電話番号

レキサルティ

レキサルティ1
  • レキサルティ1
  • レキサルティ2
  • レキサルティ3
  • レキサルティ4
  • 抗うつ剤
  • 統合失調症

0件の口コミ

商品名 レキサルティ
成分

ブレクスピプラゾール

効果 統合失調症の改善
副作用 体重増加、倦怠感、不眠など
飲み方 1日1回1~2mgを服用します。
製造元 Otsuka Pharmaceutical

レキサルティ 1mg28錠

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
1mg28錠 × 1箱 19,600(19,600円/箱 15,960(15,960円/箱 478pt

レキサルティ 2mg28錠

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
2mg28錠 × 1箱 39,200(39,200円/箱 29,960(29,960円/箱 898pt

店長のオススメポイント

  • 統合失調症やうつの治療に使われる
  • 国内でも処方されている
  • 1万円以上で送料無料
  • プライバシー守る安心梱包
  • 100%メーカー正規品取り扱い
  • いつでも購入可能 処方箋不要
  • 商品到着100%
  • コンビニ決済利用可能

おすすめの類似商品

サイリル リスパダール・ジェネリック セロクエル・ジェネリック
商品名

サイリル

リスパダール・ジェネリック

セロクエル・ジェネリック

価格

3460

3360

4860

メーカー

Consern

Sun Pharma

Actavis

商品詳細

レキサルティについて

レキサルティはOtsuka Pharmaceuticalが製造・販売している統合失調症の治療薬です。
日本の企業である大塚製薬が海外向けに製造・販売している治療薬であり、国内でも同一成分を配合した治療薬がレキサルティとして承認・処方されています。
そのため、国内で処方されているレキサルティを普段から使用している方であれば、こちらのレキサルティも遜色なくお使いいただくことが可能です。
成分量は1mgと2mgの2種類で展開されているので、適したものを選びやすくなっています。

レキサルティの効果

有効成分であるブレクスピプラゾールは不安やうつ症状に関与しているとされるセロトニン5-HT1A受容体と結合して作動させることで、不安な気持ちや気持ちの落ち込みを和らげます。
また、セロトニン5-HT1A受容体だけでなく、ドパミン受容体やアドレナリン受容体などに対しても作動や拮抗作用を示します。
これらのさまざまな受容体に対する作動や拮抗作用によって、統合失調症やうつなどの症状を改善へと導きます。/p>

用法用量

レキサルティの服用・使用方法

服用・使用量について

統合失調症

1日1回1mgから服用を開始します。
その後、4日以上の間隔をあけて漸増して1日1回2mgを服用します。

うつ病・うつ状態(既存治療で十分な効果が認められない場合に限る)

1日1回1mgから服用を開始します。
十分な効果が認められず忍容性に問題がない場合は1日量を2mgへと増量することが可能です。

服用・使用のタイミングについて

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

アルコールの影響はありません。

レキサルティの服用・使用時の注意点

これらに該当する方はレキサルティを服用・使用できない、または慎重に服用・使用する必要があります。

レキサルティを服用できない方

  • ・昏睡状態の方
  • ・バルビツール酸誘導体・麻酔剤等の中枢神経抑制剤の強い影響下にある方
  • ・アドレナリンを投与されている方
  • ・本剤の成分に対し過敏症の既往歴がある患者

併用禁忌

併用禁忌

アドレナリン アドレナリン、エピペン、ボスミン
血圧降下を起こすおそれがあります。

併用注意

アドレナリン含有歯科麻酔剤 キシロカイン、エピリド、キシレステシン
血圧降下を起こすおそれがあります。
中枢神経抑制剤 ラボナ、ラボナール、イソゾール、チトゾール、フェノバルビタール、フェノバール、ルピアール、ワコビタール、ノーベルバール、プリミドン、イソフルラン、スープレン、セボフルラン、セボフレン、アネスタ、亜酸化窒素、液化亜酸化窒素、笑気、デュロップ、フェンタニル、ワンデュロ、フェンタニル、アブストラル、イーフェン、フェントス、フェンタニルクエン酸塩、ある千葉、レミフェンタニル、ケタラール、ディプリバン、プロポフォール、プロカイン塩酸塩、ロカイン、プロカニン、ロカイン、塩プロ、塩酸プロカイン、ジンジカイン、ハリケイン、ビーゾカイン、マーカイン、ペンレス、リドカイン、キシロカイン、カルボカイン、メピカイン塩酸塩、塩酸メピバカイン、スキャン度ネスト、アナペイン、ボプスカイン、ストロカイン、パオスクレー、グリヘノブルー、フェノール、消毒用フェノール、液状フェノール、カルボール、フェノール水、消毒用フェノール水、オキシブプロカイン、ネオベノール、ベノキシール、ラクリミン
相互に中枢神経抑制作用があるため作用を強めるおそれがあります。
降圧剤 カプトプリル、カプトリル、レニベース、エナラプリルマレイン酸塩、リシノプリル、ロンゲス、コバシル、ペリンドプリル、ペリンドプリルエルブミン、チバセン、ベナゼプリル塩酸塩、オドリック、トランドラプリル、アデカット、エースコール、テモカプリル塩酸塩、テモカプリル、イミダプリル塩酸塩、タナトリル、アラセプリル、セタプリル、ニューロタン、ロサルタンカリウム、ロサルタンK、ディオバン、バルサルタン、アバプロ、イルベサルタン、イルベタン、カンデサルタン、ブロプレス、カンデサルタン; カンデサルタン、テルミサルタン、ミカルディス、オルメテック、オルメサルタン、アジルサルタン、アジルバ、ラジレス、ヒドロクロロチアジド、フルイトラン、トリクロルメチアジド、ベハイド、バイカロン、メフルシド、テナキシル、ナトリックス、ノルモナール、アルダクトン、スピロノラクトン、セララ、エプレレノン、ミネブロ、トリテレン、アムロジン、ノルバスク、アムロジピン、スプレンジール、フェロジピン、ニカルジピン塩酸塩、ペルジピン、アダラート、セパミット、ニフェジピン、ニトレンジピン、バイロテンシン、ニバジール、ニルバジピン、カルスロット、マニジピン塩酸塩、ヒポカ、アテレック、シルニジピン、コニール、ベニジピン、ベニジピン塩酸塩、塩酸ベニジピン、アゼルニジピン、カルブロック、ランデル、ジルチアゼム塩酸塩、ヘルベッサー、アルドメット、メチルドパ、カタプレス、ワイテンス、アプレゾリン、ニトログリセリン、ミリスロール、ニトロダーム、バソレーター、ミオコール、ミニトロ、ミリス、ニトロペン、ニトプロ、セロケン、ロプレソール、メトプロロール酒石酸塩、アテノロール、テノーミン、アルセノール、ケルロング、ベタキソロール塩酸塩、ビソノ、メインテート、ビソプロロールフマル酸塩、セリプロロール塩酸塩、セレクトール、カルビスケン、ピンドロール、インデラル、プロプラノロール塩酸塩、ナディック、カルテオロール塩酸塩、ミケラン、ハイパジール、トランデート、ラベタロール塩酸塩、アーチスト、カルベジロール、カルバン、ローガン、アロチノロール塩酸塩、ミニプレス、カルデナリン、ドキサゾシン、エブランチル、バソメット、デタントール、プレミネント、ロサルヒド、コディオ、バルヒディオ、イルトラ、エカード、カデチア、ミコンビ、テルチア、アムバロ、エックスフォージ、ミカムロ、テラムロ、アイミクス、イルアミクス、ユニシア、カムシア、レザルタス、ザクラス、ジルムロ、アテディオ、エンレスト、ミカトリオ
相互に降圧作用を強めるおそれがあります。
ドパミン作動薬 パーロデル、ブロモクリプチン、カバサール、カベルゴリン、ハルロピ、レキップ、ロピニロール、ニュープロ、ラツーダ、イノバン、ツルドパミ、ドパミン、ドパミン塩酸塩、アポカイン、ドパストン、ドパゾール、ペルマックス、ペルゴリド、メシル酸ペルゴリド、ミラペックス、プラミペキソール塩酸塩、ビ・シフロール
上記薬剤の作用を弱めるおそれがあります。
アルコール 中枢神経作用が強まるおそれがあります。
CYP2D6阻害薬、CYP3A/CYP3A4阻害薬 カイロック、シメチジン、タガメット、プリンペラン、メトクロプラミド、塩酸メトクロプラミド、テネリア、パナルジン、チクロピジン、チクロピジン塩酸塩、オラデオ、メトリジン、ミドドリン塩酸塩、アプレゾリン、ベプリコール、ベプリジル塩酸塩、ラミシール、テルビナフィン塩酸塩、テルビナフィン、クレマスチン、タベジール、ベタニス、レグパラ、ビジンプロ、セレコキシブ、セレコックス、ディアコミット、クロルプロマジン塩酸塩、コントミン、ウインタミン、シクレスト、パキシル、パロキセチン、デプロメール、ルボックス、フルボキサミンマレイン酸塩、エスシタロプラム、レクサプロ、サインバルタ、デュロキセチン、エクリラ、ポララミン、d−クロルフェニラミンマレイン酸塩、ホメピゾール、クロトリマゾール、エンペシド、カイロック、シメチジン、タガメット、ラベキュア、ボノサップ、イメンド、アプレピタント、プロイメンド、ホスアプレピタント、ダフクリア、テネリア、オラデオ、ワソラン、ベラパミル塩酸塩、ケトコナゾール、ニゾラール、ジフルカン、フルコナゾール、プロジフ、ルリコン、ルリコナゾール、ルコナック、パーロデル、ブロモクリプチン、プロセキソール、クラリシッド、クラリス、クラリスロマイシン、イトラコナゾール、イトリゾール、ノクサフィル、プリジスタ、ラパリムス、カソデックス、ビカルタミド、アリミデックス、アナストロゾール、パピロック、サンディミュン、ネオーラル、シクロスポリン、ディアコミット、ノウリアスト、デプロメール、ルボックス、フルボキサミンマレイン酸塩、エクリラ、ホメピゾール、カログラ
レキサルティの作用が強まるおそれがあります。
CYP3A/CYP3A4誘導薬 D・E・X、アーリーダ、アフタゾロン、アプレピタント、イメンド、エリザス、オイラゾン、オルガドロン、カルバマゼピン、サンテゾーン、ジャドニュ、ゼルボラフ、タフィンラー、テイカゾン、デカドロン、デキサート、デキサメサゾン、デキサメタゾン、デキサメタゾンプロピオン酸エステル、テグレトール、デフェラシロクス、トラクリア、ノーモサング、ビジュアリン、プロイメン、ボアラ、ホスアプレピタント、ホストイン、ボセンタン、メサデルム、メサペイン、モディオダール、リファジン、リファンピシン、リフキシマ、リメタゾン、レナデックス
レキサルティの作用が弱まるおそれがあります。

レキサルティの副作用

重篤な副作用

悪性症候群、遅発性ジスキネジア、麻痺性イレウス、横紋筋融解症、高血糖、血糖病勢ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡、痙攣、無顆粒球症、白血球減少、肺塞栓症、深部静脈血栓症

その他の副作用

精神神経系 不眠、頭痛、傾眠、激越、浮動性めまい、落ち着きのなさ、不安、悪夢、回転性めまい、体位性めまい、自殺念慮、精神病性障害、歯ぎしり、異常な夢、チック、無為、平衡障害、敵意、錯感覚、幻聴、耳鳴、睡眠障害、勃起不全、パニック障害、抜毛癖、頭部動揺、衝動行為、頭部不快感、鎮静、易刺激性、リビドー減退、気力低下、躁病、感情不安定、知覚変容発作、離人感、注意力障害、感覚鈍麻、失神、下肢静止不能症候群、起立不耐性
錐体外路症状 アカシジア、振戦、錐体外路障害、ジスキネジア、流涎、パーキンソン症候群、筋骨格硬直、筋固縮、ジストニア、筋痙縮、運動緩慢、精神運動亢進、眼球回転発作
循環器 高血圧、心電図QT延長、起立性低血圧、徐脈、頻脈、不整脈、動悸、心室性期外収縮、第一度房室ブロック、右脚ブロック、心電図QRS群延長、低血圧、末梢循環不良
消化器 悪心、便秘、食欲亢進、口内乾燥、食欲不振、下痢、嘔吐、消化不良、腹痛、腹部不快感、腹部膨満、胃食道逆流性疾患、胃炎、排便回数増加、歯肉痛、歯肉腫脹、口唇乾燥、裂肛、過食、胃腸障害、口腔内不快感、唾液変性、口渇、嚥下障害
血液 白血球増加症、貧血、APTT延長、血小板減少、血小板増加症、グリコヘモグロビン増加、ヘモグロビン低下、好中球減少症、好中球増多、総蛋白減少
内分泌 高プロラクチン血症、月経異常、高インスリン血症、血中甲状腺刺激ホルモン増加、血中甲状腺刺激ホルモン減少、血中コルチコトロピン増加、甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症、副腎皮質機能亢進症、遊離サイロキシン減少、血中コルチコトロピン減少、遊離サイロキシン増加、低プロラクチン血症、性腺機能低下、乳汁分泌障害、血中インスリン異常
泌尿器 尿潜血陽性、尿閉、頻尿、蛋白尿、尿中ケトン体陽性、血中尿素増加
肝臓 肝障害、AST上昇、ALT上昇、高ビリルビン血症、γ-GTP上昇、脂肪肝、肝酵素上昇、LDH上昇、ALP上昇
過敏症 発疹、そう痒症、紅斑、湿疹
皮膚 皮膚炎、ざ瘡、逆むけ、皮膚乾燥、多汗症、寝汗
代謝異常 CK上昇、脂質異常症、糖尿病、高尿酸血症、低カリウム血症、低ナトリウム血症、高カリウム血症、低リン血症、血中尿酸減少
呼吸器 気管支炎、咳嗽、鼻出血、息詰まり感、呼吸困難、口腔咽頭痛、副鼻腔うっ血、上咽頭炎
霧視、眼乾燥、眼瞼痙攣、瞬目過多、流涙増加、結膜炎、眼瞼浮腫、眼瞼下垂、羞明
その他 体重増加、倦怠感、疲労、体重減少、ほてり、筋肉痛、無力症、歩行障害、疼痛、不快感、背部痛、顎痛、筋攣縮、筋緊張、灼熱感、頚部痛、性器出血、非心臓性胸痛、四肢痛、関節硬直、カンジダ症、真菌感染、筋力低下、悪寒、異常感、熱感、浮腫、異物感、体温調節障害

レキサルティの保管方法

・直射日光を避けて、湿気の少ない場所で保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

 

レキサルティの口コミ

0件の口コミ

星5
 
0%
星4
 
0%
星3
 
0%
星2
 
0%
星1
 
0%

評価の高い口コミ

  • 件のいいね

良い評価の口コミが投稿されていません。

評価の低い口コミ

  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

投稿フォーム

商品口コミの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。

電話注文