電話番号

ロピド

ロピド1
  • ロピド1
  • ロピド2
  • ロピド3
  • ロピド4
  • 生活習慣病
  • 高血圧・高脂血症

0件の口コミ

商品名 ロピド
成分

ゲムフィブロジル

効果 高脂血症改善
副作用 体重減少、そう痒症、筋肉痛など
飲み方 1日2回、1回あたり600mgを朝食と夕食の30分前に水やぬるま湯で服用する。
製造元 Pfizer
在庫
この商品は現在売り切れとなっております。
以下の類似商品をぜひご確認くださいませ。
モノケット
  • 一酸化窒素を生成する
  • 全身の血管を拡張
 
リピトール・ジェネリック
  • 国内処方されているリピトールのジェネリックで安価
  • コレステロールが作られるのを抑えて減らす

ロピド 300mg100錠

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
300mg100錠 × 1箱 15,400(15,400円/箱 11,860(11,860円/箱 355pt

店長のオススメポイント

  • 扱いやすく服用しやすいカプセルタイプ
  • 血中脂質レベルを効果的にコントロールする
  • 1万円以上で送料無料
  • プライバシー守る安心梱包
  • 100%メーカー正規品取り扱い
  • いつでも購入可能 処方箋不要
  • 商品到着100%
  • コンビニ決済利用可能

おすすめの類似商品

ベナゼプリルAL カーディバス アテレックジェネリック
商品名

ベナゼプリルAL

カーディバス

アテレックジェネリック

価格

4860

7960

5760

メーカー

Hetero Labs

Sun Pharma

Intas Pharmaceuticals

商品詳細

ロピドについて

ロピドは、高脂血症の改善に高い効果を発揮する高脂血症治療薬です。
有効成分としてゲムフィブロジルが配合されており、血清トリグリセリドと超低密度リポタンパク質コレステロールを減少させ、高密度リポタンパク質コレステロールを増加させます。
これによって脂肪細胞の脂質分解を減少させ、血中脂質レベルが正常な状態になるようにコントロールして症状を改善へと導きます。
カプセルタイプを採用して作られているので薬特有の味を感じにくく、簡単に服用することができます。

ロピドの効果

有効成分のゲムフィブロジルは、高脂血症の改善に効果的な成分です。
フィブラート系薬剤に分類される成分でもあり、血清トリグリセリドと超低密度リポタンパク質コレステロールを減少させて高密度リポタンパク質コレステロールを増加させる作用を有しています。
このような作用によって脂肪細胞の脂質の分解を減少させ、異常をきたしていた血中脂質レベルを改善し、正常な値になるようコントロールします。

用法用量

ロピドの服用・使用方法

服用・使用量について

1日2回、1回につき600mgを朝食と夕食の30分前に水やぬるま湯と一緒に服用します。

服用・使用のタイミングについて

朝食と夕食の30分前に服用してください。

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

アルコールの影響はありません。

ロピドの服用・使用時の注意点

これらに該当する方はロピドを服用・使用できない、または慎重に服用・使用する必要があります。

ロピドを服用できない方

  • ・原発性胆汁性肝硬変を含む、肝臓または重度の腎機能障害の症状がある方
  • ・胆嚢疾患がある方
  • ・シンバスタチン、レパグリニド、ダサブビル、セレキシパグを服用中の方
  • ・配合されている有効成分に対する過敏症の既往歴がある方

併用禁忌

併用禁忌

シンバスタチン リポバス、シンバスタチン
併用することにより、ミオパシーおよび横紋筋融解症のリスクが増加するおそれがあります。
レパグリニド シュアポスト、レパグリニド
併用により、レパグリニドの血中濃度曲線下面積が8.1倍、28.6倍になったと報告されています。
セレキシパグ ウプトラビ
併用することにより、セレキシパグへの曝露量が2倍になり、活性代謝物への曝露量が約11倍増加したと報告されています。
HMG-CoA還元酵素阻害薬 リポバス、シンバスタチン、メバロチン、プラバスタチンNa、プラバスタチンNa塩、プラバスタチンナトリウム、メバレクト、ローコール、フルバスタチン、リピトール、アトルバスタチン、クレストール、ロスバスタチン、ピタバスタチンCa、ピタバスタチンカルシウム、リバロ
ミオパシーおよび横紋筋融解症のリスクが増加するおそれがあります。

併用注意

ワーファリン ワルファリンK、ワーファリン
出血合併症がみられるおそれがあります。
CYP2C8基質薬 ロペミン、ロペラミド、ロペラミド塩酸塩、ソニアス、アクトス、ピオグリタゾン、シュアポスト、レパグリニド、チョコラ、トレプロスト、ウプトラビ、エベレンゾ、アデムパス、ルプラック、トラセミド、ケレンディア、パルモディア、ラミシール、テルビナフィン塩酸塩、テルビナフィン、エプクルーサ、エンドキサン、タシグナ、タフィンラー、タイケルブ、テプミトコ、イクスタンジ、アーリーダ、アモバン、ゾピクロン、トリンテリックス、メサペイン、プラケニル、キプレス、シングレア、モンテルカスト、モンテルカストナトリウム、アゾルガ、アブラキサン、タキソール、パクリタキセル、ザーネ
併用により、主にCYP2C8によって代謝される医薬品への曝露を増加させる可能性があります。
エンザルタミド イクスタンジ
併用により、エンザルタミドと活性代謝物の血中濃度曲線下面積が2.2倍増加し、対応する最高血中濃度が16%減少したと報告されています。エンザルタミドへの曝露量が増加すると、発作のリスクが増加する可能性があります。
コルヒチン
併用により、ミオパシーの発症を増強する可能性があります。
コレスチラミン クエストラン
併用することにより、血中濃度曲線下面積が30%減少したとの報告がされています。

ロピドの副作用

重篤な副作用

アナフィラキシー、筋無力症、横紋筋融解症、骨髄形成不全、急性虫垂炎、膵炎、肝癌、大腸炎

その他の副作用

心臓系 期外収縮、心房細動
胃腸系 胃腸障害、胆汁うっ滞性黄疸、下痢、吐き気、嘔吐、腹痛、消化不良、便秘
中枢神経系 めまい、傾眠、感覚異常、末梢神経炎、うつ、頭痛、混乱、痙攣、失神
ぼやけた視界、網膜浮腫
泌尿生殖系 インポテンス、男性生殖能力の低下、腎機能障害
筋骨格系 ミオパシー、筋肉痛、四肢の痛み、関節痛、滑膜炎
血液系 貧血、血小板減少症、白血球減少症、好酸球増加症
免疫系 血管浮腫、咽頭浮腫、ループス様症候群、血管炎
皮膚系 剥脱性皮膚炎、脱毛症、発疹、光過敏症、皮膚炎、そう痒症、蕁麻疹
臨床検査 クレアチンホスホキナーゼ増加、ビリルビン増加、AST・ALT増加、アルカリホスファターゼ増加、抗核抗体陽性
その他 体重減少

ロピドの保管方法

・高温多湿の環境を避け、直射日光が当たらない場所で保管してください。
・誤飲や誤用を避けるため、小さなお子様の手の届かないところに保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

 

ロピドの口コミ

0件の口コミ

星5
 
0%
星4
 
0%
星3
 
0%
星2
 
0%
星1
 
0%

評価の高い口コミ

  • 件のいいね

良い評価の口コミが投稿されていません。

評価の低い口コミ

  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

投稿フォーム

商品口コミの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。

電話注文