電話番号

パロキセチン

パロキセチン1
  • パロキセチン1
  • パロキセチン2
  • パロキセチン3
  • パロキセチン4
  • 抗うつ剤
  • うつ病

★ ★ ★ ★ 8件の口コミ

商品名 パロキセチン
成分

パロキセチン

効果 憂鬱な気分や不安感の解消
副作用 傾眠、めまい、嘔気など
飲み方 症状に対して定められている服用量を1日1回、夕食後に水またはぬるま湯で服用する。
製造元 Mylan
在庫
この商品は現在売り切れとなっております。
以下の類似商品をぜひご確認くださいませ。
ジェリフォルテ
  • 天然由来のハーブを多数配合
  • 副作用のリスクが無いから安心
 
サミー
  • うつ病以外にも有効
  • 体内に存在する成分のため副作用が少ない

パロキセチン 20mg56錠

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
20mg56錠 × 1箱 8,000(8,000円/箱 6,160(6,160円/箱 184pt
20mg56錠 × 2箱 14,900(7,450円/箱 11,460(5,730円/箱 343pt
20mg56錠 × 3箱 20,000(6,666円/箱 15,360(5,120円/箱 460pt

店長のオススメポイント

  • パキシルと同等の効果がありながらも安い価格で入手することができる
  • 抗うつ薬のなかで最も高い効果が期待できる
  • 1万円以上で送料無料
  • プライバシー守る安心梱包
  • 100%メーカー正規品取り扱い
  • いつでも購入可能 処方箋不要
  • 商品到着100%
  • コンビニ決済利用可能

おすすめの類似商品

パキシル・ジェネリック キセパール サインバルタ・ジェネリック
商品名

パキシル・ジェネリック

キセパール

サインバルタ・ジェネリック

価格

8100

8060

6060

メーカー

Intas Pharmaceuticals

Consern

Sun Pharmaceutical

商品詳細

パロキセチンについて

パロキセチンは、気分が晴れずに落ち込んだり、悲観的になったりといった心の症状を改善する抗うつ薬です。うつ病の他にパニック障害や強迫性障害、社会不安障害などさまざまな精神疾患の治療に用いられています。セロトニンの再取り込みを阻害する作用があることから、さまざまにある抗うつ剤のうちのSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)に該当します。パロキセチンは最強のSSRIとして知られ、効果が最も強い抗うつ剤に分類されているのです。また、日本国内で処方されているパキシルのジェネリック医薬品であり、同等の効果を得ながらも安い価格で購入することができます。

パロキセチンの効果

有効成分であるパロキセチンには、脳内の神経伝達物質であるセロトニンを再取り込みするセロトニントランスポーターの働きを阻害する作用があります。その結果、セロトニンの働きが向上され、意欲を高めたり、憂鬱な気分を解消したりするといった効果があります。不安や緊張をほぐして気持ちを楽にすることから、うつ病や不安障害などの治療に用いられています。

用法用量

パロキセチンの服用・使用方法

服用・使用量について

(うつ病・うつ状態)
1日1回20~40mgを水またはぬるま湯で服用してください。初めて飲む人は1回10~20mgから服用を開始し、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量するようにしましょう。 なお、症状により1日40mgを超えない範囲で適宜増減してください。

(パニック障害)
1日1回30mgを水またはぬるま湯で服用してください。初めて飲む人は1回10mgから服用を開始し、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量するようにしましょう。 なお、症状により1日30mgを超えない範囲で適宜増減してください。

(強迫性障害)
1日1回40mgを水またはぬるま湯で服用してください。初めて飲む人は1回20mgから服用を開始し、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量するようにしましょう。 なお、症状により1日50mgを超えない範囲で適宜増減してください。

(社会不安障害)
1日1回20mgを水またはぬるま湯で服用してください。初めて飲む人は1回10mgから服用を開始し、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量する。 なお、症状により1日40mgを超えない範囲で適宜増減するようにしましょう。

(外傷後ストレス障害)
1日1回20mgを水またはぬるま湯で服用してください。 初めて飲む人は1回10~20mgより服用を開始し、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量するようにしましょう。 なお、症状により1日40mgを超えない範囲で適宜増減してください。

服用・使用のタイミングについて

夕食後のタイミングで服用するようにしましょう。 また、薬の作用によって眠気やめまいを起こすことがあるので自動車の運転や危険を伴う機械操作や作業前に服用することはできる限り避けましょう。

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

アルコールの影響によっていろいろな副作用が出やすくなるため、なるべく飲酒は控えるようにしましょう。

パロキセチンの服用・使用時の注意点

これらに該当する方はパロキセチンを服用・使用できない、または慎重に服用・使用する必要があります。

パロキセチンを服用できない方

  • ・パロキセチンに対して過敏症の既往歴がある人
  • ・MAO阻害剤を投与中あるいは投与中止後2週間以内の人
  • ・ピモジドを投与中の人

併用禁忌

併用禁忌

MAO阻害剤 エフピー、セレギリン塩酸塩、アジレクト、エクフィナ
セロトニン症候群があらわれることがある
ピモジト ピモジト
QT延長、心室性不整脈等の重篤な心臓血管系の副作用があらわれるおそれがある。

併用注意

セロトニン作用を有する薬剤 リーマス、炭酸リチウム、パキシル、パロキセチン、ジェイゾロフト、セルトラリン、デプロメール、ルボックス、フルボキサミンマレイン酸塩、レクサプロ、エスシタロプラム、イミグラン、スマトリプタン、アマージ、ナラトリプタン、ゾーミッグ、ゾルミトリプタン、マクサルト、リザトリプタン、レルパックス、エレトリプタン、L-トリプトファン、5-ヒドロキシトリプトファン、ツートムラ、トラマール、ワントラム、トラマドール塩酸塩、アブストラルイーフェン、フェンタニル、フェントス、フェンタニルクエン酸塩、ザイボックス、リネゾリド、セイヨウオトギリソウ含有食品、メチレンブルー
セロトニン症候群等のセロトニン作用による症状があらわれることがあります。
フェノチアジン系抗精神病剤、リスペリドン クロルプロマジン塩酸塩、コントミン、ウインタミン、ヒルナミン、レボトミン、レボメプロマジン、フルデカシン、フルメジン、トリラホン、ピーゼットシー、ノバミン、ニューレプチル、リスパダール、リスパダールコンスタ、リスペリドン
これらの抗精神病剤との併用によって悪性症候群があらわれるおそれがあります。
三還系抗うつ剤 イミドール、トフラニール、アナフラニール、スルモンチール、アンプリット、アミトリプチリン塩酸塩、トリプタノール、ノリトレン、プロチアデン、アモキサン
三還系抗うつ剤の作用が増強されるおそれがあります。
抗不整脈剤 キニジン硫酸塩、アミサリン、リスモダン、ジソピラミド、ジソピラミドリン酸塩、シベノール、シベンゾリンコハク酸塩、ピメノール、キシロカイン、リドカイン、メキシチール、メキシレチン塩酸塩、アスペノイン、アプリンジン塩酸塩、プロノン、プロパフェノン塩酸塩、タンボコール、フレカイニド酢酸塩、サンリズム、ピルシカイニド塩酸塩、カルビスケン、ピンドロール、インデラル、プロプラノロール塩酸塩、ナディック、ミケラン、カルテオロール塩酸塩、セロケン、ロプレソール、メトプロロール酒石酸塩、テノーミン、アテノロール、アルセノール、ビソノ、メインテート、ビソプロロールフマル酸塩、ブレビブロック、オノアクト、コアベータ、アドビオール、アロチノロール塩酸塩、アンカロン、アミオダロン、アミオダロン塩酸塩、ソタコール、ソタロール塩酸塩、シンビット、ワソラン、ベラパミル塩酸塩、ベプリコール、ヘルベッサー、ジルチアゼム塩酸塩、ジゴキシン、ジゴシン、ジギラノゲン、メチルジゴキシン、ラニピッド
抗不整脈剤の作用が増強されるおそれがあります。
β-遮断剤 チモプトール、リズモン、チモロール
β-遮断剤の作用が増強されるおそれがあります。
β-遮断剤 セロケン、ロプレソール、メトロプロロール酒石酸塩、テノーミン、アテノロール、アルセノール、ベタキソロール、ケルロング、ベタキソロール塩酸塩、ビソノ、メインテート、ビソプロロールフマル酸塩、セレクトール、セリプロロール塩酸塩、ブレビブロック、オノアクト、コアベータ、カルビスケン、ピンドロール、インデラル、プロプラノロール塩酸塩、ヘマンジオル、チモプトール、リズモン、チモロール、ソタコール、ソタロール塩酸塩、ナディック、ミケラン、カルテオロール塩酸塩、レボブロノロール塩酸塩、アドビオール
パロキセチンとの併用によって重度の血圧低下が報告されています。
アトモキセチン塩酸塩 ストラテラ、アトモキセチン
アトモキセチンの血中濃度が上昇したという報告があります。
タモキシフェンクエン酸塩 ノルバデックス、タモキシフェン
タモキシフェンの作用が減弱されるおそれがあります。
キニジン硫酸塩水和物 キニジン硫酸塩
パロキセチンの作用が増強されるおそれがあります。
フェイトニン、フェノバルビタール、カルバマゼピンリファンピシン アレビアチン、ヒダントール、フェノバルビタール、フェノバール、ルピアール、ワコビタール、ノーベルバール、テグレトール、カルバマゼピン、リファジン、リファンピシン
パロキセチンの作用が減弱されるおそれがあります。
ホスアンプレナビルカルシウム水和物とリトナビルの併用時 レクシヴァ、ノービア
パロキセチンの作用が減弱されるおそれがあります。
ワルファリンカリウム ワルファリンK、ワーファリン
ワルファリンの作用が増強されるおそれがあります。
ジゴキシン ジゴキシン、ジゴシン
ジゴキシンの作用が減弱されるおそれがあります。
止血・血液凝固を阻害する薬剤、出血症状の報告のある薬剤 スルピリン、ジクトル、ナボール、ボルタレン、ジクロフェナクNa、ジクロフェナクナトリウム、ジクロード、セルタッチ、ナパゲルン、フェルビナク、ブロナック、ブロムフェナクNa、インテバン、インドメタシン、アコニップ、イドメシン、インシド、インテナース、カトレップ、コリフメシン、ゼムパック、ハップスター、ラクティオン、インフリー、インダシン、ランツジール、ミリダシン、クリノリル、オステラック、ハイペン、エトドラク、ジルダザック、ベンダザック、バキソ、ネバナック、ピロキシカム、フェルデン、ロルカム、ロルノキシカム、モービック、メロキシカム、フルカム、ブルフェン、イブプロフェン、スタデルム、ベシカム、イブリーフ、ナイキサン、カピステン、ケトプロフェン、セクター、ミルタックス、モーラス、スルプロチン、スレンダム、トパルジック、フロベン、アドフィード、ゼポラス、フルルバン、ヤクバン、フルルビプロフェン、ロピオン、ロキソニン、アルボ、ロキソプロフェン、ロキソプロフェンNa、ロキソプロフェンナトリウム、プラノプロフェン、ニフラン、ソレトン、ペオン、ザルトプロフェン、ポンタール、コンベック、フエナゾール、オパイリン、セレコックス、セレコキシブ、レリフェン、アスピリン、バイアスピリン、サリチル酸Na、サリチル酸ナトリウム、エテンザミド、アザルフィジン、サラゾピリン、サラゾスルファピリジン、アサコール、ペンタサ、メサラジン、リアルダ、サリチル酸メチル、アズノール、アーズミン、AZ、アズレン、アズレイ、ソランタール、パラミヂン、ワルファリンK、ワーファリン、クロルプロマジン塩酸塩、コントミン、ウインタミン、ヒルナミン、レボトミン、レボメプロマジン、フルデカシン、フルメジン、トリラホン、ピーゼットシー、ノバミン、ニューレプチル、クロザリル、ジプレキサ、オランザピン、セロクエル、ビプレッソ、クエチアピン、リスパダール、リスパダールコンスタ、リスペリドン、エビリファイ、アリピプラゾール、インヴェガ、ゼプリオン、ロナセン、ブロナンセリン、ルーラン、ペロスピロン塩酸塩、イミドール、トフラニール、アナフラニール、スルモンチール、アンプリット、アミトリプリチン塩酸塩、トリプタノール、プロチアデン、ノリトレン、アモキサン
出血傾向が増強するおそれがあります。

パロキセチンの副作用

重篤な副作用

セロトニン症候群、悪性症候群、痙攣、錯乱、幻覚、せん妄、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、重篤な肝機能障害、横紋筋融解症、白血球減少、血小板減少、汎血球減少、無顆粒球症、アナフィラキシー

その他の副作用

全身症状 倦怠(感)、ほてり、無力症、疲労、発熱、悪寒
精神神経系 傾眠、めまい、頭痛、不眠、振戦、神経過敏、知覚減退、躁病反応、感情鈍麻、錐体外路障害、あくび、アカシジア、味覚異常、異常な夢、健忘、失神、離人症、激越、緊張亢進、レストレスレッグス症候群
消化器 嘔気、便秘、食欲不振、腹痛、口渇、嘔吐、下痢、消化不良
循環器 心悸亢進、一過性の血圧上昇又は低下、起立性低血圧、頻脈
過敏症 発疹、そう痒、蕁麻疹、血管性浮腫、紅斑性発疹、光線過敏症
血液 白血球増多、ヘモグロビン減少、ヘマトクリット値増加又は減少、赤血球減少、異常出血
肝臓 肝機能検査値異常
腎臓・泌尿器 BUN上昇、尿沈渣、尿蛋白、排尿困難、尿閉、尿失禁
霧視、視力異常、散瞳、急性緑内障
その他 性機能異常、発汗、総コレステロール上昇、体重増加、血清カリウム上昇、総蛋白減少、乳汁漏出、末梢性浮腫、月経障害、高プロラクチン血症

パロキセチンの保管方法

・直射日光を避け、湿気が少なく涼しい場所で保管するようにしてください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

 

パロキセチンの口コミ

★ ★ ★ ★ 8件の口コミ

星5
 
38%
星4
 
25%
星3
 
25%
星2
 
13%
星1
 
0%

評価の高い口コミ

  • 匿名さん
  • ★★★★
  • 48件のいいね

心療内科に行くのが面倒になっていたので、スマホで薬が買えるのはありがたいです。しかも、ジェネリックなんで処方されてた薬よりも安く買えたので嬉しいです。

評価の低い口コミ

  • X
  • ★★
  • 41件のいいね

効果が一番高いと言われているだけあって、飲むとすぐに気分が落ち着きます。ただ時間が経つと、口が乾いてからからになりました。

並び替え:

  • ★★★

数回飲んだだけで、肩の荷が下りるかのように気持ちが楽になってく。このまま副作用がなければ、また購入して飲み続けてみたいと思う。

  • ★★★★

パキシルを飲んでいたんですが、お金に余裕がなくなったのでこっちを買いました。ジェネリックって新薬より効果なさそうなイメージがあったんですが、実際飲んでみたらそんなことなかったです。効果も変わらず安く買えるなら、パロキセチンに乗り換えてみようと思います。

  • ★★

効果が一番高いと言われているだけあって、飲むとすぐに気分が落ち着きます。ただ時間が経つと、口が乾いてからからになりました。

  • ★★★★★

社会不安障害と診断され、病院で処方された薬を服用していましたが、数ヶ月前からここで購入するようになりました。届くのに約2週間ほどかかりますが、病院よりも安く買えるならこっちを買った方がお得です。

  • ★★★★

心療内科に行くのが面倒になっていたので、スマホで薬が買えるのはありがたいです。しかも、ジェネリックなんで処方されてた薬よりも安く買えたので嬉しいです。

  • ★★★★★

外に出ることさえ嫌になり、病院にも行かなくなりました。でも、薬がないと不安なので、こちらで安価なジェネリックを購入してみました。以前処方された薬と同じように、パロキセチンも憂鬱感が軽減して気持ちが晴れるようになります。そのお陰か、最近は外に出てみようと思うようになりました。

  • ★★★★★

私は気分が落ち込んだり、イライラするなど起伏が激しくなります。改善するために色々と調べていると、パロキセチンを見つけたので買ってみました。飲み続けると、自分でも精神が安定しているのがわかりました。起伏が激しいと、周りに迷惑をかけてしまうこともあるので、改善できて良かったです。

  • ★★★

パキシルのジェネリックなので効果や副作用に問題はありませんでした。可もなく不可もなくって感じですが、安く買えたので良かったです。

投稿フォーム

商品口コミの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。

電話注文