジール、フェロジピン、ペルジピン、ニカルジピン塩酸塩、アダラート、セパミット、ニフェジピン、バイロテンシン、ニトレンジピン、ニバジール、ニルバジピン、カルスロット、マニジピン塩酸塩、ヒポカ、アテレック、シルニジピン、コニール、ベニジピン、ベニジピン塩酸塩、塩酸ベニジピン、ワソラン、ベラパミル塩酸塩、ヘルベッサー、ジルチアゼム塩酸塩、ベプリコール、ベプリジル塩酸塩、トピナ、トピラマート、カルブロック、アゼルニジピン、ランデル、エピレオプチマル、ザロンチン、セレニカ、デパケン、バルプロ酸Na、バルプロ酸ナトリウム、エクセグラン、ゾニサミド、トレリーフ、ミグシス、ノルバデックス、タモキシフェン、フェアストン、トレミフェン、パーロデル、ブロモクリプチン、リポバス、シンバスタチン、リピトール、アトルバスタチン、クラリシッド、クラリス、クラリスロマイシン、パピロック、サンディミュン、ネオーラル、シクロスポリン、タリムス、プロトピック、タクロリムス、グラセプター、プログラフ、サーティカン、アフィニトール、サンテゾーン、デキサメタゾン、アフタゾロン、デカドロン、レナデックス、デキサメサゾン、オイラゾン、オルガドロン、テイカゾン、デカドロン、デキサート、D・E・X、ビジュアリン、リメタゾン、メサデルム、デキサメタゾンプロピオン酸エステル、ボアラ、エリザス、レバチオ、シルデナフィル、バイアグラ、アドシルカ、タダラフィル、ザルティア、シアリス、イレッサ、ゲフィチニブ、ダサチニブ、スプリセル、タシグナ、イリノテカン塩酸塩、オニバイド、カンプト、トポテシン、エクザール、オンコビン、フィルデシン、ナベルビン、ロゼウス、コンスタン、ソラナックス、アルプラゾラム、セレベント、トラクリア、ボセンタン、コルヒチン、セロクエル、ビプレッソ、クエチアピン
これらの医薬品の血中濃度が上昇するおそれがあり、これらの医薬品による副作用が発現しやすくなるおそれもあります。
フルチカゾンプロピオン酸エステル、ブデソニド、トリアムシノロンアセトニド フルナーゼ、フルチカゾン、フルチカゾンプロピオン酸エステル、フルタイド、パルミコート、ブデソニド、コレチメント、ゼンタコート、レクタブル、マキュエイド、アフタッチ、トリアムシノロンアセトニド、ケナコルトーA、レダコート、オルテクサー、ノギロン
これら医薬品の血中濃度が上昇するおそれがあります。また、これらの医薬品との併用において、クッシング症候群、副腎皮質機能抑制等が報告されています。
イブルチニブ、エンコラフェニブ イムブルビカ、ビラフトビ
これらの医薬品の血中濃度が上昇し、副作用が増強されるおそれがあります。やむを得ず併用する際には、これらの医薬品の減量を考慮し、副作用の発現に十分ご注意ください。
ベネトクラクス ベネクレクスタ
ベネトクラクスの再発または難治性の慢性リンパ性白血病の維持投与期または急性骨髄性白血病に対してベネトクラクス服用中にリトナビルを併用した場合、ベネトクラクスの副作用が増強されるおそれがあります。
アパルタミド アーリーダ
併用により、アパルタミドの血中濃度が上昇し、副作用が増強されるおそれがあります。また、リトナビルの血中濃度が減少するおそれがあります。
ワルファリンカリウム ワルファリンK、ワーファリン
ワルファリンの血中濃度に影響を与えるおそれがあります。
テオフィリン、エチニルエストラジオール、エストラジオール安息香酸エステル テオドール、テオフィリン、テオロング、ユニコン、ユニフィル、プロセキソール
併用により、これらの医薬品の血中濃度が減少するおそれがあります。また、これらの医薬品の増量が必要となる場合があります。
リファンピシン リファジン、リファンピシン
併用することにより、リトナビルの血中濃度が減少するおそれがあります。
フルコナゾール、ホスフルコナゾール、キヌプリスチン・ダルホプリスチン ジフルカン、フルコナゾール、プロジフ
併用により、リトナビルの血中濃度が上昇するおそれがあります。
ジドブジン レトロビル
リトナビルとの併用により、ジドブジンの最高血中濃度および血中濃度曲線下面積がそれぞれ減少すると報告されています。
ラモトリギン、バルプロ酸ナトリウム ラミクタール、ラモトリギン、セレニカ、デパケン、バルプロ酸Na、バルプロ酸ナトリウム
併用することにより、これらの医薬品の血中濃度が低下するおそれがあります。
ネビラピン ビラミューン
併用により、リトナビルの血中濃度が減少するおそれがあります。
エファビレンツ ストックリン
リトナビルおよびエファビレンツの血中濃度が上昇するおそれがあります。
リオシグアト アデムパス
リトナビルと併用することにより、リオシグアトの血中濃度が上昇するおそれがあります。
ジゴキシン ジゴキシン、ジゴシン
併用により、ジゴキシンの血中濃度が有意に増加したと報告されています。
ロペラミド塩酸塩 ロペミン、ロペラミド、ロペラミド塩酸塩
併用により、ロペラミドの血中濃度が上昇するおそれがあります。
アファチニブマレイン酸塩 ジオトリフ
アファチニブの血中濃度が上昇し、副作用が発現しやすくなるおそれがあります。
ロスバスタチンカルシウム クレストール、ロスバスタチン
併用により、ロスバスタチンの血中濃度が上昇するおそれがあります。
グレカプレビル・ピブレンタスビル マヴィレット
併用することにより、グレカプレビルおよびピブレンタスビルの血中濃度が上昇するおそれがあります。
トラゾドン塩酸塩 デジレル、レスリン、トラゾドン塩酸塩
トラゾドンの血中濃度が上昇し、悪心やめまい、低血圧、失神を起こす可能性があります。
PR間隔を延長させる薬剤 ワソラン、ベラパミル塩酸塩、レイアタッツ
併用により、PR間隔が延長するおそれがあります。
エトラビリン インテレンス
併用により、エトラビリンの血中濃度が低下したとの報告がされています。リトナビル600mg1日2回との併用は推奨されていません。
ネルフィナビルメシル酸塩
併用することにより、ネルフィナビルの血中濃度が上昇するとの報告があります。
その他のHIVプロテアーゼ阻害薬 ノービア、レクシヴァ、レイアタッツ、プリジスタ、カレトラ
併用により、これらの医薬品の血中濃度が上昇するおそれがあります。
マラビロク シーエルセントリ
併用により、マラビロクの血中濃度が上昇するおそれがあります。
セイヨウオトギリソウ含有食品
リトナビルの代謝が促進され、血中濃度が低下するおそれがあります。服用中はセイヨウオトギリソウ含有食品を摂取しないようご注意ください。
タバコ
喫煙により、リトナビルの血中濃度曲線下面積が減少するおそれがあります。

ノービアジェネリックの副作用

重篤な副作用

錯乱、痙攣発作、脱水、高血糖、糖尿病、肝炎、肝不全、過敏症、中毒性表紙壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、出血傾向

その他の副作用

消化器 悪心、下痢、嘔吐、腹痛、消化不良、食欲不振、鼓腸、口渇、げっぷ、潰瘍性口内炎、便秘、食道炎、嚥下障害、膵炎、アミラーゼ上昇
精神神経系 異常感覚、頭痛、めまい、傾眠、不眠、不安、神経過敏、倦怠感、抑うつ、思考異常、末梢神経障害、異夢、失神、振戦、性欲減退、インポテンス
感覚器 口周囲感覚異常、味覚倒錯、知覚過敏、ぶどう膜炎、視覚異常、眼痛、嗅覚錯誤、耳鳴、網膜炎
全身症状 無力症、発熱、疼痛、多汗、体重減少、悪寒、胸痛、背部痛、インフルエンザ様症候群、体脂肪の再分布/蓄積
肝臓 肝機能検査異常、胆汁うっ滞性黄疸
呼吸器 咽頭炎、咳、呼吸困難
循環器 血管拡張、末梢血管障害、末梢性浮腫、心悸亢進、頻脈、低血圧、PR間隔延長
代謝・栄養 高脂血症、高コレステロール血症、血中尿酸上昇、トリグリセリド上昇
筋骨格 筋肉痛、関節痛、関節症、筋力低下、筋痙直、CK上昇
皮膚 斑状丘疹性皮疹、皮膚乾燥、ざ瘡
血液 白血球減少、貧血、リンパ節症、血小板減少、好中球減少、好酸球増加
腎臓 排尿障害、腎不全、腎結石、BUN上昇、クレアチニン上昇、腎機能障害
過敏症 発疹、そう痒、アレルギー反応

ノービアジェネリックの保管方法

・直射日光と高温多湿の環境を避け、1~30度の室温で保管してください。
・誤飲を防ぐため、小さなお子様の手の届かないところに保管してください。
・薬が残った場合、他の人に譲渡したり保管したりせずに廃棄してください。

 

ノービアジェネリックの口コミ

0件の口コミ

星5
 
0%
星4
 
0%
星3
 
0%
星2
 
0%
星1
 
0%

評価の高い口コミ

  • 件のいいね

良い評価の口コミが投稿されていません。

評価の低い口コミ

  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

投稿フォーム

商品口コミの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。

電話注文