電話番号

アンパネル

アンパネル1
  • アンパネル1
  • アンパネル2
  • アンパネル3
  • アンパネル4
  • その他
  • てんかん

★ ★ ★ ★ 6件の口コミ

商品名 アンパネル
成分

ペランパネル

効果 てんかん発作予防
副作用 回転性めまい、食欲減退、酩酊感など
飲み方 1日1回、1回につき2mgから服用を開始し、就寝前に水やぬるま湯で服用します。
製造元 Sun Pharma

アンパネル 2mg100錠

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
2mg100錠 × 1箱 8,200(8,200円/箱 6,560(6,560円/箱 196pt

アンパネル 4mg100錠

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
4mg100錠 × 1箱 9,100(9,100円/箱 7,260(7,260円/箱 217pt

店長のオススメポイント

  • フィコンパ錠にも使われている成分を配合
  • 単剤療法にも併用療法にも用いられる
  • 1万円以上で送料無料
  • プライバシー守る安心梱包
  • 100%メーカー正規品取り扱い
  • いつでも購入可能 処方箋不要
  • 商品到着100%
  • コンビニ決済利用可能

おすすめの類似商品

トピロール ラミクタール テグレトール・ジェネリック
商品名

トピロール

ラミクタール

テグレトール・ジェネリック

価格

4960

3660

3860

メーカー

Sun Pharmaceutical

GlaxoSmithKline

Myfarma ilac San

商品詳細

アンパネルについて

アンパネルは、てんかん発作の予防に優れた効果を発揮する抗てんかん薬です。
有効成分としてペランパネルという成分が配合されており、興奮性の神経伝達物質であるグルタミン酸の受容体に対して作用します。
この受容体の活性化を阻害することでグルタミン酸による神経の過剰興奮を抑制し、てんかん発作の発生や伝播を抑えて予防効果を発揮します。
てんかんの部分発作と強直間代発作に対して有効で、これらのてんかん発作を効果的に抑え、問題なく毎日を過ごせる状態へと導きます。

アンパネルの効果

有効成分のペランパネルは、抗てんかん薬に使われる成分の1種です。
脳内の神経伝達物質のうち、興奮性のものであるグルタミン酸に影響を与える作用を有しているのが特徴です。
AMPA受容体というグルタミン酸の受容体の1つに作用し、この受容体の活性化を選択的かつ非競合的に阻害します。
これにより、グルタミン酸の影響による神経の過剰な興奮を抑制し、てんかん発作を抑えます。

用法用量

アンパネルの服用・使用方法

服用・使用量について

二次性全般化発作を含む部分発作に用いる場合

単剤療法の場合、1日1回、1回あたり2mgから開始し、就寝前に水やぬるま湯で服用します。
その後、2週間以上の間隔をあけて2mgずつ漸増し、維持用量は1日1回4~8mgとします。
なお、症状によって2週間以上の間隔をあけて2mg以下ずつ適宜増減しますが、1日最高8mgまでとしてください。

併用療法の場合は、1日1回、1回あたり2mgから開始し、就寝前に水やぬるま湯で服用します。
その後、1週間以上の間隔をあけて2mgずつ漸増します。
ペランパネルの代謝を促進する抗てんかん薬を併用しない場合の維持用量は、1日1回4~8mg、併用する場合は1日1回8~12mgとします。
なお、症状によって1週間以上の間隔をあけて2mg以下ずつ適宜増減しますが、1日最高12mgまでとします。

【強直間代発作に用いる場合】

1日1回、1回あたり2mgから開始し、就寝前に水やぬるま湯と一緒に服用します。
その後、1週間以上の間隔をあけて2mgずつ漸増してください。
ペランパネルの代謝を促進する抗てんかん薬を併用しない場合の維持用量は1日1回8mg、併用する場合の維持用量は1日1回8~12mgとします。
なお、症状によって1週間以上の間隔をあけて2mg以下ずつ適宜増減しますが、1日最高12mgまでとしてください。

服用・使用のタイミングについて

就寝前に服用するよう定められています。

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

アルコールの影響はありません。

アンパネルの服用・使用時の注意点

これらに該当する方はアンパネルを服用・使用できない、または慎重に服用・使用する必要があります。

アンパネルを服用できない方

  • ・重度の肝機能障害の症状がある方
  • ・配合されている有効成分に対する過敏症の既往歴がある方

併用禁忌

併用禁忌

ありません。

併用注意

カルバマゼピン、フェニトイン、ホスフェニトインナトリウム水和物 カルバマゼピン、テグレトール、アレビアチン、ヒダントール、ホストイン
併用することにより、ペランパネルの血中濃度が低下します。
CYP3A誘導作用を有する薬剤、セイヨウオトギリソウ含有食品 サンテゾーン、デキサメタゾン、アフタゾロン、デカドロン、レナデックス、デキサメサゾン、オイラゾン、オルガドロン、デカドロン、デキサート、サンテゾーン、D・E・X、ビジュアリン、リメタゾン、デキサメタゾンプロピオン酸エステル、メサデルム、ボアラ、エリザス、イメンド、アプレピタント、プロイメンド、ホスアプレピタント、リフキシマ、ノーモサング、トラクリア、ボセンタン、リファジン、リファンピシン、ゼルボラフ、タフィンラー、アーリーダ、ホストイン、カルバマゼピン、テグレトール、モディオダール、メサペイン、ジャドニュ、デフェラシロクス、ミコブティン、アメナリーフ、ローブレナ、タルグレチン、フェノバルビタール、フェノバール、ルピアール、ワコビタール、ノーベルバール、アレビアチン、ヒダントール
併用により、ペランパネルの血中濃度が低下する可能性があります。
CYP3A阻害作用を有する薬剤 クロトリマゾール、エンペシド、カイロック、シメチジン、タガメット、ラベキュア、ボノサップ、イメンド、アプレピタント、プロイメンド、ホスアプレピタント、ダフクリア、テネリア、オラデオ、ワソラン、ベラパミル塩酸塩、ケトコナゾール、ニゾラール、ジフルカン、フルコナゾール、プロジフ、ルリコン、ルリコナゾール、ルコナック、パーロデル、ブロモクリプチン、プロセキソール、クラリシッド、クラリス、クラリスロマイシン、イトラコナゾール、イトリゾール、ノクサフィル、プリジスタ、ラパリムス、カソデックス、ビカルタミド、アリミデックス、アナストロゾール、パピロック、サンディミュン、ネオーラル、シクロスポリン、ディアコミット、ノウリアスト、デプロメール、ルボックス、フルボキサミンマレイン酸塩、エクリラ、ホメピゾール、カログラ、オラビ、フロリード、ブリリンタ、タバリス、ネイリン、エリスロマイシン、エリスロシン、メフィーゴ、ノフロ、ノルフロキサシン、バクシダール、ブイフェンド、ボリコナゾール、ノービア、ゾコーバ、パキロビッド、カレトラ、プレバイミス、ザーコリ、ジカディア、ロズリートレク、リットフーロ、ジェセリ、クレセンバ
ペランパネルの血中濃度が上昇する可能性があります。
経口避妊薬(レボノルゲストレル) ミレーナ、ノルレボ、レボノルゲストレル
これらの医薬品の血中濃度が低下し、効果が減弱する可能性があります。
アルコール 精神運動機能の低下が増強することがあります。

アンパネルの副作用

重篤な副作用

攻撃性等の精神症状

その他の副作用

精神神経系 浮動性めまい、傾眠、頭痛、運動失調、平衡障害、構語障害、痙攣、振戦、気分動揺、感覚鈍麻、嗜眠、過眠症、感情不安定、気分変化、神経過敏、健忘、記憶障害、異常行動、錯乱状態、睡眠障害、錯感覚、自殺企図、注意力障害、精神運動亢進、協調運動異常、てんかん増悪、自殺念慮、多幸気分
消化器 悪心、嘔吐、腹部不快感、腹痛、下痢、口内炎、便秘、流涎過多
肝臓 肝機能異常、γ-GTP増加、AST増加、ALT増加
血液 貧血、低ナトリウム血症、好中球減少症
複視、眼振、霧視
筋骨格 筋力低下、筋肉痛、関節痛
その他 疲労、体重増加、回転性めまい、歩行障害、食欲減退、食欲亢進、心電図QT延長、異常感、倦怠感、尿中蛋白陽性、体重減少、不規則月経、鼻出血、転倒、酩酊感、挫傷、無力症、発熱、血中クレアチンホスホキナーゼ増加、尿失禁、上気道感染

アンパネルの保管方法

・高温多湿の環境を避け、直射日光が当たらない場所で保管してください。
・誤飲や誤用を避けるため、小さなお子様の手の届かないところに保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

 

アンパネルの口コミ

★ ★ ★ ★ 6件の口コミ

星5
 
33%
星4
 
33%
星3
 
17%
星2
 
17%
星1
 
0%

評価の高い口コミ

  • 匿名さん
  • ★★★★
  • 34件のいいね

飲み始めは副作用を感じるけど慣れると平気ですね。今は何ともありません。まだ発作は起こりますが、症状は軽くなってきてるので良かったです。

評価の低い口コミ

  • 匿名さん
  • ★★
  • 30件のいいね

最近なんか下痢になるなぁ、と思ったらこれを飲み始めたからでした。下痢があまりにも続くから飲みにくいかな。別の薬も試してみます。

並び替え:

  • ★★★

届くのに時間がこんなにもかかるとは思ってもいなかったので、かかりつけの病院でお薬を貰ってきました。こちらで買ったお薬は、無くなった時用として置いておきます。

  • ★★★★

飲み始めてからは発作の回数が減ってきてるし、副作用を何も感じないから自分に合ってる薬だと思います。

  • ★★★★

飲み始めは副作用を感じるけど慣れると平気ですね。今は何ともありません。まだ発作は起こりますが、症状は軽くなってきてるので良かったです。

  • ★★

最近なんか下痢になるなぁ、と思ったらこれを飲み始めたからでした。下痢があまりにも続くから飲みにくいかな。別の薬も試してみます。

  • ★★★★★

病院で貰う薬よりも、こっちの方が多く買える。何回も頼まなくていいから楽だね。飲む前は少し海外製に抵抗があったけど、効き目をちゃんと実感してるし、副作用が全然ないから手放せない。

  • ★★★★★

これを選んで良かったです。発作の症状が軽くなるどころか、最近は発作を起こすことも無くなりました。酷い時は倒れる程だったので本当に助かっています。ありがとうございます。

投稿フォーム

商品口コミの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。

電話注文