電話番号

エファビレンツ

エファビレンツ1
  • エファビレンツ1
  • エファビレンツ2
  • エファビレンツ3
  • エファビレンツ4
  • 感染症
  • その他感染症

0件の口コミ

商品名 エファビレンツ
成分

エファビレンツ

効果 HIVの抑制
副作用 嘔気、嘔吐、下痢など
飲み方 600mgを1日1回服用する。
製造元 Aurobindo Pharma

エファビレンツ 600mg30錠

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
600mg30錠 × 1箱 54,000(54,000円/箱 41,560(41,560円/箱 1,246pt
600mg30錠 × 2箱 103,400(51,700円/箱 79,560(39,780円/箱 2,386pt
600mg30錠 × 3箱 142,400(47,466円/箱 109,560(36,520円/箱 3,286pt

店長のオススメポイント

  • エイズウイルスの増殖を抑えて発症を防ぐ
  • 強力な抗ウイルス効果を発揮
  • 1万円以上で送料無料
  • プライバシー守る安心梱包
  • 100%メーカー正規品取り扱い
  • いつでも購入可能 処方箋不要
  • 商品到着100%
  • コンビニ決済利用可能

おすすめの類似商品

タフェロEM テンビルEM ジオビルEM
商品名

タフェロEM

テンビルEM

ジオビルEM

価格

7560

10460

9460

メーカー

Hetero Labs

Cipla

Sunrise Remedies

商品詳細

エファビレンツについて

エファビレンツは、商品名と同じ名前のエファビレンツが有効成分として含まれている抗HIV薬です。
有効成分のエファビレンツは、エイズウイルスの遺伝子RNAをDNAへと逆転写する酵素の働きを阻害します。これにより、エイズウイルスの増殖を抑えてエイズの発症を抑制します。
強力な抗ウイルス効果を発揮しますが、単独で服用すると逆転写酵素が耐性を獲得して、エファビレンツの効果が減弱するおそれがあります。
そのため、服用する際は他の抗HIV薬と併用する必要があるため注意が必要になります。

エファビレンツの効果

エファビレンツは、エイズウイルスの遺伝子RNAをDNAに逆転写する酵素の活性部位に結合して、その活性を阻害します。
エイズウイルスは細胞に侵入した後、自身のRNA遺伝子をDNAへと逆転写することで感染を成立させます。
その結果、ウイルスの遺伝情報が宿主細胞のDNAに組み込まれ、ウイルスの増殖が始まるのです。
そこで、エファビレンツが逆転写する酵素の働きを阻害することにより、エイズウイルスの増殖を抑えてエイズを改善します。

用法用量

エファビレンツの服用・使用方法

服用・使用量について

600mgを1日1回服用してください。
なお、食事の有無にかかわらず服用できます。
また、服用に際しては必ず他の抗HIV薬と併用してください。

服用・使用のタイミングについて

指定されていません。

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

アルコールの影響はありません。

エファビレンツの服用・使用時の注意点

これらに該当する方はエファビレンツを服用・使用できない、または慎重に服用・使用する必要があります。

エファビレンツを服用できない方

  • ・エファビレンツの成分に対して過敏症の既往歴がある人
  • ・トリアゾラム、ミダゾラム、エルゴタミン酒石酸塩・無水カフェイン・イソプロピルアンチピリン、ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩、メチルエルゴメトリンマレイン酸塩及びエルゴメトリンマレイン酸塩を服用中の人
  • ・ボリコナゾールを服用中の人
  • ・エルバスビル、グラゾプレビルを服用中の人

併用禁忌

併用禁忌

トリアゾラム ハルシオン、トリアゾラム
上記の薬剤の代謝が抑制され、重篤または生命に危険を及ぼすような事象が起こる可能性があります。
ミダゾラム ドルミカム、ミダゾラム、ブコラム、ミダフレッサ
上記の薬剤の代謝が抑制され、重篤または生命に危険を及ぼすような事象が起こる可能性があります。
イソプロピルアンチピリン・エルゴタミン酒石酸塩・無水カフェイン クリアミン
上記の薬剤の代謝が抑制され、重篤または生命に危険を及ぼすような事象が起こる可能性があります。
ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩 ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩
上記の薬剤の代謝が抑制され、重篤または生命に危険を及ぼすような事象が起こる可能性があります。
メチルエルゴメトリンマレイン酸塩 バルタン、メチルエルゴメトリン、メチルエルゴメトリンマレイン酸塩
上記の薬剤の代謝が抑制され、重篤または生命に危険を及ぼすような事象が起こる可能性があります。
エルゴメトリンマレイン酸塩 エルゴメトリンマレイン酸塩
上記の薬剤の代謝が抑制され、重篤または生命に危険を及ぼすような事象が起こる可能性があります。
ボリコナゾール ブイフェンド、ボリコナゾール
ボリコナゾールのAUC及びCmaxがそれぞれ77%及び61%減少し、エファビレンツのAUC及びCmaxがそれぞれ44%及び38%増加しました。
エルバスビル エレルサ
上記の薬剤の血漿中濃度が低下し、効果が減弱するおそれがあります。
グラゾプレビル グラジナ、グラゾプレビル水和物
上記の薬剤の血漿中濃度が低下し、効果が減弱するおそれがあります。

併用注意

リトナビル ノービア
高頻度の臨床的有害事象(めまい、嘔気、異常感覚)及び臨床検査値異常が認められました。
ホスアンプレナビル レクシヴァ
エファビレンツのCYP3A4誘導作用により、アンプレナビルの代謝が促進されます。
アタザナビル レイアタッツ
アタザナビルの曝露量が減少しました。
ロピナビル・リトナビル カレトラ
エファビレンツのCYP3A4誘導作用により、ロピナビルの代謝が促進されるおそれがあります。
ダルナビル プリジスタ
エファビレンツのCYP3A4誘導作用により、ダルナビルの代謝が促進されるおそれがあります。
マラビロク シーエルセントリ
エファビレンツのCYP3A4誘導作用により、マラビロクの代謝が促進されるおそれがあります。
ドルテグラビル テビケイ
エファビレンツのCYP3A4及びUGT1A1誘導作用により、ドルテグラビルの代謝が促進されるおそれがあります。
ソホスブビル・ベルパタスビル エプクルーサ
ベルパタスビルの血漿中濃度が低下し、ソホスブビル・ベルパタスビルの効果が減弱するおそれがあります。
リファンピシン リファジン、リファンピシン
エファビレンツのAUCが26%、Cmaxが20%減少しました。
リファブチン ミコブティン
エファビレンツのAUCが26%、Cmaxが20%減少しました。
クラリスロマイシン クラリシッド、クラリス、クラリスロマイシン
エファビレンツがクラリスロマイシンの薬物動態に対して有意な影響を及ぼしました。
経口避妊薬 ジェミーナ、アンジュ、トリキュラー、ラベルフィーユ、ミレーナ、ノルレボ、レボノルゲストレル
ノルゲスチメートの活性代謝物であるノルエルゲストロミン及びレボノルゲストレルのAUCがそれぞれ64%及び83%減少しました。
セイヨウオトギリソウ含有食品 エファビレンツの血中濃度が低下し、抗ウイルス作用の欠如及びエファビレンツまたは他の非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤の耐性化が起こるおそれがあります。
アトルバスタチン リピトール、アトルバスタチン
併用した場合、アトルバスタチン単剤投与と比較して、定常状態におけるアトルバスタチン及びその由来物質のAUC及びCmaxを減少させました。
プラバスタチン メバロチン、プラバスタチンNa、プラバスタチンNa塩、プラバスタチンナトリウム、メバレクト
併用した場合、プラバスタチン単剤投与と比較して、定常状態におけるプラバスタチンのAUC及びCmaxが40%及び18%減少しました。
シンバスタチン リポバス、シンバスタチン
併用した場合、シンバスタチン単剤投与と比較して、定常状態におけるシンバスタチン及びその由来物質のAUC及びCmaxを減少させました。
抗痙攣薬 カルバマゼピン、テグレトール
各薬剤の血漿中濃度を増加あるいは減少させる可能性があります。
イトラコナゾール イトリゾール、イトラコナゾール
併用した場合、イトラコナゾール単剤投与と比較して、定常状態におけるイトラコナゾールのAUC、Cmax及びCminはそれぞれ39%、37%及び44%減少し、ヒドロキシイトラコナゾールのAUC、Cmax及びCminはそれぞれ37%、35%及び43%減少しました。
ポサコナゾール ノクサフィル
ポサコナゾールのクリアランスが亢進し、ポサコナゾールの血漿中濃度が低下します。
ジルチアゼム ヘルベッサー、ジルチアゼム塩酸塩
併用した場合、ジルチアゼム単剤投与と比較して、定常状態におけるジルチアゼムのAUC、Cmax及びCminはそれぞれ69%、60%及び63%減少し、デスアセチルジルチアゼムのAUC、Cmax及びCminは75%、64%及び62%減少し、N-モノデスメチルジルチアゼムのAUC、Cmax及びCminは37%、28%及び37%減少します。
アトバコン・プログアニル塩酸塩 マラロン
併用した場合、アトバコンのAUC及びCmaxはそれぞれ75%及び44%、プログアニルのAUCは43%低下しました。
肝毒性が知られている薬剤 アセトアミノフェン、アセリオ、アルピニー、アンヒバ、カロナール、ピレチノール、アレビアチン、ヒダントール、リファジン、リファンピシン
重篤な肝障害発現のリスクが増加します。

エファビレンツの副作用

重篤な副作用

皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑、肝不全、QT延長、精神神経系症状

その他の副作用

全身性一般 頭痛、インフルエンザ様症候群、疼痛、無力症、倦怠感、発熱、アルコール不耐性、ほてり、失神、末梢性浮腫、体脂肪の再分布・蓄積
消化器 嘔気、嘔吐、下痢、消化不良、胃炎、胃腸炎、胃食道逆流、アミラーゼ上昇、口渇、腹痛、鼓腸放屁、食欲亢進、食欲不振、膵炎
心・血管系 潮紅、動悸、頻脈
肝臓 AST上昇、ALT上昇、γ-GTP上昇、肝炎、総ビリルビン上昇
筋・骨格系 関節痛、筋痛
精神神経系 めまい、不眠、集中力障害、疲労、うつ症状悪化、激越、健忘、不安、運動失調、感情不安定、多幸症、幻覚、偏頭痛、異常感覚、抑うつ、神経過敏、傾眠、異夢、錯乱、協調障害、インポテンス、性欲減退、性欲亢進、神経痛、末梢神経障害、言語障害、痙攣、離人症、思考異常、振戦、感情鈍麻、精神病、小脳障害、カタトニー
呼吸器 喘息、副鼻腔炎、上気道感染
皮膚 発疹、斑状丘疹性皮疹、紅斑、脱毛、湿疹、脂漏、じん麻疹、毛包炎、そう痒、多汗、多汗、ざ瘡、皮膚はく離、光線過敏性皮膚炎
その他 好中球減少、耳鳴、血糖値上昇、体重減少、視力異常、味覚倒錯、総コレステロール上昇、血清トリグリセライド上昇、体重増加、複視、嗅覚錯誤、女性化乳房、貧血

エファビレンツの保管方法

・直射日光を避けて、湿気の少ない場所で保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

 

エファビレンツの口コミ

0件の口コミ

星5
 
0%
星4
 
0%
星3
 
0%
星2
 
0%
星1
 
0%

評価の高い口コミ

  • 件のいいね

良い評価の口コミが投稿されていません。

評価の低い口コミ

  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

投稿フォーム

商品口コミの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。

電話注文