電話番号

ピモジド

ピモジド1
  • ピモジド1
  • ピモジド2
  • ピモジド3
  • ピモジド4
  • 抗うつ剤
  • 統合失調症

★ ★ ★ ★ 5件の口コミ

商品名 ピモジド
成分

ピモジド

効果 統合失調症改善
副作用 腹痛、下痢、頭痛など
飲み方 1日1~3回に分けて、1~6mgを水かぬるま湯で服用します。
製造元 Intas Pharmaceuticals

ピモジド 2mg100錠

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
2mg100錠 × 1箱 6,500(6,500円/箱 4,960(4,960円/箱 148pt

店長のオススメポイント

  • さまざまな精神状態の改善に効果的
  • ジェネリックだから安価
  • 1万円以上で送料無料
  • プライバシー守る安心梱包
  • 100%メーカー正規品取り扱い
  • いつでも購入可能 処方箋不要
  • 商品到着100%
  • コンビニ決済利用可能

おすすめの類似商品

セロクエル・ジェネリック リスコン アリピゾル
商品名

セロクエル・ジェネリック

リスコン

アリピゾル

価格

4860

4400

1260

メーカー

Actavis

Consern Pharma

Sun Pharmaceutical

商品詳細

ピモジドについて

ピモジドは有効成分としてピモジドを配合しているのジェネリック医薬品です。
有効成分のピモジドが、脳内の情報伝達系の混乱を改善することによって、統合失調症におけるさまざまな精神症状を改善へと導きます。
また、ピモジドは統合失調症の症状だけでなく、強い不安感や緊張感、気分の停滞など色々な精神状態の改善に用いられることがあります。
さらに、自発性を高めて意思の疎通を良くする効果にも期待できるため、自閉性障害の改善を目的としても使用されることがあります。

 

ピモジドの効果

有効成分のピモジドにはドパミン受容体という部分に作用し、脳内で過剰に放出されたドパミンがこの受容体と結びついてしまわないよう阻害する作用があります。
この働きによって過剰になっていたドパミンの働きを正常な状態へ整え、混乱していた脳内の情報伝達を改善し、症状を緩和します。

用法用量

ピモジドの服用・使用方法

服用・使用量について

1日1回、必要に応じ2~3回に分割して服用します。
初期量は1~3mgですが、症状に応じ4~6mgに漸増します。
最高値は9mgまでとなっています。
1日1回の服用の場合は朝の服用が推奨されています。

服用・使用のタイミングについて

1回服用の場合は朝の服用が推奨されています。

食事の影響の有無

グレープフルーツジュースと一緒に飲むと重篤な副作用を起こすおそれがあります。

アルコールの影響の有無

中枢神経抑制作用があるため、一緒に服用することで作用を増強させることがあります。

ピモジドの服用・使用時の注意点

これらに該当する方はピモジドを服用・使用できない、または慎重に服用・使用する必要があります。

ピモジドを服用できない方

  • ・昏睡状態の人、バルビツール酸誘導体、麻酔剤等の中枢神経抑制剤の強い影響下にある人
  • ・ピモジドに対して過敏症のある人
  • ・うつ病の人
  • ・先天性QT延長症候群のある人、先天性QT延症候群の家族歴のある人、不整脈又はその既往歴のある人
  • ・QT延長を起こしやすい人
  • ・HIVプロアテーゼ阻害剤、アゾール系抗真菌剤を投与中の人

併用禁忌

併用禁忌

 
フェノチアジン系抗精神病薬 クロルプロマジン塩酸塩、コントミン、ウインタミン、ヒルナミン、レボトミン、レボメプロマジン、フルデカシン、フルメジン、トリラホン、ピーゼットシー、ノバミン、ニューレプチル
共にQT 間隔を延長する作用があるため
三環系抗うつ薬 イミドール、トフラニール、アナフラニール、スルモンチール、アンプリット、アミトリプチリン塩酸塩、トリプタノール、ノリトレン、プロチアデン、アモキサン
QT間隔に対する相加効果が起こる可能性がある
抗不整脈薬 キニジン硫酸塩、アミサリン、リスモダン、ジソピラミド、ジソピラミドリン酸塩、シベノール、シベンゾリンコハク酸塩、ピメノール、キシロカイン、リドカイン、メキシチール、メキシレチン塩酸塩、アスペノン、アプリンジン塩酸塩、プロノン、プロパフェノン塩酸塩、タンボコール、フレカイニド酢酸塩、サンリズム、ピルシカイニド塩酸塩、カルビスケン、ピンドロール、インデラル、プロプラノロール塩酸塩、ナディック、ミケラン、カルテオロール塩酸塩、セロケン、ロプレソール、メトプロロール酒石酸塩、テノーミン、アテノロール、ビソノ、メインテート、ビソプロロールフマル酸塩、ブレビブロック、オノアクト、コアベータ、アドビオール、アロチノロール塩酸塩、アンカロン、アミオダロン、アミオダロン塩酸塩、ソタコール、ソタロール塩酸塩、シンビット、ワソラン、ベラパミル塩酸塩、ベプリコール、ヘルベッサー、ジルチアゼム塩酸塩、ジゴキシン、ジゴシン、ジギラノゲン、 メチルジゴキシン、ラニラピッド
QT 間隔に対する相加効果が起こる可能性がある
CYP2D6阻害剤 カイロック、タガメット、シメチジン、プリンペラン、メトクロプラミド、テネリア、パナルジン、チクロピジン、チクロピジン塩酸塩、オラデオ、メトリジン、ミドドリン塩酸塩、アプレゾリン、ベプリコール、ラミシール、テルビナフィン塩酸塩、テルビナフィン、クレマスチン、タベジール、ベタニス、レグパラ、ビジンプロ、ファリーダック、セレコックス、セレコキシブ、ディアコミット、クロルプロマジン塩酸塩、コントミン、ウインタミン、シクレスト、パキシル、パロキセチン、デプロメール、ルボックス、フルボキサミンマレイン酸塩、レクサプロ、エスシタロプラム、サインバルタ、デュロキセチン、エクリラ、ポララミン、d−クロルフェニラミンマレイン酸塩、ホメピゾール
ピモジドの作用を増強する可能性があるため
リトナビルを含有する薬剤 ノービア、カレトラ、 ネルフィナビル 、ビラセプト、アタザナビル 、レイアタッツ、ホスアンプレナビル 、レクシヴァ
QT延長、心室性不整脈等の重篤な副作用を起こすおそれがある
ダルナビルを含有する薬剤 プリジスタ、プレジコビックス、シムツーザ
QT延長、心室性不整脈等の重篤な副作用を起こすおそれがある
安定薬 スルトプリド、バルネチール
共にQT間隔を延長させるおそれがあるため、併用により作用が増強するおそれがある
HIVプロテアーゼ阻害剤 ノービア、カレトラ、レイアタッツ、レクシヴァ、プリジスタ
代謝を阻害し、ピモジドの血中濃度が上昇するおそれがある
アゾール系抗真菌薬 トラコナゾール、イトリゾール、ボリコナゾール、ブイフェンド、ミコナゾール、フロリード、フルコナゾール、ジフルカン、ホスフルコナゾール、プロジフ、ポサコナゾール、ノクサフィル
代謝を阻害し、ピモジドの血中濃度が上昇するおそれがある
マクロライド系抗生物質 クラリスロマイシン、クラリス、クラリシッド、エリスロマイシン、エリスロシン
代謝を阻害し、ピモジドの血中濃度が上昇するおそれがある
抗ウイルス薬 レテルモビル、プレバイミス
代謝を阻害し、ピモジドの血中濃度が上昇するおそれがある
抗うつ薬 パロキセチン、パキシル、フルボキサミン、ルボックス、デプロメール、セルトラリン、ジェイゾロフト、エスシタロプラム、レクサプロ、ネファゾドン塩酸塩
代謝を阻害し、ピモジドの血中濃度が上昇するおそれがある

併用注意

中枢神経抑制剤 ラボナ、イソミタール、アイオナール、イソフルラン、スープレン、セボフレン、セボフルラン、アネスタ、亜酸化窒素、液化亜酸化窒素、笑気、ラボナール、イソゾール、チトゾール、デュロテップ、フェンタニル、ワンデュロ、ラフェンタ、アブストラル、イーフェン、フェンタニル、フェントス、フェンタニルクエン酸塩、アルチバ、レミフェンタニル、ケタラール、ディプリバン、プロポフォール、プロカイン塩酸塩、プロカニン、ロカイン、塩プロ、塩酸プロカイン、テトカイン、ジンジカイン、ハリケイン、ビーゾカイン、マーカイン、ペンレス、キシロカイン、リドカイン、リドカイン塩酸塩、カルボカイン、塩酸メピバカイン、スキャンドネスト、アナペイン、ポプスカイン、ストロカイン、パオスクレー、グリヘノブルー、フェノール、消毒用フェノール、液状フェノール、カルボール、フェノール水、オキシブプロカイン、オキシブプロカイン塩酸塩、ネオベノール、ベノキシール、ラクリミン、テーカイン
相互に中枢神経抑制作用を増強させることがある
消化器運動改善薬 プリンペラン、メトクロプラミド、塩酸メトクロプラミド、ナウゼリン、ガナトン、イトプリド塩酸塩、ガスモチン、モサプリドクエン酸塩
内分泌機能異常、錐体外路症状が発現しやすくなる
ドパミン作動薬 パーロデル、ブロモクリプチン、カバサール、カベルゴリン、ハルロピ、レキップ、ロピニロール、ニュープロ、ラツーダ、イノバン、ツルドパミ、ドパミン、ドパミン塩酸塩、アポカイン、ドパストン、ドパゾール、ペルマックス、ペルゴリド、メシル酸ペルゴリド、ミラペックス、プラミペキソール塩酸塩、ビ・シフロール
相互に作用を減弱させることがある
アルコール アルコール
相互に中枢神経抑制作用を増強させる事がある
グレープフルーツジ ュース グレープフルーツジュース
QT延長、心室性不整脈等の重篤な副作用を起こすおそれがある

ピモジドの副作用

重篤な副作用

心室頻拍、突然死、悪性症候群、痙攣発作、低ナトリウム血症、無顆粒球症、白血球減少、肺塞栓症、深部静脈血栓症

その他の副作用

錐体外路症状 パーキンソン症候群、筋強剛、流涎、アカシジア、ジスキネジア
精神神経系 不眠、眠気、不穏、興奮、多動、易刺激、幻覚・妄想の顕性化
循環器・呼吸器 起立性低血圧、低血圧、高血圧、頻脈、動悸、吐き気、嘔吐、食欲不振、胃腸障害、 嚥下障害、唾液分泌の増加
肝臓 AST上昇、ALT上昇
調節障害、かすみ目、白内障
過敏症 そう痒感
消化器 悪心・嘔吐、食欲不振、胃部不快感、便秘、腹痛、下痢
泌尿器 排尿障害、頻尿、夜尿
内分泌 プロラクチン値の上昇、性欲の喪失
その他 口渇、頻脈、めまい、ふらつき、便失禁、肥満、鼻出血、顔面浮腫、体温調節障害

ピモジドの保管方法

・子供の手の届かない冷暗所で保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

 

ピモジドの口コミ

★ ★ ★ ★ 5件の口コミ

星5
 
20%
星4
 
60%
星3
 
20%
星2
 
0%
星1
 
0%

評価の高い口コミ

  • 一休ちゃん
  • ★★★★
  • 45件のいいね

寝たきりで引きこもりがちでしたが、これを飲んでから少しずつ外に出るようになりました。飲んでから少し頭が痛い感じがしましたが、寝れば治まりました。

評価の低い口コミ

  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

  • ★★★★

多少の副作用を感じましたが、使っているうちに慣れていきました。クリニックに通うのが辛くなってしまったので、少しの間はこれを代用したいと思います。

  • ★★★★

寝たきりで引きこもりがちでしたが、これを飲んでから少しずつ外に出るようになりました。飲んでから少し頭が痛い感じがしましたが、寝れば治まりました。

  • ★★★★

高低差が激しい感情でしたが、今はなんとか安定してきています。効果もありやすく買えるのであれば、こっちを継続的に買おうと思います。

  • ★★★★★

たまに興奮を抑えられなくなるので、飲み始めました。効果が高いのか、今では落ち着いて生活を送れるようになっています。副作用もなく、安価で買えたので助かりました。

  • ★★★

ちょっと眠気を感じるので、車の運転などは避けた方が良さそうです。ですが、長期間飲むものなので、安く買えて良かったです。

投稿フォーム

商品口コミの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。

電話注文