電話番号

アルスロシン

アルスロシン1
  • アルスロシン1
  • アルスロシン2
  • アルスロシン3
  • アルスロシン4
  • 感染症
  • その他感染症

★ ★ ★ ★ 3件の口コミ

商品名 アルスロシン
成分

エリスロマイシン

効果 細菌感染症の改善
副作用 食欲不振、胃痛、下痢など
飲み方 1日800〜1200mgを4~6回に分けて服用する。
製造元 Alembic

アルスロシン 250mg500錠

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
250mg500錠 × 1箱 13,200(13,200円/箱 10,160(10,160円/箱 304pt

アルスロシン 500mg150錠

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
500mg150錠 × 1箱 10,900(10,900円/箱 8,360(8,360円/箱 250pt

店長のオススメポイント

  • 細菌の増殖を抑制して死滅
  • 幅広い抗菌スペクトルを有している
  • 1万円以上で送料無料
  • プライバシー守る安心梱包
  • 100%メーカー正規品取り扱い
  • いつでも購入可能 処方箋不要
  • 商品到着100%
  • コンビニ決済利用可能

おすすめの類似商品

リブチン ピーザイド コンブトール
商品名

リブチン

ピーザイド

コンブトール

価格

3860

6560

5560

メーカー

Lupin

Cadila

Lupin

商品詳細

アルスロシンについて

アルスロシンは、エリスロマイシンを有効成分に含む細菌感染症の治療薬です。
エリスロマイシンが細菌のタンパク質合成を阻害することで、細菌の増殖を抑制して死滅させます。
その結果、皮膚感染症や急性気管支炎、慢性膿皮症などの感染症を改善します。
上記の効果は、一般的な抗生物質では効かない非定型菌のマイコプラズマやクラミジアにも有効です。
さらにグラム陽性菌や陰性菌、嫌気性菌にも有効で、幅広い抗菌スペクトルを有しています。

アルスロシンの効果

エリスロマイシンは、細菌内のリボソームという器官に作用して、細菌の増殖を抑える成分です。
リボソームは、細菌の生存に不可欠なタンパク質合成を担っています。
エリスロマイシンがこの合成プロセスを妨げることで、細菌の増殖を阻害します。
その結果、皮膚感染症や急性気管支炎、慢性膿皮症などの感染症を改善します。
この効果は、グラム陽性菌や陰性菌、そしてマイコプラズマなど広範囲の細菌に対して有効です。

用法用量

アルスロシンの服用・使用方法

服用・使用量について

1日800〜1200mgを4~6回に分けて服用してください。
なお、年齢や症状によって適宜増減します。

服用・使用のタイミングについて

指定されていません。

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

アルコールの影響はありません。

アルスロシンの服用・使用時の注意点

これらに該当する方はアルスロシンを服用・使用できない、または慎重に服用・使用する必要があります。

アルスロシンを服用できない方

  • ・アルスロシンの成分に対して過敏症の既往歴がある人
  • ・併用禁忌に指定されている医薬品を服用中の人

併用禁忌

併用禁忌

エルゴタミン酒石酸塩・無水カフェイン・イソプロピルアンチピリン、ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩 クリアミン、ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩
四肢の虚血、血管攣縮等が起こると報告されています。
ピモジド オーラップ
QT延長、心室性不整脈等が発現するおそれがあります。
アスナプレビル スンベプラ
肝臓に関連した副作用が発現し、重症化するおそれがあります。

併用注意

ジソピラミド、キニジン硫酸塩水和物 リスモダン、ジソピラミド、ジソピラミドリン酸塩、キニジン硫酸塩
QT延長、心室性不整脈等を起こすおそれがあります。
テオフィリン、アミノフィリン水和物 テオドール、テオフィリン、テオロング、ユニコン、ユニフィル、アプニション、アミノフィリン、ネオフィリン
悪心・嘔吐、不整脈、痙攣等を起こすおそれがあります。
シクロスポリン、タクロリムス水和物 パピロック、サンディミュン、ネオーラル、シクロスポリン、タリムス、プロトピック、タクロリムス、グラセプター、プログラフ
腎障害等を起こすおそれがあります。
ワルファリンカリウム ワルファリンK、ワーファリン
出血傾向、プロトロンビン時間延長等を起こすおそれがあります。
イリノテカン塩酸塩水和物 イリノテカン塩酸塩、オニバイド、カンプト、トポテシン
骨髄機能抑制、下痢等の副作用を増強するおそれがあります。
ビンブラスチン硫酸塩 エクザール
好中球減少、筋肉痛等を起こすおそれがあります。
バルプロ酸ナトリウム セレニカ、デパケン、バルプロ酸Na、バルプロ酸ナトリウム
傾眠、運動失調等を起こすおそれがあります。
フェロジピン スプレンジール、フェロジピン
降圧作用を増強されるおそれがあります。
ベラパミル塩酸塩 ワソラン、ベラパミル塩酸塩
血圧低下、徐脈性不整脈、乳酸アシドーシス等を起こすおそれがあります。
ミダゾラム、トリアゾラム ドルミカム、ミダゾラム、ブコラム、ミダフレッサ、ハルシオン、トリアゾラム
鎮静作用を増強させるおそれがあります。
カルバマゼピン テグレトール、カルバマゼピン
めまい、運動失調等を起こすおそれがあります。
コルヒチン コルヒチン
下痢、腹痛、発熱、筋肉痛、汎血球減少、呼吸困難等を起こすおそれがあります。
シンバスタチン、アトルバスタチンカルシウム水和物 リポバス、シンバスタチン、リピトール、アトルバスタチン
悪心・嘔吐、不整脈、痙攣等を起こすおそれがあります。
シクロスポリン、タクロリムス水和物 パピロック、サンディミュン、ネオーラル、シクロスポリン、タリムス、プロトピック、タクロリムス、グラセプター、プログラフ
シンバスタチン、アトルバスタチンカルシウム水和物との併用により、急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症を起こすおそれがあります。
ピタバスタチンカルシウム水和物 リバロ、ピタバスタチンCa、ピタバスタチンカルシウム
シンバスタチン、アトルバスタチンカルシウム水和物との併用により、急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症を起こすおそれがあります。
ブロモクリプチンメシル酸塩、ドセタキセル水和物、パクリタキセル、セレギリン塩酸塩、シルデナフィルクエン酸塩、バルデナフィル塩酸塩水和物、タダラフィル、シロスタゾール パーロデル、ブロモクリプチン、タキソテール、ワンタキソテール、ドセタキセル、アブラキサン、タキソール、パクリタキセル、エフピー、セレギリン塩酸塩、レバチオ、シルデナフィル、バイアグラ、バルデナフィル、アドシルカ、タダラフィル、ザルティア、シアリス、プレタール、シロスタゾール
上記薬剤の血中濃度が上昇するおそれがあります。
ブロナンセリン、エプレレノン、エレトリプタン臭化水素酸塩、エベロリムス、サキナビルメシル酸塩 ロナセン、ブロナンセリン、セララ、エプレレノン、レルパックス、エレトリプタン、サーティカン、アフィニトール
これらの薬剤の作用が増強するおそれがあります。
副腎皮質ホルモン剤 メドロール、ソル・メドロール、デポ・メドロール、コートリル、ハイドロコートン、ヒドロコルチゾンリン酸エステルNa、ソル・コーテフ、ヒドロコルチゾンコハク酸エステルNa、ロコイド、パンデル、プレドニゾロン、プレドニン、プレドネマ、プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル、リドメックス、スピラゾン、キンダベート、クロベタゾン酪酸エステル、フルメトロン、フルオロメトロン、レダコート、マキュエイド、アフタッチ、トリアムシノロンアセトニド、ケナコルト−A、オルテクサー、ノギロン、アルメタ、アルクロメタゾンプロピオン酸エステル、サンテゾーン、デキサメタゾン、アフタゾロン、デカドロン、レナデックス、デキサメサゾン、オイラゾン、オルガドロン、テイカゾン、デキサート、D・E・X、ビジュアリン、リメタゾン、メサデルム、デキサメタゾンプロピオン酸エステル、ボアラ、エリザス、リンデロン、ベタメタゾン、サンベタゾン、ベタメタゾンリン酸エステルNa、リノロサール、ステロネマ、ベトネベート、ベタメタゾン吉草酸エステル、デルモゾール、ベタメタゾンジプロピオン酸エステル、アンテベート、サレックス、ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル、フルコート、フルオシノロンアセトニド、テクスメテン、ネリゾナ、ドレニゾン、トプシム、フルオシノニド、パルミコート、ブデソニド、コレチメント、ゼンタコート、レクタブル、ジフロラゾン酢酸エステル、ダイアコート、ビスダーム、アズマネックス、フルメタ、モメタゾンフランカルボン酸エステル、ナゾネックス、モメタゾン、ベクロメタゾンプロピオン酸エステル、ベクロメタゾン、キュバール、サルコート、フルナーゼ、フルチカゾン、フルチカゾンプロピオン酸エステル、フルタイド、アラミスト、フルチカゾンフランカルボン酸エステル、アニュイティ、マイザー、ジフルプレドナート、クロベタゾールプロピオン酸エステル、グリジール、コムクロ、デルモベート、コートン、オルベスコ、エクラー、フロリネフ
これらの薬剤の消失半減期が延長するおそれがあります。
エバスチン エバステル、エバスチン
上記薬剤の作用が増強されるおそれがあります。
エドキサバントシル酸塩水和物 リクシアナ
出血のリスクを増大させるおそれがあります。
ジゴキシン ジゴキシン、ジゴシン
ジゴキシンの作用増強による嘔気、嘔吐、不整脈等の中毒症状が起こるおそれがあります。
ザフィルルカスト ザフィルルカスト
ザフィルルカストの血中濃度が低下するおそれがあります。
シメチジン カイロック、タガメット、シメチジン
難聴を起こすおそれがあります。
リトナビル ノービア
本剤のACUが上昇するおそれがあります。

アルスロシンの副作用

重篤な副作用

偽膜性大腸炎等の血便を伴う重篤な大腸炎、心室頻拍、QT延長、ショック、アナフィラキシー、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、急性腎障害、肝機能障害、黄疸

その他の副作用

過敏症 発疹
消化器 食欲不振、悪心・嘔吐、胃痛、下痢、鼓腸、胃部不快感、便秘、腹部痙攣
視力低下、霧視

アルスロシンの保管方法

・直射日光を避けて、湿気の少ない場所で保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

 

アルスロシンの口コミ

★ ★ ★ ★ 3件の口コミ

星5
 
0%
星4
 
67%
星3
 
33%
星2
 
0%
星1
 
0%

評価の高い口コミ

  • 匿名さん
  • ★★★★
  • 30件のいいね

常備してて良かった~クラミジアになったから即効飲んだ。海外の薬でも体に合わない事はないね。副作用は全くなかったし。まだ完全には治ってないからもう少し飲んでみる。

評価の低い口コミ

  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

  • ★★★

性病になった時用に買っておきます。病院で診てもらうのが恥ずかしいので。

  • ★★★★

膀胱炎に何度もなります。その度に病院に行くのは面倒ですし、ここで買った方が病院で貰える薬より数が多いので助かります。

  • ★★★★

常備してて良かった~クラミジアになったから即効飲んだ。海外の薬でも体に合わない事はないね。副作用は全くなかったし。まだ完全には治ってないからもう少し飲んでみる。

投稿フォーム

商品口コミの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。

電話注文