電話番号

ジゴキシン

ジゴキシン1
  • ジゴキシン1
  • ジゴキシン2
  • ジゴキシン3
  • ジゴキシン4
  • 生活習慣病
  • 心筋梗塞・脳卒中予防薬

★ ★ ★ ★ 5件の口コミ

商品名 ジゴキシン
成分

ジゴキシン

効果 心臓病改善
副作用 筋力低下、めまい、下痢など
飲み方 初回は0.5~1mgを、以後0.5mgを6~8時間ごとに水やぬるま湯で服用する。
製造元 Aurobindo Pharma

ジゴキシン 125mcg100錠

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
125mcg100錠 × 1本 7,000(7,000円/本 5,360(5,360円/本 160pt

店長のオススメポイント

  • 西欧で古くから使われてきた歴史ある成分を配合
  • 弱った心臓の働きを助けて症状を改善する
  • 1万円以上で送料無料
  • プライバシー守る安心梱包
  • 100%メーカー正規品取り扱い
  • いつでも購入可能 処方箋不要
  • 商品到着100%
  • コンビニ決済利用可能

おすすめの類似商品

カラプチンSR イソプチン ダロブ
商品名

カラプチンSR

イソプチン

ダロブ

価格

6560

4160

3760

メーカー

Abbott

Mylan

Abbott

商品詳細

ジゴキシンについて

ジゴキシンは、心不全等の心臓病に対して効果的な抗不整脈薬です。
心筋細胞内のカルシウムイオンの濃度を高める作用を有しており、これによって心筋の収縮力を高めて収縮をサポートし、弱っている心臓の働きを改善します。
また、交感神経の緊張を和らげて心拍数を調節し、脈をゆっくりにする作用も併せ持っており、これらの働きによって心不全や頻脈性不整脈などの症状を改善へと導きます。
西欧で古くから用いられてきた薬用植物に由来している薬で、知名度が高く、実績も豊富なので安心してお使いいただけます。

ジゴキシンの効果

有効成分のジゴキシンは、心臓の収縮力を高める働きがある成分です。
リン酸化されたNa+,K+-ATPアーゼという膜貫通タンパク質のαサブユニットに結合して阻害する作用を有しており、この作用によってナトリウムイオンの流出を減少させて細胞内のナトリウムイオン濃度を増加させます。
その結果、心筋細胞内のカルシウムイオンが増加して心筋の収縮力が高まり、心不全の症状が改善されます。
また、徐脈作用や抗不整脈作用も有しており、乱れていた脈をゆっくりにする効果にも期待できます。

用法用量

ジゴキシンの服用・使用方法

服用・使用量について

初回0.5~1mg、以後0.5mgを6~8時間ごとに水やぬるま湯と一緒に服用します。
これを十分な効果があらわれるまで続けてください。
比較的急速飽和療法や緩徐飽和療法を行うことができ、維持療法の場合は1日0.25~0.5mgを同様に水やぬるま湯で服用してください。

服用・使用のタイミングについて

特に定められていません。

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

アルコールの影響はありません。

ジゴキシンの服用・使用時の注意点

これらに該当する方はジゴキシンを服用・使用できない、または慎重に服用・使用する必要があります。

ジゴキシンを服用できない方

  • ・房室ブロック、洞房ブロックの症状がある方
  • ・ジギタリス中毒の方
  • ・閉塞性心筋疾患の症状がある方
  • ・配合されている有効成分、またはジギタリス剤に対する過敏症の既往歴がある方

併用禁忌

併用禁忌

ありません。

併用注意

解熱・鎮痛・消炎薬 インテバン、インドメタシン、アコニップ、イドメシン、インサイド、インテナース、カトレップ、コリフメシン、ゼムパック、ハップスター、ラクティオン、インフリー、インダシン、ジクトル、ナボール、ボルタレン、ジクロフェナクNa、ジクロフェナクナトリウム、ジクロード
ジゴキシンの腎排泄が抑制されて血中濃度が上昇するとの報告があり、作用を増強することがあります。また、ジギタリス中毒の症状があらわれることがあります。
トラゾドン デジレル、レスリン、トラゾドン塩酸塩
併用することにより、ジゴキシンの血中濃度が上昇して作用が増強されることがあります。また、ジギタリス中毒の症状があらわれることがあります。
スキサメトニウム塩化物水和物 スキサメトニウム、レラキシン
併用により、重篤な不整脈を起こすおそれがあります。
抗コリン薬 ピレンゼピン塩酸塩、ダクチル、シーブリ、ラピフォート、プロ・バンサイン、トランコロン、メペンゾラート臭化物、セスデン、チメピジウム臭化物、アトロピン硫酸塩、アトロピン、アトロピン硫酸塩水和物、硫酸アトロピン、リュウアト、ブスコパン、ブチルスコポラミン臭化物、ダイピン、アコファイド、ハイスコ、アポハイド、ネオキシ; ネオキシ、ポラキス、オキシブチニン塩酸塩、バップフォー、プロピベリン塩酸塩、塩酸プロピベリン、デトルシトール、ベシケア、ソリフェナシンコハク酸塩、トビエース、ウリトス、ステーブラ、イミダフェナシン、クロルプロマジン塩酸塩、コントミン、ウインタミン、アトロベント、スピリーバ、エクリラ、エンクラッセ、サイプレジン、ミドリン、トロピカミド、コリオパン、チアトン、チキジウム臭化物、アーテン、セドリーナ、トリヘキシフェニジル塩酸塩、パーキネス、アキネトン、ビペリデン塩酸塩、乳酸ビペリデン、トリモール
ジギタリスの作用を増強することがあります。また、ジギタリス中毒の症状があらわれることがあります。
不整脈用薬 キニジン硫酸塩、アミサリン、リスモダン、ジソピラミド、ジソピラミドリン酸塩、シベノール、シベンゾリンコハク酸塩、ピメノール、キシロカイン、リドカイン、メキシチール、メキシレチン塩酸塩、アスペノン、アプリンジン塩酸塩、プロノン、プロパフェノン塩酸塩、タンボコール、フレカイニド酢酸塩、サンリズム、ピルシカイニド塩酸塩、カルビスケン、ピンドロール、インデラル、プロプラノロール塩酸塩、ナディック、ミケラン、カルテオロール塩酸塩、セロケン、ロプレソール、メトプロロール酒石酸塩、テノーミン、アテノロール、アルセノール、ビソノ、メインテート、ビソプロロールフマル酸塩、ブレビブロック、オノアクト、コアベータ、ランジオロール塩酸塩、アドビオール、アロチノロール塩酸塩、アンカロン、アミオダロン、アミオダロン塩酸塩、ソタコール、ソタロール塩酸塩、シンビット、ワソラン、ベラパミル塩酸塩、ベプリコール、ベプリジル塩酸塩、ヘルベッサー、ジルチアゼム塩酸塩、ジゴキシン、ジゴシン、ジギラノゲン、メチルジゴキシン、ラニラピッド
併用することにより、ジギタリスの作用を増強することがあります。また、悪心や嘔吐、不整脈等のジギタリス中毒の症状があらわれることがあります。
β遮断薬 セロケン、ロプレソール、メトプロロール酒石酸塩、テノーミン、アテノロール、アルセノール、ベタキソロール、ケルロング、ベタキソロール塩酸塩、ビソノ、メインテート、ビソプロロールフマル酸塩、セレクトール、セリプロロール塩酸塩、ブレビブロック、オノアクト、コアベータ、ランジオロール塩酸塩、カルビスケン、ピンドロール、インデラル、プロプラノロール塩酸塩、ヘマンジオル、チモプトール、リズモン、チモロール、ソタコール、ソタロール塩酸塩、ナディック、ミケラン、カルテオロール塩酸塩、レボブノロール塩酸塩、アドビオール
ジギタリスの作用を増強することがあります。また、ジギタリス中毒の症状が引き起こされることもあります。
利尿薬 ヒドロクロロチアジド、フルイトラン、トリクロルメチアジド、ベハイド、ラシックス、フロセミド、ダイアモックス、アルダクトン、スピロノラクトン、トルバプタン、サムスカ、サムタス
併用することにより、ジギタリスの作用を増強することがあります。また、ジギタリス中毒の症状があらわれることもあります。
血圧降下薬
併用により、ジギタリスの作用を増強するおそれがあります。また、ジギタリス中毒の症状や、薬力学的相互作用によって伝導抑制の増強や徐脈の誘発などがあらわれることもあります。
アンジオテンシンII受容体拮抗薬 ニューロタン、ロサルタンK、ロサルタンカリウム、ディオバン、バルサルタン、アバプロ、イルベタン、イルベサルタン、ブロプレス、カンデサルタン、カンデサルタン; カンデサルタン、ミカルディス、テルミサルタン、オルメサルタン、オルメテック、アジルサルタン、アジルバ
機序は不明ですが、ジギタリスの血中濃度が上昇して作用を増強することがあります。また、ジギタリス中毒の症状があらわれることもあります。
カルシウム拮抗薬 アムロジン、ノルバスク、アムロジピン、スプレンジール、フェロジピン、ペルジピン、ニカルジピン塩酸塩、アダラート、セパミット、ニフェジピン、バイロテンシン、ニトレンジピン、ニバジール、ニルバジピン、カルスロット、マニジピン塩酸塩、ヒポカ、アテレック、シルニジピン、コニール、ベニジピン、ベニジピン塩酸塩、塩酸ベニジピン、ワソラン、ベラパミル塩酸塩、ヘルベッサー、ジルチアゼム塩酸塩、ベプリコール、ベプリジル塩酸塩、トピナ、トピラマート、ランデル、カルブロック、アゼルニジピン、エピレオプチマル、ザロンチン、セレニカ、デパケン、バルプロ酸Na、バルプロ酸ナトリウム、エクセグラン、ゾニサミド、トレリーフ、ミグシス
ジギタリスの作用を増強することがあります。また、ジギタリス中毒の症状が引き起こされることがあります。
HMG-CoA還元酵素阻害薬 リポバス、シンバスタチン、メバロチン、プラバスタチンNa、プラバスタチンNa塩、プラバスタチンナトリウム、メバレクト、ローコール、フルバスタチン、リピトール、アトルバスタチン、クレストール、ロスバスタチン、ピタバスタチンCa、ピタバスタチンカルシウム、リバロ
ジギタリスの作用を増強することがあります。また、ジギタリス中毒の症状が引き起こされることがあります。
ポリスチレンスルホン酸塩 ケイキサレート、ポリスチレンスルホン酸Na、カリエード、カリメート、ポリスチレンスルホン酸Ca
併用により、ジギタリスの作用を増強することがあります。また、ジギタリス中毒の症状が引き起こされることがあります。
交感神経刺激薬 アンカロン、アミオダロン、アミオダロン塩酸塩、ドブタミン、ドブトレックス、ドブタミン塩酸塩、カルグート、デノパミン、ズファジラン、サルタノール、ベネトリン、サルブタモール、ブリカニール、ベロテック、フェノテロール臭化水素酸塩、イノリン、ホクナリン、ツロブテロール、ベラチン、ツロブテロール塩酸塩、セレベント、オーキシス、スピロペント、クレンブテロール、メプチン、プロカテロール塩酸塩、オンブレス、ウテメリン、リトドリン塩酸塩、ベタニス、アノーロ、イソメニール、プロタノール、アスプール、ネオシネジン、メトリジン、ミドドリン塩酸塩、プリビナ、プレセデックス、デクスメデトミジン、アルドメット、メチルドパ、カタプレス、インチュニブ、アイファガン、ブリモニジン酒石酸塩、テルネリン、チザニジン、アイオピジン、エピペン、ボスミン、アドレナリン、ノルアドリナリン、ヱフェドリン、dl−メチルエフェドリン塩酸塩、メチエフ、メチルエフェドリン
併用することにより、ジギタリスの作用を増強することがあります。また、ジギタリス中毒の症状が引き起こされることがあります。
プロトンポンプ阻害薬 オメプラゾン、オメプラール、オメプラゾール、タケプロン、ランソプラゾール、パリエット、ラベプラゾールNa、ラベプラゾールNa塩、ラベプラゾールナトリウム、エソメプラゾール、ネキシウム、タケキャブ
胃酸分泌抑制作用によってジギタリスの加水分解が抑制され、血中濃度が上昇し、ジギタリスの作用を増強することがあります。また、ジギタリス中毒の症状がみられることもあります。
副腎皮質ホルモン薬 メドロール、ソル・メドロール、デポ・メドロール、コートリル、ハイドロコートン、ヒドロコルチゾンリン酸エステルNa、ソル・コーテフ、ヒドロコルチゾンコハク酸エステルNa、ロコイド、パンデル、プレドニゾロン、プレドニン、プレドネマ、プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル、リドメックス、スピラゾン、キンダベート、クロベタゾン酪酸エステル、フルメトロン、フルオロメトロン、レダコート、マキュエイド、アフタッチ、トリアムシノロンアセトニド、ケナコルト−A、オルテクサー、ノギロン、アルメタ、アルクロメタゾンプロピオン酸エステル、サンテゾーン、デキサメタゾン、アフタゾロン、デカドロン、レナデックス、デキサメサゾン、オイラゾン、オルガドロン、テイカゾン、デキサート、D・E・X、ビジュアリン、リメタゾン、メサデルム、デキサメタゾンプロピオン酸エステル、ボアラ、エリザス、リンデロン、ベタメタゾン、サンベタゾン、ベタメタゾンリン酸エステルNa、リノロサール、ステロネマ、ベトネベート、ベタメタゾン吉草酸エステル、デルモゾール、ベタメタゾンジプロピオン酸エステル、アンテベート、サレックス、ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル、フルコート、フルオシノロンアセトニド、テクスメテン、ネリゾナ、ドレニゾン、トプシム、フルオシノニド、パルミコート、ブデソニド、コレチメント、ゼンタコート、レクタブル、ジフロラゾン酢酸エステル、ダイアコート、ビスダーム、アズマネックス、フルメタ、モメタゾンフランカルボン酸エステル、ナゾネックス、モメタゾン、ベクロメタゾンプロピオン酸エステル、ベクロメタゾン、キュバール、サルコート、フルナーゼ、フルチカゾン、フルチカゾンプロピオン酸エステル、フルタイド、アラミスト、フルチカゾンフランカルボン酸エステル、アニュイティ、マイザー、ジフルプレドナート、クロベタゾールプロピオン酸エステル、グリジール、コムクロ、デルモベート、コートン、オルベスコ、エクラー、フロリネフ
併用することにより、ジギタリスの作用を増強することがあります。また、ジギタリス中毒の症状が引き起こされることがあります。
ビタミンD製剤 アルファロール、ワンアルファ、アルファカルシドール、ロカルトロール、カルシトリオール、ドボネックス、ボンアルファ、タカルシトール、オキサロール、マキサカルシトール、フルスタン、ホーネル、エディロール、エルデカルシトール
ジギタリスの作用を増強することがあります。また、ジギタリス中毒の症状があらわれることがあります。
カルシウム(注射薬)(カルシウム値の補正に用いる場合を除く) リン酸水素カルシウム、第二リン灰、カルチコール、グルコン酸カルシウム、カルタン、沈降炭酸カルシウム、炭カル、乳酸カルシウム、乳酸カルシウム水和物、塩化Ca、塩化カルシウム、大塚塩カル、コロネル、ポリカルボフィルCa、ポリフル、アスパラ、L−アスパラギン酸Ca
静注により、急激に血中カルシウム濃度が上昇するとジゴキシンの毒性が急激に出現することがあります。
カルシウム(経口薬)、カルシウム含有製剤 リン酸水素カルシウム、第二リン灰、カルチコール、グルコン酸カルシウム、カルタン、沈降炭酸カルシウム、炭カル、乳酸カルシウム、乳酸カルシウム水和物、塩化Ca、塩化カルシウム、大塚塩カル、コロネル、ポリカルボフィルCa、ポリフル、アスパラ、L−アスパラギン酸Ca
ジギタリスの作用を増強することがあります。また、ジギタリス中毒の症状があらわれることがあります。
習慣性中毒用薬 ノックビン
ジギタリスの作用を増強することがあります。また、ジギタリス中毒の症状があらわれることがあります。
シクロスポリン パピロック、サンディミュン、ネオーラル、シクロスポリン
ジギタリスの作用を増強することがあります。また、ジギタリス中毒の症状があらわれることがあります。
抗生物質製剤 エリスロマイシン、エリスロシン、クラリシッド、クラリス、クラリスロマイシン、アクロマイシン、アジマイシン、ジスロマック、アジスロマイシン、アムビゾーム、ハリゾン、ファンギゾン、ツベラクチン
併用することにより、ジギタリスの作用を増強することがあります。また、ジギタリス中毒の症状があらわれることがあります。
HIVプロテアーゼ阻害薬 ノービア、レクシヴァ、レイアタッツ、プリジスタ、カレトラ
ジギタリスの作用を増強することがあります。また、ジギタリス中毒の症状があらわれることがあります。
エトラビリン インテレンス
併用することにより、ジギタリスの作用を増強することがあります。また、ジギタリス中毒の症状があらわれることがあります。
C型肝炎治療薬 ハーボニー
併用することにより、ジギタリスの作用を増強することがあります。また、ジギタリス中毒の症状があらわれることがあります。
化学療法薬 イトリゾール、イトラコナゾール、ダイフェン、バクタ、バクトラミン
併用することにより、ジギタリスの作用を増強することがあります。また、ジギタリス中毒の症状があらわれることがあります。
抗甲状腺薬 チウラジール、プロパジール、メルカゾール
ジギタリスの作用を増強することがあります。また、ジギタリス中毒の症状があらわれることがあります。
ベムラフェニブ ゼルボラフ
ジギタリスの作用を増強することがあります。また、ジギタリス中毒の症状があらわれることがあります。
カルバマゼピン テグレトール、カルバマゼピン
併用することにより、ジギタリスの作用を減弱することがあります。
コレスチラミン、コレスチミド クエストラン、コレバイン
併用することにより、ジギタリスの作用を減弱することがあります。
消化性潰瘍薬 乾燥水酸化アルミニウムゲル、アドソルビン、アシドレス、ディクアノン、マックメット、マルファ、マーレッジ、マーロックス、リタロクス、炭酸マグネシウム、重質炭酸マグネシウム、酸化マグネシウム、重カマ、重質酸化マグネシウム、マグミット、ミルマグ、カルタン、沈降炭酸カルシウム、炭カル、炭酸水素ナトリウム、バイフィル、メイロン、炭酸水素Na、重ソー、カイロック、タガメット、シメチジン、ガスター、ファモチジン、アシノン、ニザチジン、アルタット、ロキサチジン酢酸エステル塩酸塩、プロテカジン、ラフチジン、オメプラゾン、オメプラール、オメプラゾール、タケプロン、ランソプラゾール、パリエット、ラベプラゾールNa、ラベプラゾールNa塩、ラベプラゾールナトリウム、エソメプラゾール、ネキシウム、タケキャブ、アルサルミン、スクラルファート、キャベジン、アプレース、トロキシピド、アルロイド、アルト、ムコスタ、レバミピド、セルベックス、テプレノン、L−グルタミン、AZ、アズレン、アズノール、アズレイ、ガストローム、エカベトNa、ノイエル、ガスロンN、イルソグラジンマレイン酸塩、ウルグート、プロマック、ポラプレジンク、ソファルコン、アルジオキサ、アズロキサ、マーズレン、アズレンスルホン酸ナトリウム・L−グルタミン、マナミン、サイトテック、ピレンゼピン塩酸塩、ダクチル、プロ・バンサイン、セスデン、チメピジウム臭化物、ブスコパン、ブチルスコポラミン臭化物、ストロカイン、アーズミン、コリオパン、チアトン、チキジウム臭化物
消化管内での吸着によりジギタリスの吸収を阻害し、血中濃度が低下し、ジギタリスの作用を減弱することがあります。
制酸薬 乾燥水酸化アルミニウムゲル、アドソルビン、アシドレス、ディクアノン、マックメット、マルファ、マーレッジ、マーロックス、リタロクス、炭酸マグネシウム、重質炭酸マグネシウム、酸化マグネシウム、重カマ、重質酸化マグネシウム、マグミット、ミルマグ、カルタン、沈降炭酸カルシウム、炭カル、炭酸水素ナトリウム、バイフィル、メイロン、炭酸水素Na、重ソー
併用により、ジギタリスの作用を減弱することがあります。
抗生物質製剤 リファジン、リファンピシン
P糖蛋白質、肝薬物代謝酵素の誘導作用により、ジギタリスの血中濃度が低下して作用が減弱することがあります。
サルファ薬 ゲーベン
併用により、ジギタリスの作用を減弱することがあります。
甲状腺製剤 チラーヂン、レボチロキシンNa、チロナミン
併用により、ジギタリスの作用を減弱することがあります。
アカルボース、ミグリトール アカルボース、セイブル、ミグリトール
ジギタリスの作用を減弱することがあります。
ブピバカイン塩酸塩水和物 マーカイン
併用により、ブピバカイン塩酸塩水和物の副作用を増強したとの報告がされています。
ヘパリン ヘパフラッシュ、ヘパリンNa、ヘパリンナトリウム、ヘパフィルド、ヘパリンCa、ヘパリンカルシウム、クレキサン、パルナパリンNa、ローヘパ、フラグミン、ダルテパリンNa
併用により、ヘパリンの作用を減弱するおそれがあります。
制吐作用を有する薬剤 ナウゼリン、ドンぺリドン、ドンペリドン、オンダンセトロン、カイトリル、グラニセトロン、アロキシ、パロノセトロン、ハイスコ、イメンド、アプレピタント、プロイメンド、ホスアプレピタント、ナゼア、イリボー、アロカリス、プリンペラン、メトクロプラミド、塩酸メトクロプラミド
ジギタリス中毒の症状を不顕化するおそれがあrます。
セイヨウオトギリソウ含有食品 ジギタリスの作用を減弱することがあります。

ジゴキシンの副作用

重篤な副作用

ジギタリス中毒、非閉塞性腸間膜虚血

その他の副作用

消化器 食欲不振、悪心・嘔吐、下痢
視覚異常
精神神経系 めまい、頭痛、失見当識、錯乱、譫妄
肝臓 AST、ALT、γ-GTP、Al-Pの上昇
血液 血小板数減少
過敏症 発疹、蕁麻疹、紫斑、浮腫
その他 女性化乳房、筋力低下

ジゴキシンの保管方法

・高温多湿の環境を避け、直射日光が当たらない場所で保管してください。
・誤飲や誤用を防ぐため、小さなお子様の手の届かないところに保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

 

ジゴキシンの口コミ

★ ★ ★ ★ 5件の口コミ

星5
 
40%
星4
 
20%
星3
 
40%
星2
 
0%
星1
 
0%

評価の高い口コミ

  • 匿名さん
  • ★★★★★
  • 29件のいいね

数ヶ月前から購入し始めました。いつも丁寧に梱包してくださるので安心して注文する事ができます。私にはよく効いてくれるお薬なので手放せません。

評価の低い口コミ

  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

  • ★★★★★

脈のリズムが一定にってくれてるからか、最近は体の調子が良い。薬を飲み始めて良かった。気になる副作用は無かったから、自分に合った薬でした。

  • ★★★

15日くらいで届いたかな。思ってたよりも丁寧に梱包してありますね。今日から飲み始めます!

  • ★★★★★

数ヶ月前から購入し始めました。いつも丁寧に梱包してくださるので安心して注文する事ができます。私にはよく効いてくれるお薬なので手放せません。

  • ★★★★

最近症状が軽くなってきた気がする。薬がちゃんと効いてくれて良かった。

  • ★★★

パッケージ読めないけど、このサイトを見ながらなら飲めますね。1日経っても副作用は感じていないので安心しました。海外製でも問題なさそうです。

投稿フォーム

商品口コミの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。

電話注文